2007年04月09日

竜馬がゆく

HDDレコーダー導入に伴い、旧宅や現宅のVHSを発掘していたんですが、ちょうど10年前の新春ドラマスペシャルが発掘されましたよ。さすがに一部、画像に乱れはありましたけどね。

ヲタへの階段を上り始めていた頃ではありますが、三戦幕末スキーのハートはちゃんと残っておったわけであります。つか、他の番組に上書きせずにじっくりと寝かしていたって事は演技者が結構ツボだったのかなぁと思ったり思わなかったり。

続きを読む
posted by おさない at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2007年03月10日

仮面ライダー電王(6)

放送前日に前の週の放送を振り返るという暴挙に出てみます。今週はTB企画のまとめに追われた一週間だったですからね。この辺はご了承いただければと。

さて、今日の枕は食玩であります。
デンライナー(機関車)

今回のライダーは列車に乗るという設定のため、比較的おもちゃが作りやすいという傾向にあるんじゃないかしらと。特徴的な機関車であるゴウカを模したこのおもちゃ。プルバック式(=チョロQ)でがんがん走ります。お子さんたち、こういうギミックが好きですからねぇ。もちろん、大きいお友達も好きなんですけどw


え?

何で先頭車両しかないのだって?


妙に人気があるのかどうかは不明ですが、戦闘客車である2・3・4号車と先週から登場したイスルギ(青い機関車)が私の行く店では売っていないんですよ。放送開始2週目ぐらいにはどこのお店でもあったんですが……。

何事も、欲しくなったときが買い時ってのを改めて思い知らされた気分で一杯です。

続きを読む
posted by おさない at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2007年03月02日

仮面ライダー電王(5)

さて、今週の枕は劇中車にしましょう。デンライナー(=列車)がメインではありますが、「ライダー」の名前に恥じることなく本田技研のサポートを今回も受けているようです。

緊急時にはデンライナーの運転台としても活躍し、一部好事家の間では「フレンドパークのカブ」と呼ばれたwデンバード(=ナンバー付きバイク)ですが、ベース車両はモトクロス系のXR250。フロント部分に手を入れて、カラーリングを変更しているってそんな感じでしょうか。あのフロントカウルは大人の目から見ても格好いいです。

もっと詳しく劇中車について知りたい方は本田技研工業、お客様相談センターのページを参照して下さい。


……って、ホンダの解説はお客様相談センターのページにあるのね。さらには平成ライダーの劇中車紹介もあるようだし、色んな意味でホンダの遊び心には完敗ですw

続きを読む
posted by おさない at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2007年02月22日

仮面ライダー電王(4)

おさないが完全に取り込まれてしまった仮面ライダー電王のセカイ。ワタシの廻りにもじわりじわりと電王に感化されている人が増えてきているような、そんな気分で一杯です。

そこで今日は演技者の人々のリアルな声、いわゆるブログを見て貰って、より一層ディープに電王のセカイへと突き進んで頂きましょう。

リョウタロス……色んなイマジンに乗っ取られている特異点・野上良太郎役の佐藤健(たける)くんのブログ「佐藤健のOfficial Blog」。
特技がブレイクダンスとルービックキューブ、趣味は猫と遊ぶって言う“ぽややん”感溢れる佐藤くんであります。最初は大丈夫かよ!? と思ったリョウタロスのへなちょこっぷりですが、佐藤くんの声でないと“ぽややんの中に隠れたナイフ”感がしっくり来ないような、そんな塩梅かも。

モモタロスに対するグーパンチやデンライナー外での衣装チェンジが印象深いw、ハナ役の白鳥百合子さんのブログ「白鳥百合子の“そのまま”ダイアリー」。
ハナが出す「心が強い・芯が強いオンナノコ」オーラは一切無くありません。なんというか、役者も一旦その役を離れれば本当に普通の人なんだなぁと。このブログは本当に普通のオンナノコだったころから続いているんだそうで。記事を見てると本当に心の底から「いいひと。」オーラが出ていて好感が持てます。作ったキャラやブックメイカーが裏で糸を引いてそうなタレントさんじゃ「テレビデオが壊れてビデオ録画不可能」とか「これから大好きな100円ショップにお出かけです」とかってのをさらりと出せないと思うんだよねw

謎の蒼いコーヒーを作る日本食堂、NRE所属の食堂車の人、ナオミを演じるのは秋山莉奈さん。昨日からブログがオープンなんだそうで、タイトルが「秋山莉奈のオシリーナ気まぐれブログ
開始早々なのでどんな色が出てくるかは様子見ですけど、プロフの改行位置で愛理姉さんのコーヒー吹いたw

1985年9月26日生まれ。趣味はお菓
子作り、特技はピアノ。
こいつぁ春から・初芝
居生中継

と同じノリだって伝えれば、初芝マニアの方々にも伝わるでしょうか( ´∀`)

とりを務めるのは「次の停車駅は、過去か未来か」なオーナー役の石丸謙二郎さんのブログ「石丸謙二郎 オフィシャルブログ」。
石丸さんと言えば「世界の車窓から」の落ち着いたナレーションが一番有名かとは思いますが、ワタシにとっては「正露丸のCM」であり「ビートたけしのつくり方の中で放送されていたドラマ」の人的なイメージが強いかも。石丸さんが書くテキストはセンセーショナルじゃないんだけど妙に面白い文章なんですよ。サスケに出場する為の節制…でも減らないウェイトだとか、本当に謎の人、いや漢ですな。「石丸謙二郎」と言う人はオーナー同様、謎に満ちあふれているとしか言いようがありませんw


以上、役者方面から攻める「仮面ライダー電王」でした。

次のネタは、おもちゃか劇中車かw

続きを読む
posted by おさない at 20:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2007年02月15日

仮面ライダー電王(3)

ワタシが所属している放送制作集団「Blueberry Project

神奈川県相模原市にあるコミュニティFM局「エフエムさがみ」の金曜の深夜番組、土曜の昼夕夜の生番組、日曜昼のリクエスト番組を作っている集団であります。

オレは鉄じゃない、付帯設備・走行機器マニアだと言ってやまないプロデューサー、どすこいてじまと言う漢が取り仕切っています。ワタシが電車に乗った仮面ライダーの話をしてたら、興味をひかれたらしく第一話を視聴したそうなんです。





日曜日の放送が終わった後なんですが、そのてじま氏から電話がありまして。仕事の話かと思えば「オサナイくん、電王はやべぇって」ってな話になったわけであります。

オトコノコには惹かれる設定が色々ちりばめられている「仮面ライダー電王」、大きいお友達的なファンの数はじわりじわりと増えているようですよ、奥さんw

続きを読む
posted by おさない at 20:10| Comment(3) | TrackBack(1) | 芸能・TV

2007年02月08日

仮面ライダー電王(2)

……どうしよう。

第2話目を見終わって、「電王」が本気で面白れぇとか思い始めている自分がいる。

つか、普通に鉄道車両がバンバン出てくるのが驚きなんですけど。途中で姉の喫茶店の常連でゴシップ誌の編集長と主人公が出会うシーンがあったんですけど、中央総武緩行線や中央快速線が無意味に大活躍。ある意味で中央線201系の晴れ舞台だったなぁと思いました。

でも、201系がババーンと写ったときに特快とか青梅特快等々…ではなく快速の立川、東京行きって所に制作陣の歪んだ愛情を感じずにはいられませんw

【ネタバレ注意】続きを読む
posted by おさない at 21:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能・TV

2007年01月31日

鉄ヲタブランド化計画、発動

この春、ファミリー劇場でアニメ化が決定した「鉄子の旅」。その作品中、旅の案内人という形でトラベルライターの横見浩彦氏が登場。良い味を越え、色んな意味で美味しいキャラでかっ飛ばしてくれています。

その横見氏が「鉄子の旅」中に「鉄ヲタブランド化計画」なる計画をぶち上げたことがありまして(四巻 第28旅、肥薩線内より)。要するにアイアンな人について回る偏見を払拭し、「鉄ヲタ=(・∀・)カコイイ!!(・∀・)イイ!!」と言う世の中にしてしまおうという、希有としか言いようがない計画なのであります。


……踊るスピンオフ「交渉人 真下正義」の舞台、TTR。


……そしてそのスピンオフ「逃亡者 木島丈一郎」での上野発の夜行列車(あけぼの)で逃避行。


……汲々とするローカル私鉄、銚子電鉄を取り上げるメディアの数。


……タモリ倶楽部での『タモリ電車倶楽部』の活躍っぷり。


……列車に乗った仮面ライダーこと2007年の仮面ライダー電王。


……「鉄子の旅」のアニメ化。


昨年中盤辺りから目に見えて多くなってきている鉄道ネタの数々。横見氏の鉄道ブランド化計画は我々のあずかり知らないところで静かに進行していたのでありました。

しかし、横見氏の発言をネタにしたキクチ先生もまさかジャニーズの人が主演の鉄ネタ系ドラマが出来てしまうとは予想だにしなかったでしょう。


鉄ヲタブランド化計画、恐るべし……。

続きを読む
posted by おさない at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2007年01月30日

仮面ライダー電王(1)

ライダーシリーズ…と言うか、特撮をじっくり見ようと思ったのも久方ぶり。鉄塔屋さんをしていた頃にお世話になったパソコン師匠の影響で救急戦隊ゴーゴーファイブとその次の未来戦隊タイムレンジャーをチラ見して以来かもしれず。

初回を見た限り、一年間はネタに出来そうだなぁと言う確かな確信を得ましたよ。「最初からクライマックスだぜ」はどうやら伊達ではなさそう、かも。

【ネタバレ注意】続きを読む
posted by おさない at 20:47| Comment(2) | TrackBack(1) | 芸能・TV

2007年01月27日

横浜アリーナッ!

事件現場
毎年この時期の恒例行事である横浜アリーナでのハロプロライブ。

前の会社でお世話になって、今でもかなりお世話になっている先輩……いや、漢と表した方がいいかもしれない人がいるんですが、その方に誘われ、今年も定期大会という塩梅で行ってきました。……なんか、ものすごく旬な場所になってしまったみたいですね(苦笑)。

続きを読む
posted by おさない at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2007年01月17日

西部警察 SPECIAL

今回は1月15日のエントリーの続きです。つか、DVDタイトル的にはこっちが本編なんですけどねw

2004年10月31日、「軍団復活」と銘打ち19年振りにブラウン管の中に帰ってきた「西部警察 SPECIAL」を約2年ぶりにDVDで見ましたの巻であります。

なお、放送日当日の感想は「西部警察 2004」でご覧ください。

続きを読む
posted by おさない at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2007年01月16日

電車に乗った仮面ライダー

「【TB企画】鉄道好き−プロ野球ブロガー編−」と題して、鉄道好きとやきう好きのお話を伺っている昨今でありますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

ここ最近のテレビをまったりと斜め見していると、CS系統では各種鉄道番組が組まれ、さらにはtvkでちらちら鉄道番組もありつつ、さらにNHKでは関口知宏氏がJR完乗やら最長片道切符の旅を行うという番組が放送され、TXの旅番組ではローカル線や有名列車がフィーチャー。ある意味で総本山の「タモリ倶楽部」では、いよいよ2007/1/19,26の放送でSUPER BELL"Zの野月氏と並び称される「ミュージシャン鉄」として有名な「くるり」の岸田繁氏が登場し、タモリ電車倶楽部総出演でお京急を特集していくと……。

それにしても昨今の鉄カミングアウト率の高さは異様だなぁと。表だって言う人が少ないだけで、生活と密着している鉄道が気になる人はいるだろうし、ローカル線の旅情感や寂寥感を味わう為に旅をしている人もいるでしょう。型式やら用語が判らなく立って、「なんだか分かんないけど好きかも」レベルの人は沢山いるんじゃないかしらと。この辺は臨時列車が駅に止まっていると明らかに鉄っぽさがない(と一見見える)人がパシャパシャやってますからね。

……そんなことを思っていたら、我々の予想の斜め上をかっ飛ばして、タイトル通りなライダーが現れるらしいですよ、奥さん。

続きを読む
posted by おさない at 20:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 芸能・TV

2007年01月15日

いにしえの西部警察

自分探しの旅2007冬が終わった先日、「西部警察 SPECIAL」のDVDを仕入れました。値段の付け間違いか何かがあったのかは不明ですが、予想外の破格で店頭に並んでいたので迷わず購入であります。(ちなみに同時購入はリチャードホール5と小松の親分とベンジャミン伊東氏のライブビデオw)

「西部警察 SPECIAL」本編の帰ってきた西部署の面々はさておき、ワタシがどうしても見たかった西部警察パート3、84年新春スペシャル「燃える勇者たち」が映像特典で収録されているんですよ。2時間枠と言うことで中々再放送のチャンスがない 「燃える勇者たち」ですが、豪華ゲスト多数出演+「(いつも通り)訳がわからないけど、熱いことだけは確か」なシナリオでドキドキしながら、まったりと見守っておりました。

本当の黒幕の名前が同姓でビックリするまでは(´Д⊂

続きを読む
posted by おさない at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2007年01月11日

年末年始のバラエティ番組

ビデオに撮っておいた2番組「第20回ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しスペシャル絶対に笑ってはいけない警察24時!!」をようやっと見終わりました。

一時期は格闘技に席巻されていた年末年始のテレビ界ですが、じわじわと(いい意味で)呆れるぐらいに予算を使うバラエティ番組が帰ってきているのは嬉しい事かなぁと。


規制や様々な壁に立ち向かい、おバカな事に命やお金をかけて突き進む……。


テレビ屋、演者に……礼。

続きを読む
posted by おさない at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2007年01月06日

紅白裸祭

今日も今日とていつも通りにエフエムさがみでお仕事。旅のネタをたんまりと話して、スタッフ連中から、ワタシの青春18きっぷの鈍行旅が「自分探しの旅」だと言う事になり、それはそれで間違いではないなぁと思う昨今でありますw

そんな中、番組と番組の合間に例の紅白DJ OZMA祭の映像をウチのボス、どすこいてじまに見せて貰い、生で見たときの衝撃や笑いを伝えて貰いました。アタシは素直に思いましたね。DJ OZMAは本当によくやったと。あんたは漢だったよと。木更津なハートを見せて貰った、そんな感じで一杯です。

でも、よく見ればダンサーさんがヌードスーツだってのは分かり易すぎるし、オチでサブちゃんが出てきたところを考えると、紅白開幕前の苦言は見事すぎるアングルだったんだなぁと思うわけでありまして……。思いようによってはNHKがいろんな意味で始まったなぁと。

ただ、世知辛い世の中には「ネタをネタとして楽しめない輩」と言うのも少なからずいるわけであります。

続きを読む
posted by おさない at 22:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2006年12月22日

年の瀬感をタモさんで味わう

昨日は会社の忘年会でした。色々とチャンポンで飲んだあげく、リバース一歩手前で徳俵に足をかけてこらえきってました。一歩間違えば大変な大惨事になっていたことは間違いないかと……。とりあえず、瓶ビール消費係とウィスキーロック大会は辞めようと心に誓いましたw

さて、そんなこんなで今年も残り10日を切り始めました。あまり年の瀬という感じがしないんですが、ある番組にあるゲストが登場するのしないのって話が出てくると、いよいよ年の瀬だなぁと思う今日この頃であります。

続きを読む
posted by おさない at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2006年11月29日

伝説の番組が帰ってくるっ!

最近のひな壇形式バラエティ番組や芸人さんのネタ消費番組ばかりで、正直辟易している昨今ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

トーク番組やネタ見せという名のネタ消費番組が悪いとは言いませんが、各局、同じような内容で、個人的には飽きてきています。まぁ、ひな壇形式でトークしていたり、芸人さん達のネタでればセットにお金はかかりませんし。どこも経費節減経費節減なんでしょうかねぇ。テレビが夢を見せてくれるというのはもはや幻想でしかないんでしょうか…。

一方、CSではバブル期やバブル末期の「テレビが一家の主役であり、バラエティ番組が本当に元気だった頃」の作品が多数放映されています。最近、ファミリー劇場で始まった「志村けんのだいじょうぶだぁ」のコント(や出てくるアイドル達)に感動。田代神が基本的にエロエロの志村さんを止めるという図式に涙。フジテレビ721では「ひょうきん族」や「笑う犬の冒険」、最近では「やまだかつてないテレビ」も始まり、昭和のバラエティ番組好きにはたまらない、夢のような世界が広がっています。


しかし、現状を憂いた日本が誇る足立区の星、ビートたけし氏が動いたのか、築地の卵焼屋さんが誇る偉大なディレクター、伊東輝夫氏が動いたのか…。

80年代末から90年代中頃にかけて、次代を担う芸人さんを多数輩出。ここでしか見られない芸人さんも多数出演で、スキモノには本当にたまらなかった“あの”伝説的番組「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」が2007年1月1日に帰って来るみたいですよ!


で、今回は第何回なんだろうね( ´∀`)

続きを読む
posted by おさない at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2006年10月28日

とりとめのない話

とりあえず、Movie1 の初回舞台挨拶を徹夜で並んで見た踊る大捜査線ヲタとしてのある意味で見る義務とかしている番組があるんですよ。色々と賛否両論はありますがw、この後21時からCXで放送する踊るスピンオフドラマ、「弁護士灰島秀樹」のお話を書いていきます。「逃亡者 木島丈一郎」がそこそこ好評であっただけに、灰島役の八島智人氏には結構プレッシャーがかかっているんじゃまいかと思って今からワクテカです。

とりあえず、放送の感想は終了後0時までに書くとして、エフエムさがみから自宅に戻ってきました。飯前にダラダラとテレビのチャンネルを回すという私にしてはまったりな時間を過ごしていました。CXの「もしもツアーズ」を見ていて、最近はローカル線や鉄道を紹介する番組が多いなぁと。一億総鉄ヲタ計画でもあるんでしょうか。でも、鹿島鉄道の気動車を「電車」と言い切ってしまう強引さにはもそもそと苦言を呈したい今日この頃であります。

「もしもツアーズ」をしばらく見た後、出力をJ:COMに切り替え、さらにチャンネルサーフィンを続けていた私。BSフジで思わずチャンネル切り替えを止めて、見入ってしまう番宣がありました…。

続きを読む
posted by おさない at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2006年10月23日

上野樹里と玉木宏!?

先週、なんとなーくでCXの「のだめカンタビーレ」1話、そして今週2話をちらちらと見てた私。上野樹里さんは漫画原作のドラマとかコテコテなキャラクターをやらすと上手いよなぁと思いながら見ていました。つか、シリアスな上野樹里が思い浮かばないのは仕様でしょうか?

さて、のだめの中でふと上野樹里さんと主要人物の一人である玉木宏さん同じフレームにいるシーンを見て、妙な既視感。この二人の組み合わせ、どっかで見たよなぁ気分で一杯なんですけど…。

続きを読む
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2006年10月17日

ファミリー劇場に神降臨

オサナイ家はJ:COMユーザー。平日23:30から0:00はキッズステーションで一日の疲れを忘れw、野球のシーズンは各チームの試合をたっぷり見られると幸せ満載でありました。

昨日、色々と作業しながらテレビを付けてました。月曜日の21:30前後はドリフ大爆笑タイム。仲本工事さんと故いかりや長介さんの「バカ兄弟」に癒される日々でした。まぁ、アレはある意味で思い切り反則だとは思いますけどねw

昨日も昨日でドリフ大爆笑だと思っていたんですが、どうやら番組改編。新しい番組が始まったようです。

なんだろな?

なんでもねーよ!
posted by おさない at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV

2006年09月11日

特攻野郎Aチームに新作!?

Yahoo!見てたら、あの特攻野郎Aチームに映画化の計画がある、そんな話が出ていましたよ。

21世紀に入ったこのご時世に再びあの男達の活躍が見られるの!?

続きを読む
posted by おさない at 23:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能・TV