2008年04月23日

所沢猫vs千葉鴎(第5回戦)

今日の先発は晋吾さんと猫のぽややんエース・涌井投手。共に自軍の野手協定に阻まれ、勝ち星に恵まれない者通しの投げ合いであります。

初回、先頭バッター赤田選手をフォアボールで歩かせてしまい、2番の石井義選手がいきなりのタイムリーツーベース。悪いときの晋吾さんが出てきてしまったかしら、なんていう風に感じてしまいました。

1−0の頃、会社を出たアタシ。神奈川県内では入りの悪い文化放送を片手に家路を急ぐのであります。相鉄線内はVVVFで完全に電波がアウト。海老名駅当たりでようやく音が入り始めましたよ。

聞こえの悪いラジオからは初回の一点以降、何とか点を与えずに頑張っている晋吾さんの力投とそれに応える野手陣という姿が伝えられ、現状は4回裏。なんかわかんないけど、かもめーずはチャンスをつかんでいると実況アナ氏が伝えています。


相模線海老名駅改札を抜けたところで毒電波。音声が一瞬完全にとぎれます。雑音なのか完成なのかが判別付かないまま、ホーム上に立つ私。


「………すくの球は誰もいないところに落ちてしまいましたーっ!」


逆転となる2点タイムリー。晋吾さんの力投に女房役のタスクが応えた形でしょうか。あとはもう点を取られないゲームで行くべしであります。

晋吾さんは5回に連打を浴びてピンチを迎えるも、後続を断ち切り、7回を投げて1失点。8回はテレビで見られる川ア劇場が早々に幕を下ろす連続三振+ピッチャーゴロでセットアップ。最終回は桜美林高校の星、荻野くんがマウンドに上がります。

ロースコアな試合でのクロージング。まーちゃんに鍛えられしかもめーずと言う名の紳士淑女達はきっちり3人で行くはずがないと思っているのではないでしょうか? アタシは逆にきっちり三人だとなんかもの足りな(ry

では久々に9回表を振り返ってみましょう。

5 ケンシロウ 右安
6 おかわりくん 二飛
7 大島 三振
8 (代打)江藤さん 四球
9 モーニングステップス栗山 二ゴ

きっちり五人で試合終了でありました。これで荻野くんは5S目、晋吾さんは二勝目。猫の涌井くんは防御率が1.81なのにもかかわらず、黒星リーグトップの三敗目とかそんな状況。ロッテ菌の繁殖力はハンパないですからね( ´∀`)


・千葉マリンスタジアム
★埼玉猫 1-2 ☆千葉鴎


明日は直さんと西口投手の投げ合い。このカードで未だ登板のない沼様を明日は見たいけど、最近の沼様は勝ちパターンの投手になっちゃったからねぇ。ああ、ヤマアラシのジレンマ( ´∀`)
posted by おさない at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月22日

所沢猫vs千葉鴎(第4回戦)

帰宅すると付いている地上波……。

オサナイ家はアタシ以外ガチの兎ファンなので、普通に宇都宮市にある清原球場が映し出されていました。イニング間で他球場の経過や結果を伝えていたのですが、千葉マリンスタジアムの情報で思わず飲んでいたお茶を噴きかけてしまいまして。


あっとびっくり、大塚明選手の今シーズン1号ホームラン。


後にヒロインを受けていた明兄さん曰く「事故」なホームランが飛び出し、かもめーずが勝ち越していたとのこと。ニヤニヤしながら自室のテレビを付けたらボビ夫さんがルールブック小脇に抗議してました。なにかが起こりそうな予感で一杯です。

何かが起こったのは7回裏。

明兄さん大当たりのヒット、西岡くんが送って部長が単打で1死1,3塁。打席に入ったのは帰ってきたふくーらさん。先週は腰がまだパンとしてなさそうだったのですが……。

打球はセカンドの片岡選手の所へ。部長が交錯しかけて緊急停止。焦った片岡選手がぽろりで1点。コレで何かが壊れます。サトをフォアで出塁した後、大松くんタイムリー、オー様の三塁線への当たりはおかわりくんがおさわりして三失、今江くんタイムリーツーベース……。この回、一挙に四点であります。

結局、8回にも一点追加して8−1。投げる方ではシュンスケ、川崎くん、ジェロアブレイユと繋いで最後は背番号30を受け継ぐ者、伊藤くん。Super Expressになれるのかどうなのかをみまもっていたのですが……。

伊藤くんの投げた球が片岡選手の手に直撃。片岡選手は一塁に刃向かえず代走。猫ベンチからは怒声が聞こえていました。

伊藤くん、期待は本当にしてるんだけど、死球は良くないっすね。ボビ夫さんも試合後に大説教だったみたいですけど、なんとか制球を付けてもらいたいものですな。


・千葉マリンスタジアム
★所沢猫 1-8 ☆千葉鴎


明日は涌井投手と晋吾さんの投げ合い。涌井投手だからと言って、凹むことはないんです。だって、昨年の猫屋敷でレオとライナを罰ゲームに追い込んだ試合の先発は何を隠そう涌井投手だったのですよ( ´∀`)



っと、唐川くんが一軍に合流したそうですね。4月29日か5月5日に見られたら嬉しいんだけどなぁと個人的希望w
posted by おさない at 23:20| Comment(1) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月20日

千葉鴎vs関西牛(第5回戦)

相も変わらず野球好きが集うエフエムさがみ・サンデーリクエストラインの中継先。Kスタ宮城における沼様降臨以降の豪華リレー(沼様が満塁にした後、星野・小野寺が力を併せて鎮火)を聞いて「豪華」じゃなく「業火」とか「豪火」だよね、なんて話で盛り上がっていました。

アドエスをすっかり忘れていたので、途中経過が終えないアタシ。他の野球好きに状況を聴きながら、一喜一憂していました。先制したのはかもめーずで、途中 回に一挙に5点を取ったとか、そんな話までは聞いていました。

自宅に帰ってきた後、広島鯉と水道橋兎の試合を見ていたオサナイ家。サクサク進む試合展開だったせいか、試合途中に今日のホームラン的なにかを放送するテレビ新広島(=CX)。猫のブラゼルは凄いなぁなんて言う思いで見ていたのですが、映像が東京ドーム的何かに。また狼主さんにやられちゃったかなぁ……なんて思っていたら全然違いました。

大松くんが5号ソロムラン、タスクが3号2ラン、今江くんが1号ソロムランとか、一体どこの重量打線(読めない)かと思いつつ、今年20周年を迎えた東京からくり屋敷の怖さを改めて知った次第であります。

あ、あと、西岡くんが久々のスタメンだったことがいい傾向でしょうか。オリックスだと辻ちゃんがスタメンだったのも鴎ー図的には押さえておきたいポイントでしょうかね。


・東京ドーム
☆千葉鴎 6-0 ★関西牛


成瀬くんがようやく元気になってきたという塩梅でしょうかね。しかしまぁ、東京ドームは怖いというか、20年前は広いと感じられた球場も、今やせまい球場扱いですもんね。世の中の移ろいはなんともはやって感じでしょうか。
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月19日

千葉鴎vs関西牛(第4回戦)

今日は東京ドームでオリックス側の主催試合。昨年もドームでの主催があった訳なのですが、今年は集客能力が非常に高い、総武緩行線で一本のかもめーずとの一戦であります。先発はコバヒロと千尋たんのエースと呼ばれるピッチャーが別にいるけど、エースな二人の投げ合いであります。

#鴎…地味様、檻…川越さん

エース各同士の投げ合いと言うことで、ロースコアのゲームになると思ったのですが、どうやらドームランを考慮するのをかもめーずが忘れてしまったわけでありまして……。

噂のビックボーイズ打線が大爆発。狼主さんが2本ドカンと行ってまわれました。というか、5回にコバヒロの心が折れてしまったようでして、はい。

久々のいいところ探しで言えば、やっぱりベニーちゃんの可愛さが際だっていたところでしょうかね。常温なドームで元気いっぱいでありました。

気になるのはコバヒロの調子とアブレイユの燃え方、でしょうかね。何とかなりゃあいいんだけどなぁ( ´∀`)


・東京ドーム
★千葉鴎 3-9 ☆関西牛


明日は成瀬くんと近藤くんの投げ合い。やることがなけりゃあネプリプに会いに行くんだけどなぁ……( ´∀`)
posted by おさない at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月15日

浦和鴎vs湘南海(第2回戦)

ズレ☆フト

と言うわけで、まだ寒い春のナイトゲーム、横須賀スタジアムで行われた浦和かもめーずと湘南シーレックスの試合を見てきましたよ。火曜水曜とダブルヘッダー、しかも先週の写真のアップが終わっていない状況下での野球観戦。まー、そこに試合があるから、行けるスタジアムがあるから足を運ぶって感じでしょうかね。

疲労その他があるので、さっくりと箇条書きで行きましょうか。

・ズレータとふくーらさんに挟まれる定坊
・ボール回しでボールをそらす定坊
・ファール処理のボールを熱心に見つめる定坊
・結論、定坊は癒し
・ズレフト伝説を目撃
・ふくーらさん、ズレータの存在感
・サトケン(横浜高校出身)と新里くん(捕手登録で内野守備)の活躍
・服部くんが本当にごっつ(檻・後藤選手)に似ている件
・背番号30を受け継ぐモノが見事にきっちり4人でセーブゲット
・ロッテのお菓子デーでお菓子を頂く

・黒羽根くん、怒りのバット破壊
・シーレのポスター、真ん中に田代ラーメン
・Dianaの2008衣装、青の部分が鮮やかになった印象

・レックさんにポーズを付けて貰った撮影をした際、「あれ? あっちじゃないの?」的な挙動をされる。今年初めての横須賀だったはずなんだけど……(苦笑)。

*******


・横須賀スタジアム
☆浦和鴎 2-0 ★湘南海


これで生観戦時の浦和鴎vs湘南海、かもめーずの2勝目だったり(教育リーグを入れるとプラス1)。去年はこてんぱんだし、一昨年は伝説のノーノーリレー@マグロ解体ショーでクルーンドン引きでしたねぇw


※上の結果
・千葉マリンスタジアム
☆仙台鷲 6-7 ★千葉鴎
○ シンゴさん
● 長い試合
H シコたん、ジェロ
S 荻坊
HR 大松くん3ラン

シンゴさん、今季初勝利で借金返済おめでとー! 上の試合、水曜日は直さんとドミンゴの投げ合い。何が起こるかびっくり箱って塩梅でしょうけど、直さんが頑張ってくれることに期待。って、浦和鴎の先発は誰なんだろうね( ´∀`)
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月13日

北海道熊vs千葉鴎(第6回戦)

アタシが仕切っている中継先は野球好きなリスナーさんが溢れています。アタシが(一応のw)かもめーず、他には猫さんず好きや今日のかもめーずな対戦相手である熊さんず、パワプロとLF好きが高じて、様々な球団ネタが好きな子などが巣くうというカオスな状況なのです。

中継の合間に本日のスタメンを確認するアタシ。同時にニヤニヤが止まらなくなってしまいました。高木さんがsage、細谷くんがageという情報までは掴んでいたのですが……。


1 ショート 根元
2 センター 早川
3 レフト 大松
4 指名打者 里崎
5 キャッチャー 橋本
6 ライト 角中
7 サード 今江
8 ファースト 細谷
9 セカンド 田中雅
ピッチャー 渡辺俊


日替わり打線に慣れていたかもめーずファンもドキドキと(二軍監督時代の)エカエカを感じずにはいられませんでした。純国産打線と言う点が一つ、角中・細谷・田中雅・根元と2007年や2006年の浦和で研鑽をしていた面々がスタメンであると言うことが一つ。中継先にいて、詳細を終えないのが本当に悔しくて仕方ありませんでしたよ。ただ、グリンとシュンスケの投げ合いと言うこともあり、崩れればトコトンまで崩れるだろうし、崩れなければトコトンまでロースコアになるだろうなぁと思っていました。

先制したのは熊さんず、一番ひちょりが塁に出て、二番賢介が送りバント、三番稲葉がタイムリー〜♪ と何かの節を付けたくなってしまうらしい攻撃でシュンスケの立ち上がりを攻めます。

以降は両投手とも見事な内容の投手戦。打線にハッスルが足りない現状w、下手をするとスミイチ敗戦もあるかもしれない、いわゆる野手協定発動試合なのかもしれないなぁ、なんていう風に思っていました。

しかし、試合は六回裏に動きます。先頭のタスクがヒットで出塁すると、角中くんが送りバントを決めて一死一塁。今江くん外野フライで二死。バッターボックスには一軍昇格即スタメンの細谷くんが立っています。浦和で定坊と共にサードの特守を敢行していたり、後輩達が浦和に観戦に来たときに気合いを入れまくっていた、そんな細谷くん……。


プロ入り初安打・同点タイムリーヒットで初打点キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


2006年頃から下の試合を見る機会が増えて、上の試合では球場エンターテイメントを中心に、野球観戦の本質は(鎌ヶ谷と横須賀以外ではw)二軍戦で楽しんでいたアタシはもうその情報を貰ったときに嬉しくて仕方ありませんでしたよ。浦和派な諸兄にいたってはもうね、何とも言えない感情になっていたんじゃないかなと思うわけで。こうなりゃ勝ちたいと思うのが人情ではありますが……。

グリン、シュンスケ一歩も譲らず、延長戦に突入。この辺りで中継が終わり、放送を聴きに来てくれた熊さんずファンにファイターズのファンブックを見せて貰っていました。


そして入った「かもめーずサヨナラ勝ち」の報。


LFの速報を見ていたお客さんに状況を確認させて貰うと、今江くんのヒットの後、細谷くんと田中まちゃ彦くんが犠打。バントバントで来たかと思えば、バントの処理を連続で守備がいいはずの熊さんずが野選。そして迎えた根元くんがサヨナラヒットで勝利でありました。


若い面々が見事に活躍してくれての連続さよならゲーム。赤いセカンドユニの効力か、はたまた野球観戦に行くと応援しているチームが勝てない病の誰かさんが初戦の頭に見に行ったせいか……(苦笑)。


ま、どうであれ、勝てればいいんですっ!


・千葉マリンスタジアム
★北海道熊 1-2x ☆千葉鴎


月曜休みを挟んではノリにのっている、ノムさん率いる楽天との試合。内弁慶っぷりが際だっているのですが、その弁慶を千葉に連れて行くと息巻いているとかいないとか……。さて、どうなりますやら。
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月12日

北海道熊vs千葉鴎(第4/5戦)

コバヒロ
と言うわけで、今季初マリンから一夜明けた今日。

昨日は神奈川から下道で鎌ヶ谷に向かい、そのまま試合観戦。15時前にマリンに向けて移動を開始して、渋滞もなく1時間弱でマリン到着。そのまま対球団マスコットがらみのネタでハッスルして生観戦。新しいスタジアム演出やステージ、日々進化しているマリンにニヤニヤしながら、試合終了後もいろいろと遊んでいたらマリンの駐車場を出たのが23時前w そのまま知り合いと話して、気がつけば千葉なのに1時30分過ぎ。首都高と東名をかっ飛ばして家に帰って来たのがだいたい3時頃……。

肉体的には疲れたけど、生のスタジアムは本当に元気が出ます。あとは本当にいろんな人たちに光画部の活動をご覧いただいていて、恐縮しきりでありました。その辺のネタと鎌ヶ谷のネタ(中田翔選手や歌さんとかw)については、光画部での更新をお待ちください。


……試合?


手に汗握るお笑い試合とリボンビジョンのきれいさにワクワクでした。あと、サマナラのカレーを初めて食べたんですけど、かなりいけますよね( ´∀`)

5年ぶりにシコたんの生腕グルグルとラインまたぎダッシュを見ることが出来て本当に幸せでしたw


・千葉マリンスタジアム
☆北海道熊 3-2 ★千葉鴎


っと、北海道からBBが来てくれたのもチェックなポイントですな。関東でビジユニを着たBBを見るのは本当に貴重ですもの、ね。


と言うわけで、追記以降に12日の試合の話を書いていきましょうか。

続きを読む
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月10日

千葉鴎vs埼玉猫(第3回戦)

今日、仕事から帰ってきたらおかずが非常に寂しく、仕方がないのでアンチョビソースが残っていたのを幸いにパスタをゆでてもさもさ食べてました。

セントラルリーグの試合がすべて打てん中止だったことを受けて、ニッポン放送でも中継。オサナイ家は文化放送の入りが悪く、もっけの幸い。実況アナ氏がマウンドにtnnk投手が上がっていることを伝えています。マリンで行われたイースタンリーグの公式戦でまちゃ彦に死球を食らわしていたなぁとか、そんなオモヒデ。

8回裏をシコたんが締め、迎えた9回表。今日の大一番はこの9回表にありました。


里崎 ソロホームラン
大松 ソロホームラン
オーティズ ソロホームラン


三者連続ホームランキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

なんと言いましょうか、レフトから「西武には負けられない」が流れる中、見事な単発花火でテンション上がりまくりですよ。


って、あれ? なんで9回裏の攻撃がないの?



・西武ドーム
★千葉鴎 5-5 ☆埼玉猫1



とりあえず、くぼくんは仕切り直しでしょうね。先発で行くのであれば、いきなり試合を壊すのはいかがなものでしょうし、ねぇ。くぼくんが後ろに回ったりなんだりすれば……って、前が足りなくなるのか|||orz


と言うわけで、明日は有休を取って今季初マリンであります。先発はマーくんとBB(ホントに来場しますw)……もとい、コバヒロとスウィーニー。9回表の三連発が浮上ののろしになればいいんだけどね。

あ、あと、昼は鎌ヶ谷へ向かって小熊にご挨拶してこようと思ってます。なんとか雨が降らないことだけを祈っているのですが……。


※明日の(個人的w)取材準備のため、順位振り返り派お休みします。ご了承ください( ´∀`)
posted by おさない at 21:56| Comment(1) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月09日

千葉鴎vs埼玉猫(第2回戦)

昨日はGG佐藤選手がキモティよくなってしまう、かもめーずとしては非常にいたいサヨナラ劇。流れを変える何かが欲しいと願う今日の試合、先発は昨年、新人ながら二桁勝利を記録した岸投手と今期は「らしい」ピッチングが続く直さんでありました。

初回、いきなり1〜3番の連打で満塁。残塁はピンチだと言わんばかりにオーティズが三振でバッターは大松くん。


反則技の一つ、グランドスラムで一気に4点。


コレに気をよくしたのか、今日の直さんはひと味もふた味も違いました。フォアボールや四球でランナーを出した直後にゲッツーという残塁減らし。なんと言いましょうか、海の向こうのあの人が起こしたバタフライ効果が(ry 結局、5回まで被安打1・与四死球2なのに各回3者凡退というステキっぷり。

打線もここ最近であれば、初回の4点以降、後半戦まで点が取れないとかざらなのに4回にフォアボールで出たベニーちゃんが足で魅せ、2004年のチーム内盗塁王の貫禄を見せつけつつ根元くんのタイムリーで1点。5回には西岡君のスリーベースを発端にオーティズのタイムリー、ベニーちゃんが満塁からの反則技の一つであるタイムリーヒットで一挙に3点で8−0。直さんに大量援護であります。

結局、最終回に2点を追加して久しぶりの「ロッテ1」降臨。投げては直さんが見事に9回を1失点(エラーがらみなので自責ゼロ)。最終回も先頭打者をヒットで出すものの、ナカジー・ブラゼル・ケンシロウを三者連続三振でしとめる今季初勝利。欲を言えば完封が見たかったですけど、大量援護に守れたときの直さんはなにかしら点を取られてしまうのがお約束みたいなもんですから、ね。


恥も外聞もなく点を取りに行って、エースナンバーを背負った男が勝つ……。


何はともあれ、勝ててよかったです。


でも、直さん、援護貯金をすっかり使い果たしてしまったような気がしないでもないでもないのは気のせいでしょうかね( ´∀`)


・西武ドーム
☆千葉鴎1 0-1 ★埼玉猫


明日は涌井とくぼくん。大量得点後の試合に相手エース……。いろいろな意味で頑張って観戦しようと思います。

続きを読む
posted by おさない at 22:42| Comment(4) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月08日

千葉鴎vs埼玉猫(第1回戦)

大荒れに荒れた関東。気温も上がらず、上山口は相当な寒さだろうねと心配していた今日の試合……。

かもめーずの先発は御殿場線のヒーロー、晋吾さん。序盤はどうなるかと思うような内容でしたが、5,6回は三者凡退に打ち取るなど堪え忍びながらも今期1勝目を目指して投げていました。7回途中まで投げ、後続の川崎くん失点ですから、いつもの晋吾さんって感じでしょうかね。

打線は猫先発・西口投手の立ち上がりを攻め、4連打で2点先制。5回に早川部長の犠牲フライの間に1点で計三点。再三再度猫さんにチャンスをもらうも決定的な何かが欠けてしまっている、そんな気分がありおりはべり。


両先発がマウンドから降りた後、埼玉西武のマウンドには一人の男が登場。そう、あの大沼幸二投手……。通称沼様・沼者。様々なたとえをされるもののw、一部のマニアから熱視線を浴びてしまう、そんな投手であります。


沼様がかもめーず打線を押さえ込んだ際、時空にゆがみが発生してしまったんでしょうか。または海の向こうの劇場王が同僚のものすごい炎上に反応してしまい、バタフライ効果で上山口にまで影響を及ぼしてしまったのでしょうか……。

かもめーずは晋吾さんの後、川崎くんと荻野くんで勝ちパターンに。猫さんずは西口投手の後は沼様、星者、力者とつなげていきます。

9回裏二死。ランナーを一人おいても動じないかもめーずファンはあの男に訓練されすぎでした。バッターはGG佐藤。


四球目をライトスタンドに持って行かれてしまう荻野くん。

春の季語であるGG佐藤選手の恐怖、相性が悪いかもしれない猫屋敷。


サヨナラで熱くなった次の試合はサヨナラでさようならでした。


・西武ドーム
★千葉鴎 3-4x ☆埼玉猫


m9(´エカ`)負けた日こそ飲みに行く!

続きを読む
posted by おさない at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月06日

福岡鷹vs千葉鴎(第6回戦)

相模原市で行われたさくらまつりでドアラの格好をしたレポーターが疾走していた頃、千葉マリンではものすごいことが起きていました……。

この日の先発はシュンスケと、和田サン。西武の和田サンが中日に移籍した今、今日からはサン付けで呼ばせてもらうよ的な何かであります。

中継中や放送終了後も一切情報を仕入れずに録画を見た今日の試合。何というか、6回までは「ハイハイ敗」をかもめーずバージョンに歌い替えてしまうような展開でして。唯一の光明……というか「お笑い的なにか」と言うか、「エラーでいいんじゃないっすか?」的なベニーちゃんのツーベースぐらいしか楽しむポイントがなかったんですよ。シュンスケもシュンスケで6回を投げて3者凡退だったのは2回と6回だけで、4回に2点を奪われ、5回には満塁のピンチをこさえてしまうという状況。苦しいながらもこらえているモノの、打線が和田サンを打てていない、というか、打てない状況に疲労度がドバッと倍々ゲーム化……。

悪いことに7回表にはホンマかいなと目を疑った本間のソロムラン、松田のショートゴロのあいだにもう一点で計4点。一方のかもめーずはここまで1安打と上がり目がほぼ無いように見えてしまったのも事実であります。



しかし、そんな嫌な流れを変えたのは対和田サン兵器と可愛い激走でありました。



7回裏にサトがレフトフライに倒れた後、怒濤の攻撃の始まり。

5 オーティズ 右2
6 対和田サン兵器 中2(フェンスに上から直撃)
7 ベニーちゃん 左安
8 タスク 犠牲フライ
9 今江 左2(ベニーちゃんの激走)

なおもたたみかけるかと言うところで、明兄さんに変わった早川部長が倒れて3点止まり。ただ、この回に絶好調だった和田サンを引きずり降ろし、ホークスブルペンを慌てさせることに大成功しています。

マウンドには7回途中から川崎くんがのぼって7,8回と押さえ込み、9回表は飄々とした町田の星w、荻野くんがヒットと盗塁でランナー2塁に背負うものの、サクサクと連続三振できっちり4人。雅にあのお方の薫陶が効いているとしか思えない安定っぷり。と言うか、まーちゃん慣れしすぎて、先頭バッターを塁に出しても平常心でいられるんだなぁと思った今日この頃w



そして迎えた9回裏。



何かが起こりそうな予感があったり。和田サン以降のホークス中継ぎ陣の慌てようが何かを起こしそうな空気漂う千葉マリンスタジアム……。

9回表、代打大松くんが告げられたところで王さんが動き、ピッチャー・二コースキーに。シコースキー勝ち/二コースキー負けの試合のキオクも新しいのですよ。

今シーズン、大松くんは対左の方がいい塩梅らしく、きっちりとツーベース。ベニーちゃんが見事な進塁打でランナー3塁に。ここからニコースキーがカラスコ・コバマサ・ドミンゴモードに突入していきます。

サブロー・今江には真ん中が入らず連続フォアボールで1アウトフルベース。かもめーずの満塁はただのピンチなのですが、ワクワクやエカエカが溜まっていきます。そして迎えたのは金曜日の試合で殊勲打を放った元気印(死語w)な田中まちゃ彦。7回、タスクに代打サブローが告げられた関係上、マスクをかぶっていたのです。


スタジアムに鳴り響く、久しぶりの大チャンステーマ。


あの大チャンステーマは魂を滾らせる何かがあるよなぁと思った矢先、田中雅彦選手が見事に同点に追いつくタイムリーヒットを放っています! なんかもう泣きそうになってしまったのはナイショです。続く早坂くんにも大チャンステーマが鳴り響いていたのですが、残念ながら3ゴでツーアウト。野球好きモード突入か、それともサヨナラか……!?


打席には色々あるらしいw、西岡剛。


こうなってしまうと、流れはもうかもめーず。西岡君の打球はレフト前に落ちて日曜日の大観衆を喜ばせる「さよならゲーム」でありましたっ!


・千葉マリンスタジアム
★福岡鷹 4-5x ☆千葉鴎


と言うわけで、本当にタワレコ行って、大チャンステーマの元曲(What happened to you?(アルバム「Smash」)/Offspring)買ってきますた(`・ω・´)

そんなこんなで、ノーミュージック・ノーベースボールな野球とオンガクのネタは今シーズンオフにTB企画を立ててやってみたいんすよねぇ。
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月05日

福岡鷹vs千葉鴎(第5回戦)

プロの厳しさ……。


通常はルーキー選手がプロの洗礼を浴びるという形で打ち込まれたり、全くお話にならなかったりするわけですよ。


ただ、かもめーずですとこれが全く逆になりまして。新人投手にはきっちり押さえられる、初打席にはヒットやホームランを打たれると言う、プロの厳しさを教えられてしまうそんな塩梅。


ソフトバンク先発、大場投手、16奪三振で完封勝利。


かもめーず、外野に球が飛んだのはファール以外では6回。勝ちに不思議の勝ちはありますけど、負けには不思議の負けはないんですよ。

まぁ、完敗は完敗だし、サックリと明日に向けて頑張っていきましょ。明日の先発はシュンスケと和田投手。お竹さんの季節到来ですよ………って、結果如何ではドキドキしちゃう( ´∀`)


・千葉マリンスタジアム
☆福岡鷹 3-0 ★千葉鴎


シーレックスからサーパスに移籍してしまった古木がついにバファローズに登場したり、沼様が今季初セーブを記録したりと大騒ぎだった今日。兎さんは再び黒い★とお友達になってしまったようですね( ´∀`)


※明日は相模原市役所通りで行われている第35回市民桜まつりでなぜか某先生ルックをしつつレポーターの中の人として暴れる予定なのでw、今日はこの辺でドロンさせていただきますわ( ´∀`)ノ
posted by おさない at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月04日

福岡鷹vs千葉鴎(第4回戦)

長い長いトンネルなのであります。しかし今日はそのトンネルの出口が
見えているような気がするんですよ。きっと、必ず、絶対。勝利を信じてます。

〜開幕10連敗目を喫した日の公式たん語録より

*********

今日のかもめーずはのっけからagesageに衝撃が。

age 大塚明・ベニーちゃん
sage ふくーら・ズレータ

大なたを振るったなぁと印象とともに、明兄さんの1秒でも長い上での生活を祈らずにはいられませんでした。

先発はブルガリアの人こと杉内とコバヒロ。いきなりムネリンが堀さんのポロリンで出塁するとぼぶひこさんのコバヒロ直撃のタイムリーで先制。一方のかもめーずは二回裏に満塁のピンチで今江くんがタイムリーヒットを放って同点に追いつきます。

試合が動いたのは6回表。コバヒロが崩壊。2アウトとってからヒットとフォアボール二つで満塁。かもめーず的には満塁からの得点は(ry なのですが、普通のチームは普通にチャンス。井出がタイムリー2ベースで一気に二点。ここでコバヒロは降板。マウンドにはスクランブルのダンディ、永遠の若手である高木さんがあっさりと延焼を防ぎます。


……ここで帰宅。


七回裏にチャンスを作りかけるも今一歩何かが足りなかったかもめーず。今日負けてしまうと春の泥沼。ウチは連敗のやり方は知っているし、怖さは味わっているわけで、なんとなくドキドキとエカエカに包まれてしまいます。

しかし、イニングの予感がなんとなく、何となくなんだけどあったのも事実。オーティズとサトの連続ヒットで何かが起こる予感は確信に。ベニーちゃんがキャッチャーフライに倒れた後、何かが起こりました。

大松くんのタイムリーで一点差!

タスクのツーベースで同点!!


どうせなら、勝ったシーンを見たい訳じゃないですか。野球好きモードもいいんだけど、すかっと週末を迎えたいわけですよ!!!

早川部長、三振で万事休す。打席には捕手と内野のユーティリティープレイヤー、元気印な田中まちゃ彦選手。松坂擁する横浜高校と上重擁するPL高校の死闘をかいくぐった、いわゆる実松……古木……あの辺の年代な訳ですよ。昨年、一軍昇格直後にヒーローになった姿をふと思い出す私。

まちゃ彦の打った打球はファースト・セカンド・ライトのちょうど真ん中にぽとり。


勝ち越しキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


最後は町田の誇る荻野くんが締めて日替わりクローザートップの三セーブ目(以降、川崎くんと高木さんが1つづつ)。勝ち星が転がり込んだのは……。

ブライアン・シコースキー!


・千葉マリンスタジアム
★福岡鷹 3-6 ☆千葉鴎
勝:シコースキー
負:ニコースキー
S:荻野


明日は成瀬くんと大場投手の投げ合い。プロの洗礼は鷲さんずが浴びせてるから、大丈夫だよね?( ´∀`)



続きを読む
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月03日

千葉鴎vs仙台鷲(第3回戦)

楽天様のお怒りは今日も静まりませんでした。と言うか、今日のお怒りはかなりのモノとしか言いようがありません。まずはさっくりと今日のスコアをおさらいしておきましょう。


・クリネックススタジアム宮城
★千葉鴎 1-9 ☆ 仙台鷲


くぼくんの突発性炎上症は今年も治らず……。一気に試合が吹き飛んだのは3回裏でありました。さっくりと楽天側の打順と結果を書いていきましょうか。

8 鉄平 一安
9 藤井 投犠
1 ナベチョク 中飛
2 高須殿下 四球
3 草野仁 右安
4 フェル男 左HR(3ラン)
5 ジャーマン先生 左HR(ソロ・通算300号)
6 べっち 中安
7 ショート 死球
8 鉄平 遊ゴ

この回、一挙に5点。相手先発はここ数年の不調が嘘のように開幕から活躍を続ける岩隈投手。三回表までかもめーず打線は完璧に封じ込まれています。


どう見ても\(^o^)/オワタ


結局、久保くんは三回持たずKO。後続のコミさんも5回裏、ジャーマン先生が二打席連続となるスリーランホームランを打たれてしまい、見事に野球を2828楽しむ日に移行であります。以降は高木さん、伊藤くん、アブレイユ、川崎くんとつなげて自責はゼロ(失点は伊藤くんに1。死球からバントを決められての失点)ですが、点差はあまりにもかけ離れていたのでありますって、川崎くんは何で最後に出てきてるんでしょうね。

故障明けの岩隈投手は七回を投げて降板。吉崎投手もかもめーず打線を完全に押さえ、9回表にはドミンゴが登板してきます。

ドミンゴ投手と言えば、開幕での被逆転サヨナラスリーランがキオクにも新しいわけで。7点差があってもひっくり返されることを知っているかもめーずと言う名の紳士としては、ワクテカしてしまう訳ですよ。


先頭バッターの代打・ネモがフォアボールを選んで出塁。南ちゃん三振に倒れ、ふくーらさんがしっかりとランナーを帰す形に。

やったー! 完封を阻止したぞー( ´∀`)


なおも竹原くんが死球で出塁するも、大松くんと今江くんが共に倒れてゲームセット。





一矢報いただけでもよしとしちゃうのは訓練されすぎでしょうか?( ´∀`)

※今日は本気で体調を整えたいので、順位おさらいはお休みします。とりあえず、鯉さんと兎さんは今季初勝利、鷲さんは首位、おめでとうございました。
posted by おさない at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月02日

千葉鴎vs仙台鷲(第2回戦)

地味様、今日も勝てず……。

と言うか、楽天様のお怒りを誰か沈めてください><


地味様は初回に4点を失ってしまい、そこが致命傷になってしまいました。その後は6回途中まで投げるも、シコたんとのコンビで6失点。かもめーず打線は2回に1点返すも、9回表まで沈黙。毎回ランナーは出すものの、あと一本が出ないとか、繋がっていかないとかあまりいい流れではありませんでした。

ただ、お得意の追いつかない程度の反撃を見せるのは「らしさ」を感じさせてくれるには十分だったんじゃないかしらとw

9回表、サブロー倒れた後、タスクが2号ホームラン。フォアボールで歩いた竹原くんを今江くんが進めて、TSUYOSHIが返して1点。完投気配があった永井投手をおろして、福盛・小山(ドミンゴ)を継いで押さえに回った青山投手を引きずり出すことに成功であります。

昨年9月以来の三連敗なかもめーず。
球団史上初の六連勝で勢いに乗る鷲さんず。


さて、明日はどうなりますやら( ´∀`)


・クリネックススタジアム宮城
★千葉鴎 3-6 ☆仙台鷲


明日は復活傾向にある岩隈投手と突発性炎上症な久保投手の投げ合い。四連敗は……避けたいよね。

続きを読む
posted by おさない at 21:50| Comment(5) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年04月01日

千葉鴎vs仙台鷲(第1回戦)

ネタが特にないので、今年もエイプリルフールは中止いたします。ライナと熱愛発覚とかw、構想はいろいろとあったんですけどね。どうにも先週日曜日、花冷えの中、外にいたおかげで微妙に風邪気味でして……。寄る年波には勝てないのですじゃ(苦笑)。


さて、今日の試合はこの時期の仙台仕様。平日デーゲームでありました。先発は晋吾さんとエヨこと一場投手。ともに今シーズン勝ちがない投手同士の投げ合いでありました。

初回はともに無難な立ち上がりだったのですが……。

先制したのはかもめーず。打者一巡後の3回表にTUYOSHIと部長の連打でチャンスを作ると、ふくーらさんの一塁ゴロの間に一点を撮るという塩梅。

一方の楽天野球団は4回裏に草野選手とジャーマン(山崎武司)のヒットでチャンスを作り、べっち(磯部)の犠牲フライで追いついていきます。

今度は楽天の番だと5回裏に鉄平のスリーベースを藤井がサックリ返して逆転、ランナーそのままに1番の高須殿下がツーランで一気に3点のリードに替わります。

そのままでは終われないとすぐさま6回表にふくーらさんとオーティズのヒットでチャンスを作り、サブローのタイムリー、ズレータのタイムリー内野安打、タスクの犠牲フライで同点。これはもつれるかな、なんていう風に思ったりなんだりしてしまいます。

晋吾さんは6回途中、2死までとったところでリックにヒットを浴び、盗塁を決められたところで当たっている鉄平を歩かせて降板。6回自体はスクランブルのダンディ左腕、高木さんが広島から移籍の森伊蔵(木村考壱朗)をサックリと押さえて、味方の反撃を待ちます。

そして迎えた7回裏。ピッチャーは高木さんからコミさんに替わっています。思えば、昨年3年ぶりの勝利をあげたここクリネックススタジアム宮城。……先頭バッター・栄光の架橋2nd、ナベチョクを出しちゃいけないフォアボールで歩かせてしまい、高須殿下に犠打を決められてしまいます。当たっている草野を敬遠して、迎えるはエカマリーンズ最終年の一角を担ったホセ・フェルナンデス……。ここまで当たっていなかったというのもあり敬遠策だったのでしょうが、何となく10.19におけるオグリビーを思い出してしまいます。


……スリーランホームラン。


以降、かもめーずは伊藤くんとアブレイユが投げ、楽天は一場の後、有銘・小倉・小山・青山と繋いで、小山が勝利投手、セーブが青山という結果に。

現状、乗っている楽天に飲まれた、そんな塩梅でしょうか。はたまた、劇場体質化したかもめーずが謎の名プロデューサーの手の上で遊ばれてしまった、そんな塩梅なのでしょうか……。


・クリネックススタジアム宮城
★千葉鴎 4-7 ☆仙台鷲


明日は永井投手と清水投手の投げ合い。ごめん、ここだけは普通に応援させてください。


地味様の今季初勝利を祈ってます!!

続きを読む
posted by おさない at 22:41| Comment(2) | TrackBack(1) | かもめーず 2008

2008年03月30日

関西牛vs千葉鴎(第3回戦)

今日の先発はシュンスケと川越さんでありました。

アタシと同い年のシュンスケと関わりの深い相模原出身の川越さん。贔屓球団の垣根というものが取り払われているアタシとしては、好きな選手が出てくると素直な気持ちで赤勝て白勝てが出来ないという塩梅でして。それでも一応はかもめーずと言う名の紳士ですし、鴎の勝ちを祈っているわけでありますよ。

昨日の成瀬くんと近藤くんの投げ合いと同じく、7回までは息の詰まる投手戦と言う名の譲り合いであります。

先制したのは関西牛。2回にごっつのツーベース、シモヤマンのタイムリーで一点。かもめーずが追いついたのは7回。打撃好調のタスクと根元くんのヒットの後、早川部長が川越さん強襲の内野安打で同点に。試合は振り出し、終盤での勝負再びであります。

しかし、シュンスケが8回に捕まります。阿部選手にタイムリー、ローズがツーランで一気に3点……。起こしてはいけないローズを起こしてしまったようです。

シュンスケ以降は荻野くんとシコたん。シコたん腕ぐるぐるが見られたのは幸いかしらと。川越さんの方は7回まで。以降は本やんと大カトーを投入。昨日の逆転劇再び……はありませんでした。

しかしまぁ、かもめーずは10安打10残塁ですか。なんかちょっとだけ懐かしさを感じてしまいましたよ。ヒットは出てるんだし、あとはどうつなげるか、ですかね。


・千葉マリンスタジアム
☆関西牛 3-1 ★千葉鴎


っと、今日の勝ち星で川越さんが通算50勝だそうで。メモリアルを献上してしまうかもめーずらしさにニヤニヤしつつ……。

川越さん、今日は本当に格好いいっす!

続きを読む
posted by おさない at 23:31| Comment(5) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年03月29日

関西牛vs千葉鴎(第2回戦)

放送の合間にヤフ動画で試合経過を追いかける日々がやって参りました。今日の先発、かもめーずは昨年からパシフィックリーグ負けなしの成瀬くん、牛さんずは相模原出身で日大三校出身の近藤一樹投手であります。前日に調べていたおかげで、放送でしっかりと近藤投手ネタに出来たかなぁあと思われますよ。

かもめーずと言う名の紳士であるアタシ、でも放送は相模原で行われているわけで、地元出身選手には頑張って欲しいわけで……。どうしたらいいんでしょうね、なんて言う話をしていたんですよ。

……本当に「どうしたらいいんでしょうね」な状況に陥っていました。

成瀬、近藤、ともに6回まで0−0の投手戦。成瀬くんは被安打3・3四球、近藤投手は被安打2・2四球と言った塩梅。内容を見ていると壮絶な譲り合いであり、中軸のバッターの調子が上がらないという状況のようです。こうなると怖いのが一発。何が起こるか……。


7回表、塩崎選手にソロムランを浴びてしまう成瀬君。


映像からテキスト実況に切り替えていたアタシはもうなんというか……。打線の状況を見ていると、成瀬くんのポストシーズン外では久々の対パシフィックリーグ敗戦が目の前までやってきているようです。結局、近藤投手は7回投了。8回からはオリックスの勝ちパターンリレーな面々が出てきます。

菊地原さんが先頭バッターの代打ズレータがヒット。南ちゃん倒れて西岡くんがさらにヒットで続きチャンスメイク。早川部長が内野ゴロで二死。当たっているオーティズを敬遠して大松くん対菊地原さん……。かもめーずにはまんるいではてんをいれてはならないというお約束があるらしいのですが、どう出るのでしょうか。大松くんに代えて右の代打を送るボビ夫さん。

代打はサブロー。

ここでコリンズさんもピッチャーを代えてきます。ピッチャーはオリックスのクローザー、加藤大輔投手。テキスト実況を見る目が放送をやっているとき並に真剣になるアタシw


大カトー vs サブロー


結果は、サブローの走者一掃、ライトへフェン直タイムリーツーベース。終盤も終盤、最終盤にスタジアムが動きました。成瀬くんは七回でマウンドを降り、逆転時にマウンドにいたのはアブレイユ。最後は川崎くんと繋いでゲームセットであります。


| щ Θ)<スタジアム全体で劇場、だね
|⊂ノ


・千葉マリンスタジアム
★関西牛 1-3 ☆千葉鴎


明日はシュンスケと川越さんの投げ合い。これまた両者ともに頑張って欲しいのに、ねぇ( ´∀`)

続きを読む
posted by おさない at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年03月28日

関西牛vs千葉鴎(第1回戦)

いよいよ千葉マリンスタジアムに戻ってきてのホーム開幕戦。挑発ポスターもお目見えして、テンションが上がっている海浜幕張であります。


とくに話題がないときのロッテは強い!


兄さん、これのどこが挑発なのかがわからないけど、むしろ心強い気分で一杯ですよw

さて、試合はコバヒロと中山投手の投げ合い。初回は両投手とも粛々とした立ち上がりでありました。中山投手は左腕ながら、スタメンを見ると大松くんとタスクが名前を連ねている不思議。サトは札幌以降留守番が多いのですが、なんかあったんすかね?

と不思議な感覚で左対左なテキスト実況を見守っていたら、大松くんがいきなりのホームラン、絶好調期に入っている今江くんがツーベースで出塁後、タスクがツーランホームランとドッカンドッカン大当たりの空中戦。4回に2点、5回に1点を追加して、安全圏(と思われる点差)まで一気にずどん。コミさんの説教もあり、コバヒロも問題なかろうぜと思いながら毎度おなじみの移動ベッドで就寝であります。



海老名での乗り換え中、試合速報を見ていると、ちくちくと失点している姿が。3回にローズ選手のツーベース、6回に阪神から移籍、弁当の呪いが噂される(OSAMU UMAI)濱中選手がそんなネタを吹き飛ばす塩梅のタイムリーで3点。コバヒロは6回でマウンドを降ります。

家に帰ってきてご飯の支度をしながら見るテレビ。兎ファンの家族は開幕戦を見ているかと思いきや。すでに終戦モード。さっくりとチャンネルを奪取して観戦であります。

7回裏も上げ潮のかもめーず打線は攻撃の手をゆるめることなく推移。ランナーを二人おいて爆発中のタスクが2点タイムリー。これはもう大丈夫でしょう、なんていう風に思いながら川崎くんの登板を見守り、夕飯の片づけをした後でPCの電源投入であります。


マウンドにはルーキー伊藤くん。マリンに慣れさせるという気持ちもあったんでしょうかね。ところが伊藤くんが先日の福岡での登板とは別人な内容でして。先頭バッターローズに出しちゃいけない四球を献上。カブレラを打ち取ったもののラロッカに再び四球。村松選手のヒットで満塁に……。ここで前に30を付けていた偉大なる劇場王であればゲッツーな流れなのですがw、まだまだ伊藤くんはその域には達していないようで、濱中選手に2点タイムリーを打たれてしまいます。

なおもランナーが残っている状況でボビ夫さんが動きます。伊藤くんに替わって登板したのはベテランハァハァな向きにはたまらない高木さんであります。暗中模索中な神社の息子、大引選手にタイムリーを打たれたものの、伊藤くんの残したランナーなので自責ならず。一人一殺を決めて、バトンをここ最近の試合で後ろを担当している、今年も飄々とした荻野くんに渡します。

8回は代打のごっつをサックリとしとめwて9回表の登板。海の向こうのあの人に敬意を表する意味で9回表の内容を振り返ってみましょう。

2 あべま 三振
3 ローズ 中安
4 (株) 中飛
5 ラロッカ 二ゴ

やっぱりいつもの「きっちり四人」でゲームセットであります。本拠地開幕戦を白星で飾るは今江くんやタスク、コーイチさんが大当たりだったのが印象的でしょうか。

……反動が怖いとか思ってしまった自分は訓練されすぎです、きっと( ´∀`)


・千葉マリンスタジアム
★関西牛 6-9 ☆千葉鴎


明日はにゃーこと成瀬くんと近藤投手の投げ合い。近藤投手は日大三校時代に全国制覇をしている投手。って、相模原出身か……。明日の放送でネタにしなきゃ( ´∀`)

続きを読む
posted by おさない at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008

2008年03月26日

千葉鴎vs福岡鷹(第3回戦)

今日も今日とてきりきり働く勤め人。年度末進行だから仕方ないやと割り切り、仕事をこなしていきます。

会社を退勤する直前、TBSラジオ・エキサイトベースボール公式で展開をチェック。初回に西岡・早川のツープラトンでいきなり先制。3回には今江くんがヒットで出た直後に西岡がツーランホームラン、好調続くオーティズにタイムリーが飛び出し3点目。5回にはオーティズがホームランをかっ飛ばし、あっとびっくり5−0の大量援護。久保くんの調子も良さそうだし、こりゃあ、家に着くまでに試合が終わっているかもしれないねぇ、そんな風に思っていた時期がオレにもありました。


VVVFのインバーターに電波を妨害されるため、TBSラジオはお預け。列車内は睡眠に充てるのがいつものオサナイさん。約30分後、海老名駅手前で目を覚まし、列車を降りたとたんにラジオのスイッチを入れました。

なんで5−4になってるですか|||orz

とりあえず、久保くんとシコたんが失点したのは把握。バトンを渡されたのはルーキー伊藤くん。一打同点のピンチをさっくりとくぐり抜けるという活躍っぷり。以降、なんか危なっかしいアブレイユ、今年も飄々としているものの、茶髪になっていた荻野くんと繋いでゲームセット。去年まではまーちゃんのとドキドキしていたものが、試合後半ずっとドキドキしてしまうと言う塩梅で。それはそれでやっぱり野球はおもしろい、だからいいのかなぁとか思ってしまう昨今です。

打つ方では今江くんと西岡くん、オーティズが異常に元気なのが目立つところでしょうか。ついで部長が比較的好調。後のみんなはこれからハッスルしてくれることを祈っていますよ。


・福岡Yahoo!japanドーム
☆千葉鴎 5-4 ★福岡鷹


開幕6試合終わって三勝三敗の五分。札幌から福岡とかステキ遠征だってことを考えれば、十二分だったんじゃないかしら、ねぇ。というわけで、木曜挟んで金曜日からは本拠地開幕戦。さて、どうなりますやら。
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008