2007年04月06日

Trainsurfer

鉄路。それは日本の大動脈。

これは貧困に喘ぐ日本を舞台に列車の屋根に飛び乗り、スピードとスリルを味わうことに命を賭けた若者達の驚異の物語である。

Trainsurfer!!

続きを読む
posted by おさない at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2007年04月02日

The World of GOLDEN EGGS Season2

The World of GOLDEN EGGS
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007/03/23)
売り上げランキング: 125
先日のお給金の配分がいよいよ到来したやきう観戦モードの予算割になっている昨今ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか? 遠征アイアン旅行の絡みもあるので、普段は節制した毎日を送っていますけど、ことツボにはまった映像作品(=と、興味があって中古屋さんでお値打ち価格の映像作品)に関しては話が別なのであります。

はい、つーわけで、Season1を買っていないのにもかかわらずSeason2 DVD BOXを買ってしまった男が通りますよ。てか、近々で予算取りが出来たらすぐにでも買っちゃいそうです( ´∀`)

続きを読む
posted by おさない at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2007年01月20日

湘南爆走族II

そろそろPCのお掃除、再セットアップをやりたいなぁと思いつつ帰宅が中途半端な時間になったので見送り。そろそろスッキリさせたいなぁと思ってはいるんですけどね。

せっかくなので、積んであったDVDやビデオの消化を図ろうと思いまして。今日はそんな中からワタシより何個か上の世代には直球ど真ん中ストライクだと思われる「湘南爆走族」のアニメビデオを紹介したいと思います。

しかし、湘南爆走族は「暴走族漫画」と取るべきか「ギャグ漫画」と取るべきか「80年代の青春的漫画」と取るべきか本当に迷いますなぁ。

続きを読む
posted by おさない at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2006年12月20日

君はビジターを知っているか?

最近、地上波のテレビをほとんど見なくなっている昨今ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

冷静に振り返ると、地上波を見ている時間ってめちゃイケ以外は夕飯の時ぐらい…かも。特にドラマは……織田裕二主演のTBS版「振り返ればヤツがいる」と言われた「真夜中の雨」位でしょうかね。ホントは喋りのネタとして何かを見た方が良いのかなぁと思うんだけど、コレと言ったものが正直ないんだよね。

ただ、その昔は本当にテレビっ子でして。海外物のドラマとか刑事ドラマ、各種バラエティとかサルの様に見ていたようなキオク。特に米国のテレビ映画が大好きだったんですよ。
今でも魂に刻み込まれているテレ朝放映組の「特攻野郎Aチーム」「ナイトライダー」、日テレ放映組の「超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ」「新スパイ大作戦」、教育テレビ放映組の「アルフ」、TBS放映組の「冒険野郎マクガイバー」等々…。最近ではテレ東放映組の「刑事ナッシュ・ブリッジス」が好きでした。

シナリオの痛快さ、お馬鹿さ、勧善懲悪さ、吹き替え声優さん達の芸達者ぶり、火薬の量w…。80年代に放映された米国のテレビ映画はどれをとってもワタシのストライクゾーン。

思えば、ワタシが声ヲタになったのは、アメリカテレビ映画の吹き替え声優さん達の演技がストライクゾーンだってのがあるんです。だから今でもいわゆるアイドルな声優さんよりも、どちらかというと吹き替え声優さんの方が詳しかったり。Aチームの4人はホントにもうベストメンバーとしか言いようがありません。個人的にはデッカー大佐の故・仁内建之さんの声もベストだったりするんですが。後はヒーロー系の礒部勉さんやささきいさおさん、脇を固める富田耕生さん、青野武さん、悪も善も出来る玄田哲章さん、大塚明夫さんとか…って、この辺の話は本当に止まらなくなるですね。この辺りの米国/香港映画やテレビ映画の吹き替え声優ネタに付いてこられる方と酒でも飲みながら語り明かしたい気分で一杯です( ´∀`)


さて、長々と前フリを書きましたが、ワタシの米国テレビ映画の原体験であり、今でも強い印象に残っている作品があります。


V ― DVDコレクターズBOX
ワーナー・ホーム・ビデオ (2002/06/07)
売り上げランキング: 42654
それは…「V」(ビジター)

ただ、「V」が印象に残っていると言っても「ビジターの怖さ」と「ドキドキ」、ラストの「やったぜ!」的なキオクだけしか残っていなかったんです。でも、その残った記憶があまりにも鮮烈……。

今回、廉価版DVD(V1,2,3)としてビジターが売られているのを発見。幼少の頃のドキドキを思い出す為、初めてアメリカ製テレビ映画に出会った衝撃を思い出す為、ディスクをプレイヤーに挿入したのでありました。

続きを読む
posted by おさない at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2006年02月27日

恋のバカンス

竹中直人の恋のバカンス 初回限定版DVD-BOX
ユニバーサルミュージック (2005/11/23)
売り上げランキング: 289
さて、先月の予告の通り、いろんな意味で伝説的な番組「恋のバカンス」のDVDBOXを買ってきましたよ。
1994.7.20から1994.12.21の1クールのみで終わってしまったコントともドラマともとれる不思議な番組、それが恋のバカンス。竹中直人独特の世界観が丸々出てる、そんな感覚。オチとかツッコミとかはなくて、キャラクターが演じている不思議な世界。この世界は今で言うと劇団ひとりって感じでいいのかな。出てくるキャラクターはとっくり兄弟、5人の加山雄三、ショスタコビッチ三郎太、流しのボブ彦、そしてナンの男…。キャラ名だけ羅列しても訳分かんないもんねw
竹中モノにはお馴染みのビシバシステム、片桐はいり、温水洋一なんかがレギュラー。その他、流しの兄弟になぜかYMOの高橋幸宏さんが出てきます。

私、本放送時はどす黒い暗黒の男子高校の一年生。鉄からは完全に離れおり、原付や車などのお約束な部分に浸かっていた頃です。それでもお笑い番組はあいも変わらず好きでして。たまたまつけたテレビで「恋のバカンス」がやってたんです。だらーって見てて、気づいたら不思議時空にまんまとはまった感じw
高校の頃はシュールってコトバがまだ判らない頃だったけど、「ナンの男」の意味不明感がもの凄く好きだったなぁ。休み時間とか昼休みにナンの男の話を良くしてたっけ。仲間が5〜6人いたんだけど、私と秦野に住んでた結構イケメソでクールっぽいY留くんだけが「恋のバカンス」で盛り上がってたなぁ。「昨日のナンの男は熱かったよね!」とかw 他のメンツには「何が面白いのか判らない」「気持ち悪い」「つまらない」なんて評価をされてたっけか。

大丈夫。
ナンの男は理屈じゃないんですw

続きを読む
posted by おさない at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2006年02月15日

内村プロデュース 創世記


なんとなくで購入。まったりゆっくり見るには丁度いいかなっと。
2000年、2001年頃の内Pの映像が色々と詰められてます。しかしふかわとか三村さんが若い。つか、三村さんが細いw
ウッチャンとか出川のてっちゃん、TIMはほとんど変わりないけど。

しかし、リングの魂をうけて始まったのをすっかり忘れてたわ。リン魂がマス大山氏が題字を書いてたのに対し、内Pが春一番って言うのがステキ。5年に渡るいい意味でのB級らしさを初回から醸し出していたって感じでしょうかね。
つか、レギュラーはウッチャンとふかわだけなのね。さまーずもなにげにバカルディ時代にゲストからの登場だし。まぁ、ここ一・二年の真骨頂である芸人さん達の一言ボケ大会、ポイント制への移行wやレア芸人さん大集合は次の巻以降になるんかなぁと期待中。

まぁ、個人的にはテレ朝の荻野志保子アナが1コーナーで登場してたのに萌えていましたが。メガネが無くてもいーんですw
posted by おさない at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2006年02月02日

逆境ナイン

逆境ナイン 全力版
逆境ナイン 全力版
posted with amazlet on 06.02.02
バップ (2006/01/25)

2005/7/2公開
監督:羽住英一郎 原作:島本和彦 脚本:福田雄一
出演
玉川鉄二 堀北真希 田中直樹 藤岡弘、

逆境とは思うようにならない境遇や不運な境遇のことを言う。全力学園野球部キャプテン不屈闘志は、ある日校長から「一勝も出来ない野球部などいらん」と廃部宣告を受けてしまう。ただ、そこから燃え上がるのが不屈闘志。逆境を力に変え、ナインをまとめ上げて、甲子園常連校である日の出商業との練習試合に(雨天による不戦勝ながら)奇跡的な勝利を収める。様々な逆境に立ち向かいながら大会予選を勝ち抜いていく全力学園野球部。迎えた予選決勝は因縁の日の出商業。ピッチャークラッシャーである日の出商スナイパー東郷のピッチャー返しに逢えなく撃沈する不屈。9回裏、彼が目覚めたときは112点差がついていたのだが…。

まさか21世紀になって逆境ナインが映像化されるとは思いませんでしたよw
製作に関わったすべての熱き“バカ”達に乾杯。

続きを読む
posted by おさない at 22:39| Comment(2) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2006年01月30日

リチャード・ホール Vol.3

リチャードホール 3
リチャードホール 3
posted with amazlet on 06.02.02
ポニーキャニオン (2005/09/21)
売り上げランキング: 241

お昼休み、会社近くのブックオフに行ったですよ。店内を漁ってたら、「リチャードホール Vol.3」の中古が安かったんで買ってしまいました。積んでしまうのももったいない…つか、本腰入れなくても見られるんでさっくり見てました。

出演はくりぃむしちゅー、中川家、おぎやはぎ、森三中、劇団ひとり、アンタッチャブル、さま〜ず(裏ジャケットの出演者リスト順)。ある程度コントがうまいメンツがそろっている感がありますな。つか、男がグッと来る芸人が多いかも。中川家礼二とか劇団ひとりとかw

続きを読む
posted by おさない at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2006年01月25日

マイナスターズライブ 〜その日雨だけどね

2005年10月29日に渋谷duo music exchange で行われたマイナスターズのライブ。
マイナスターズの中の人、さまーずライブと同じく、チケットは瞬殺だった模様。
ファソの大部分が涙をのんだという…。

今回買ったのはそんなマイナスターズのライブを収録したDVDであります。
アルバム「ネガティブハード」の中の楽曲を中心にしたライブ。
脳みそリセットするにはもってこい。
これ、オンガクDVDでいいんだよね。
ネタライブのDVDじゃないよねw

そんなお約束のネタ曲の中、マイナスターズの新曲も何曲か入ってたり。
プロデューサーのミタムラさんのがんばりに涙。
つか、ミタムラさんってどこに向かって突っ込んでるんだろうw
途中、メンバーに一問一答をやってるんだけど、各キャラが分かってニヤリ。
キナコちゃんのハスキーボイスにメロメロ。
元々はスタイリストさんらしいって話だけど、芸達者だなぁ。

今回の見所というか聞き所は、財津和夫作曲の「待ちわびて」ライブバージョンでしょうね。
全力でアホなことを出来るってすばらしいよねw

あ、あと「心配性」「ジラフ」「バッファロー」「カバ」のPVも入ってます。
「心配性」のやる気のなさはたまらんものがあるね
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2005年11月24日

ザ・シークレットサービス

ザ・シークレット・サービス
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2005/09/28)
売り上げランキング: 24,251
今日は積んであったDVDの消化。
「さよならゲーム」「グローリー」と来て「ザ・シークレットサービス」
クリント・イーストウッド主演、助演にジョン・マルコビッチ、レネ・ルッソ。
ソニーピクチャーズの半額半蔵キャンペーン、3本目に選んだ決め手は吹き替え声優でした。

クリント・イーストウッド:山田康夫

私の同世代や上の方々はクリント・イーストウッド=山田康夫さんだと思うのですよ。
もちろん、ルパンもですけど。
オサナイ所蔵のDVDにクリント・イーストウッド:小林清次さん(次元とかデラーズ閣下とかw)て配役のがあるんですわ。
もちろん小林さんも押しも押されぬベテランですし、上手いんです。
上手いんですけど、やっぱクリント・イーストウッドは山田康夫さんだよなぁ。
今日見た「ザ・シークレットサービス」でその思いを新たにしました。

作品自体はオヤジ系キャラの健闘好きの私のツボにジャストミート。
暗殺者役のジョン・マルコビッチの怪演も光ってます。
ラストバトルも格好いいんだわ。

にしてもアメリカ映画はロマンスが必須なのね。
つか、たらしでピアノ好きな老エージェントって格好いいよなぁ。
あ。そのロマンスの相手役、レネ・ルッソってメジャーリーグに出てた綺麗な人なのね。
メジャーリーグも廉価版が出てるし、明日辺り買いに行こうっと。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2005年10月31日

グローリー

グローリー
グローリー
posted with amazlet on 06.02.17
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2005/09/28)
売り上げランキング: 6,562

昨日見たDVDはアメリカ南北戦争の黒人部隊を描いた「グローリー」
吹き替え声優に惹かれて購入。

主人公のロバート大佐に神谷明、黒人達のリーダー格、モーガン・フリーマン演じるローリンス曹長に池田勝。
反抗的な態度をとり続けるデイゼル・ワシントン演じるトリップに大塚明夫。
このメンツだけでグローリーを手に取ったと言っても過言じゃありません。
もちろん、俳優さん達の演技はすばらしいです。
でも、私は本当に英語に弱いのですよw
また、吹き替え役者さん達の演技もたまらないんですね。
よく字幕と吹き替えは違うって言う人がいるんですが、そんなことは100も承知。
大意が伝わればそれでいいと思うんですが、どうでしょう。

池田勝氏に大塚明夫氏って、機動戦士ガンダム0083のビッター少将とガトー少佐じゃんねw
キン肉マンとか面倒さん、冴羽僚のイメージが強くて、スマートな神谷明氏がちょっと意外。
まぁ、コメディ以外にもシリアスなのも上手いってのは知ってるんすけど。
ここ最近のイメージがものすごく強いよなぁ。
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2005年10月30日

さよならゲーム

さよならゲーム
さよならゲーム
posted with amazlet on 06.02.17
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2005/09/28)
売り上げランキング: 6,297

金曜日に買ってきたDVDの視聴。
とりあえず、一番見たかった「さよならゲーム」から。

舞台はアメリカのマイナーリーグ。ダラハム・ブルズと言うチーム。
才能はあるけど、やることなすことすべてガキのルーキー投手(ヌーク:ティム・ロビンス)。
野球経験は多彩だけどマイナー止まりのベテラン捕手(クラッシュ:ケビン・コスナー)。
1シーズン1人の選手の世話を焼き、一人前にすることを生き甲斐にする女性(アニー:スーザン・サランドン)。
この三人が織りなす野球芝居。
ルーキーはメジャーに上がるけど、アメリカ映画にありがちな大成功はない。
どちらかというと、メジャー経験ありなベテラン捕手の一ページを描いているです。
新人の才能を見抜き、色々と教育していく日常。
そこに教育係を自認している世話焼きの女性が絡んできて…みたいな。

正直なところ、派手さは一切なし。
でも、しみじみとくるものがあるんですよ。
全編通してにじみ出るのは、感動ってより哀愁。
深夜にテレビでやってただけはありますw
まぁ、学生時代にそれを見てグッと来ていた私も私ですが。

ざっとネットで感想を見てみたんですが、評価低っ。
退屈だとか主人公が誰だか分からんとか色々とマイナス評価揃い。
メジャーにあがれる才能を持っているけどちょっと抜けている若者。
メジャーに上がりたくても上がれないベテラン。
才能を愛して若者が上に上がるのは嬉しいんだけど…複雑なベテランの心境。
この辺りにグッと来ると思うんだけどなぁ。

しかし、ケビン・コスナーは格好いいなぁ。
野球芝居が実にはまってるわ。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2005年04月21日

とられてたまるか!?

とられてたまるか!?
とられてたまるか!?
posted with amazlet on 06.02.09
ポニーキャニオン (2004/03/03)
売り上げランキング: 64,305

ようやっとたまったDVDを一本消化。
出演:武田鉄矢、明石家さんま、田中美佐子の泥棒撃退ムービー。
ブックオフでお値打ち価格だったので購入。
刑事物語以来、バトルモードの武田鉄矢が好きでねぇ。
刑事物語はDVD化されてないのかな?

泥棒役のさんま師匠もいい味出してるのよ。
セガっぽいところのゲーム会社社員が夜は忍び専門の泥棒に。
さんま師匠は個性が強すぎて、あんまり作品でキャラが変わらないと思うんです。
でも「とられてたまるか!?」はさんま師匠っぽさがいい塩梅に出てましたわね。
つか、さんま師匠と田中美佐子って、「心はロンリー、気持ちは…」の第一作コンビじゃない。
あぁ、またもやDVD欲しい病が…w

ん?
武田鉄矢と田中美佐子の娘役の子がチェ・ジウに似てるぞ。
名前を聞いてもあんま知らん子だし、今はどこで何をしてるやら。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2005年04月08日

衝動買い

昼休み、マクドで食事をした後に横浜駅西口のトップボーイへ。
PS2の中古ゲームなどとともに中古DVDも売ってるんです。
今日、思わず"さまぁ〜ずライブ3"を購入。
さまぁ~ずライブ3
さまぁ~ずライブ3
posted with amazlet on 06.02.09
ポニーキャニオン (2003/04/16)
売り上げランキング: 2,587

いわゆる衝動買いですね。
でも、衝動買いした理由があるんですよ。
裏ジャケットを見ていたら、なんとあのマイナスターズが出てとるではないですか。
こりゃもう買いだと。
買った後は社に戻って内容確認。
開けてびっくり!
なんと、おまけでマイナスターズの代表曲、ジラフやバッファローが収録されてるCDが付いてました。
マイナスターズファンな私には嬉しい限り。
衝動買いは私の勝ちって事でw
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2005年03月03日

特攻野郎Aチーム

特攻野郎Aチーム シーズン1 コンプリートDVD-BOX
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005/07/22)
売り上げランキング: 1,189

時間的にディスク5枚中の1話のみ。
Disk1の1「アカプルコ救出作戦」@パイロット版…をひとまずおいといて。
「邪悪の神に魂を売った男」から視聴。
出ばやしのハンニバルのAチーム説明で涙。
ホント、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!って感じ。
感動の一言なわけですよ。

ベトナム戦争時のヘリの映像から、各員の紹介。

ハンニバル(羽佐間道夫)→フェイスマン(安原義人)→クレイジーモンキー(故・富山敬)
エンジェル(小山茉美)→コング(飯塚昭三)の流れ。

もう、青春時代が蘇るとです。
コングの「飛行機だけはカンベンな」は最高ですよ。
つか、エンジェルの存在をすっかり忘れてた。
この辺り、完全に記憶の引き出しの隅っこに埋もれていたって感じかな。
まぁ、それはいいとして…。

やっぱ、特攻野郎Aチームは面白いやねぇ。
各員のキャラが立ってるってのもあり、熱い男の友情もあり。
さらにはコングとモンキーの掛け合いが絶妙。
操縦のプロ、モンキーと飛行機嫌いのコング。
いつの間にか睡眠薬打たれて機上の人にされてしまうコング。
この辺りは完全にコテコテな新喜劇状態w

うむ、しばらくは楽しめるな。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2005年03月02日

両天秤

先日、サラウンドシステムを導入。
ガチャピンチャレンジシリーズ、2ndステージを買ったものの、映像作品が欲しい。
ふらっと立ち寄った中古屋。
私のハートにグッと来るDVDBOXを2つ発見。
日本の鉄道~懐かしき昭和の原風景~DVD-BOX
ビデオメーカー (2003/11/21)
売り上げランキング: 37,085

特攻野郎Aチーム シーズン1 コンプリートDVD-BOX
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005/07/22)
売り上げランキング: 1,189

正直、両方とも欲しい。
大人買い出来ないこともないけど…。
色々と考えて考えて考えて考えて考えて考えて。
結局、特攻野郎Aチームの方を買いました。
もう一方はしばらくの間は売れないっていう判断でもあるんだけど。
まぁ、そう言ってても売れちゃうのが世の常なんだけどね。

とにかくハンニバル、フェイスマン、コング、エンジェル、クレイジーモンキーの魅力に負け。
吹き替え声優的にも買いだなと判断。
羽佐間道夫、安原義人、飯塚昭三、小山茉美、故・富山敬、等々。
我が青春が蘇るですよ、はい。

箱にカッター傷があるけど、値段マイナス分って考えれば妥当かなと。
わくわく。
posted by おさない at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2004年08月27日

平成たぬき合戦

ジブリ物の役者声優シリーズの中では見られる作品。
泉谷が暴れん坊狸役つーのがステキw
福沢朗もこの頃は生粋のバラエティ班で名演技ですたな。
逆に職業声優(神谷明とか)が浮いて聞こえるぐらい。
ヒロイン的な女性があららながら、他はいい塩梅。
面白いんだけど、なんかもの悲しいんだよなぁ。

多摩ニュータウン住宅開発の末に住処を追われる狸たち。
あの手この手で奮戦するも、人間には勝てず…。
ええかっこしいとか、そんなんじゃなく、昔ながらの風景が消えるのは悲しいですね。
posted by おさない at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2004年08月16日

エヴァンゲリオン

エヴァンゲリオン「AIR/まごころを君に」(97)
制作:ガイナックス
監督:庵野秀明

昨日、キッズステーションで放映していた物を録画。
ライトな二日酔いの中視聴。
劇場公開時に劇場で見たものの、内容があまりよく分からなかったんですわ。
それを今回改めて見てみる。

続きを読む
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2004年07月15日

For Love of the Game

ラブ・オブ・ザ・ゲーム
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2002/08/01)
売り上げランキング: 46,789

タイトル:For Love of the Game
出演  :ケヴィン・コスナー(大塚芳忠)、ケリー・プレストン(勝生真沙子) 他
品番  :BUD-31200
発売  :ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

現役生活19年目のベテラン投手、ビリー・チャペル。
理解者だったオーナーの球団売却の決定。
チャペルに引退かトレードかの選択を勧める。
さらに恋人のジェーンが英国行きを決めて、彼へのサヨナラを告げる。
様々な思いを胸に抱き、ヤンキースとのリーグ最終戦のマウンドに向かう…。

続きを読む
posted by おさない at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン

2004年07月14日

カマキリ伝説

カマキリ伝説
カマキリ伝説
posted with amazlet on 06.02.02
ポニーキャニオン (2003/08/06)
売り上げランキング: 4,864

タイトル:カマキリ伝説+カマキリ伝説1 1/2(2は8/7発売予定)
出演  :関根勤、剛州、玉寄兼一郎、松井政美、安藤有里 他
品番  :PCBG-50415
主な内容:芸能生活20周年の集大成。コアなあのネタも…。
発売  :ポニーキャニオン

関根勤、芸能生活20周年記念のモノマネ集大成。
脇としてTVに出ている関根氏とはひと味違う壊れっぷり。
笑っていいとものクリスマス特番で披露される関根氏のモノマネ好きにはたまらない一品。

続きを読む
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン