2005年11月21日

愛の履歴書

愛の履歴書
愛の履歴書
posted with amazlet on 06.02.17
大槻 ケンヂ
メディアファクトリー (2005/10)
今日は先日買った大槻ケンヂさんの本を電車の中で読んでました。
タイトルは「愛の履歴書」
オーケンがつきあったおねーちゃんを妄想を交えつつおもしろおかしく書いてます。
微妙に連載時のやる気のなさが伝わってニヤニヤ。
後半のぐだぐださ加減は涙もの。
あっという間に読み切ってしまいました。
つか、リアルな読書時間…30分ぐらいか。
ま、いっか。

つか、恋愛夜明け前な私にとっては、驚きの連続。
世の中にはいろんな人がいるんだねぇ。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年11月18日

生協の白石さん

晩秋ですが、読書の秋です。
先日、横浜東口ポルタの丸善で興味のあった本を購入。

「大槻ケンヂ/愛の履歴書」
「生協の白石さん/白石 昌則」

今日は「生協の白石さん」をチョイス。
生協の白石さん
生協の白石さん
posted with amazlet on 06.02.17
白石 昌則 東京農工大学の学生の皆さん
講談社 (2005/11/03)
電車の中で読んでいました。
東農工大の生協。そこに学生さんが生協に対して意見や要望を寄せる一言カードというモノがあります。
白石さんは生協職員でその一言カードの回答者。
まじめな意見や要望、果てはスパイスの効いた質問まで幅広く回答する白石さん。
つか、トンチの効いた質問を投げかける東農工大の学生さんもグッと来ます。

好きだからと言って、そんなにヤクルト土橋に拘らなくても…w

何はともあれ、白石さんのお客様第一の姿勢に頭が下がりました。
これからも日々の業務、頑張ってください。
そして、東農工大の皆さんもパンチの効いた質問とともにプロ野球チップスを買ってあげてくださいw

最後に「生協の白石さん」に火を付けたブログを紹介。
がんばれ、生協の白石さん
書き手さんも白石さん文体を踏襲していていい味出してます。

とりあえず、白石さんが頑張ってくださるように私も応援しています。
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年10月11日

読書の秋

早々に帰宅して夕飯。
食べ終わったところで本屋行き。
原チャリで出かけたんだけど、冷え冷えですな。
今季初の青島コートを羽織って出撃。
週刊鉄ヲタ本を見つけて、店内物色。
3 「容疑者 室井慎次」シナリオガイドブック
君塚 良一
キネマ旬報社 (2005/10)

容疑者室井慎次のシナリオ本があったので購入。
シナリオ本を読むのって結構好きなんですよ。
別にシナリオを書いたりなんだりってことはないんだけど。
あのときのあのシーンはこんな裏があったのねって読むのが好きなのですよ。

とりあえず、週刊鉄ヲタ本を読み終わってからかな。
嗚呼、読書の秋だ。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年10月05日

ストッパー毒島

ストッパー毒島 1 (1)
ストッパー毒島 1 (1)
posted with amazlet on 06.02.16
ハロルド作石
講談社 (2003/06/13)
売り上げランキング: 152,092

はっちゃんこと初芝清選手の登場シーンが見たかったのが一つ。
前々から気になっていたのが一つ。
パリーグプレーオフを目前に、野球熱が盛り上がっているのが一つ。
つーわけで、ある意味伝説の野球漫画、ストッパー毒島をヤフオクで落としました。
作者はゴリラーマンで男子高校生のハートをキャッチしたハロルド作石氏。

今、一気読みの最中。
ものすげぇおもろい。
毒島の個性は個性として、脇がよすぎ。
ライバルもいるし仲間もいる。
序盤のライバルが影薄くなったり、新たなライバルが兄貴だったり。
野球漫画につきものの努力ネタもある。
一軍監督がヘボで二軍監督がすげぇってのもいい。

なにより球団マスコットのチックくんがいいッ!
鴎ファンの先輩にチックくんはすごいって話を聞いてたんだけど、ものすごい。
旧型マーくんと競り合う下りはちょっと涙w

どうでもいいけど、最終戦ダブルヘッダー、相手がマリーンズって…。
しかも主人公最大のライバルもマリーンズ所属だし。
よくよく考えると当時のマリーンズ監督は近藤昭仁氏。
「もっと強い球団の監督がやりたかった」と迷言を残した暗黒時代の監督さんです。
ハロルド作石氏、ガチのロッチファンかもね。

まぁ、近藤昭仁氏はベイ暗黒時代の監督さんでもあるんだけどさw

続きを読む
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年09月12日

読書の秋

復活―十の不死鳥伝説
後藤 正治
文藝春秋 (2000/03)
売り上げランキング: 311,828

今日から通勤時に読んでる本は「復活−十の不死鳥伝説/後藤正治」
スポーツ選手の復活劇を描いたノンフィクション。
元ダイエーホークス、代打の切り札、カズ山本選手とか…。
つぶやき戦法でおなじみの野村克也氏とか…。
プロ野球選手以外にも、ウィニングチケットでダービーを勝った柴田政人騎手(現調教師)等が登場。
怪我や事故からの復活劇を描いています。

ただ、「復活−十の不死鳥伝説/後藤正治」なんですが、電車の中で読むのはかなり危険。
私の涙腺刺激しまくり。
ホント、朝っぱらから泣きそうになったですよ。
自分がスポーツをしないので、こういう復活劇とは無縁なんです。
でも、スポーツ選手が復活するまでの苦闘ってのは見ていてグッと来る方なんです。
ジャイアンツは好きじゃなくても、桑田投手の復活までの道とかね。
基本的に浪花節好きなんだろうなぁ。

図体のでかい男が電車の中でウルウルしてたら、そっとしておいてくださいw
posted by おさない at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年09月08日

おくやみ

訃報:見沢知廉さん46歳=作家 飛び降り自殺か
獄中をリアルに描いた小説「調律の帝国」などで知られる作家、見沢知簾(みさわ・ちれん<本名・高橋哲央=たかはし・てつお>)さんが7日、横浜市戸塚区の自宅マンション8階から転落し、死去した。46歳だった。神奈川県警戸塚署は飛び降り自殺とみている。
世間的にはあまり知られていないかもですが、私は結構好きな作家さんだったんです。
別冊宝島か何かの獄中記で氏を知り、単行本を購入。
本当に体験した者で無いと書けないリアルさがゾクゾクしたですよ。
千葉刑務所を出所する前後の下り、お母さんとのやりとりとかグッと来たし。
「囚人狂時代」とか「天皇ごっこ」とかホント面白いのよ。
機会があれば、是非読んでもらいたいところ。
天皇ごっこ
天皇ごっこ
posted with amazlet on 06.02.15
見沢 知廉
新潮社 (1999/07)
売り上げランキング: 38,779
「調律の王国」はまだ未見なんで、本屋で探してみようっと。

しかしなぁ…。
以前書いたことあるけど、自殺はいかんですよ。自殺は。
見沢さんのばやい、いろいろあったみたいだけど。
私も今年で29。死にたくなったことは何度もあります。
精神的に追い込まれたりとか、理由は様々。
でも、死んだらそこで終わりな訳ですよ。
そっから先は何もないわけですよ。

だから、何があっても自ら命を絶っちゃいけない。
ダメ、絶対。
posted by おさない at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年08月27日

ブックオフ

古淵のハードオフに行ったと言うことは、ついでにブックオフも回ると言うこと。
お約束だわな。
いいタイミングで単行本はどれでも500円セールをやっていたのですよ。
html関係の本を2冊、鉄系の本を1冊購入。
html関係は趣味と仕事の両面で使えるであろうと。
参考書程度に活用って感じですな。

そうそう、忘れちゃいけないのがセール対象外の本も購入したんですよ。
ジャンルは児童書w
あの、子供の頃に読んだ学研とか小学館の百科事典系を2冊購入。
両方とも鉄関係だってのは言わずともバレバレでしょうかw
鉄な幼少時代を送って、三十路を前に鉄が再燃している漢にはど真ん中。
ノスタルジーに浸りながら眺めています。

写真ももちろんいいんだけど、子供向け百科事典の絵もたまらんよね。
なんつーか、いかにも子供だましでさw
こういうのに萌えたからこそ、今の自分があると思うと、思わずニヤリとしちゃうわな。
posted by おさない at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年08月25日

宇宙の法則世界の基本

宇宙の法則世界の基本
太田 虎一郎
コアマガジン (2001/05)
売り上げランキング: 110,735

このあたりで勧められていた漫画を購入。
3巻が新刊で1,2刊は入手が難しいらしかったのね。
ヤフオクチェーック!

あ、あった。
しかも安っ。

速攻で入札して、入金。
雨が強い今日、無事に到着したですよ。
久々に入札したけど、便利な世の中になったもんですなぁw

うんうん。
とりあえず全3巻をパラパラ読んでるけど、太田虎一郎さんの絵は和むねぇ。
4コマ漫画で内容があんまり無いのがいい塩梅だわな。
ドキドキ対決は思わずうなずく点が多かったり。
漢ならうなずくこと請け合い。

しかし、本の置き場がだんだんと無くなってきたなぁ(苦笑)。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年08月23日

神保町

なんとなくで神保町に行きたくなる。
たぶん、明日も会社帰りに東京方面には行くと思うんだけど、無性に行きたくなる。
今日は東急東横線、渋谷経由でGo。
東京メトロ半蔵門線を乗るたびに思うけど…。

東武動物公園行きってどうなんだんだろ。

まぁ、南栗橋行きよりましだけどさw

神保町では目当ての古本屋がギリギリでオープン。
行きたかった大型書店はすでに終了。
せめて9時まで開けて欲しいと思うのはわがままでしょうか?
7時半とか8時ってやっぱり早いよね。
まぁ、いわゆるな専門店街だから仕方ないっちゃあ仕方ないんだろうけど。

とりあえず、めぼしい本を数冊ゲット。
ゲットした本を読みつつニヤニヤ。
そしてあることに気づく訳です。

まぁた蔵書が増えとる…_| ̄|○

天の声が買っちゃえと言ってた「宇宙の法則 世界の基本」(1)(2)をオフで落としたってのもあるしw
本の置き場所考えなくちゃなぁ。
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年08月22日

鉄ヲタ本(1)

古本屋で仕入れた本を読む。

主婦と生活社刊
「最新ブルートレイン」

昭和55年発売のブルートレイン本。
主婦と生活社が鉄系本を出す位、当時は人気だったんですな。
今でこそ惨たんたる状態の夜行特急群も当時は相当数が走っていたのですよ。
ガキの頃は青い特急、ブルートレインはある意味あこがれの対象だったし。
一部の豪華寝台特急以外はどうしようもなくなっている現状はちょっと寂しいね。
それにしても20系客車はかっこいいねぇ。
今でも現役の14系・24系よりパッと見はダンチだな。
丸っこい形がかっこよくもあり可愛くもあると。

しかし、背表紙や中表紙の銀塩一眼レフカメラの広告に時代を感じるですよ。
広告を出しているメーカーは、今も一線級のオリンパス。
広告文の内容が何とも言えずクラシカル。
昭和は遠くになりにけり、か。
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年07月29日

お買い物

今日は漫画を1冊と本を1冊買いました。
本物の電車男、横見浩彦さんと菊池直江さん(と編集のカミムラさん)が織りなす珍道中。
鉄子の旅 4 (4)
鉄子の旅 4 (4)
posted with amazlet on 06.02.14
菊池 直恵
小学館 (2005/07/29)
売り上げランキング: 7,677

1巻2巻のおっかなびっくり感から、明らかにコント化してる最近。
フィクションフィクション言われてるけど、ボクはノンフィクションだと思うw
ギャグキャラとしか見えない横見さんとツッコミの菊池さん。
その真ん中で意外にボケまくるカミムラさんが絶妙。
こういうテイストを夏の18切符旅ラジオ(Radio Trick5周年記念特番)でも出せればなぁ…。
ツッコミは出来ても、(漫画の中の)横見さんのような人と同行じゃないし。
ただ、私は降りた乗っただけじゃなくて観光もするんだけどね。
とりあえず、「鉄子の旅」は私の中での目標。
これからもトコトン突き進んで欲しいところです。

もう一冊も鉄関係。
普通列車編成両数表 (第16号)
ジェー・アール・アール
ジェー・アール・アール (2005/08)
売り上げランキング: 119,248

夏旅行に使うといい塩梅かと思われる「普通列車編成両数表」を買いました。
これで乗車する列車が何がくるのか、何両なのかが一目瞭然。
こういうものも出てるんだから、鉄の世界は奥が深いですな。

うむ、予定だと山陰本線福知山口で113系3800番台に乗れそうw
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年06月03日

古本漁り

会社帰りにいつもの帰宅ルートからは思い切りはずれて横浜線に乗車。
進路を相模原方面へ。
古淵駅近くのブックオフとハードオフへと向かいます。
明日の帰りに寄れば良いんだろうけど、たまには寄り道って事で。
時間が時間なので、ハードオフは流す程度。
欲しいモノがあって行っているわけではないので、こんなモノかな。
続いて隣のブックオフ。
古淵駅前店は比較的大きな店舗なので、またーりと古本漁り。
雑学と鉄道系の105円本を2冊。
もう一冊は鉄道系ムック本「列車名鑑2000」
5年間で愛称付き列車がこうも変わったかとしみじみ読んでいました。
「さくら・はやぶさ」のヘッドマークも最初は格好悪く見えたのに、改めてみると良い味出てます。
いわゆる"在来線の特急・急行列車"が減っていくのは寂しい限りですなぁ。

新幹線も最先端の技術を詰め込んでるし、格好いいは格好いいんだけど…。
正直、オレの趣味に合わんかもね。
またーりまたーり、旅情感を味わいながら乗りたいもんですわ。
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年05月02日

神保町

仕事を終え、時計を見る。
久々には東京方面に行ってみるテスト。
京急に乗って都内へ。
快特押上行きに乗り、都営三田線経由で神保町へ。
久々に行きつけの古本屋へ。
ロドスタ雑誌と鉄雑誌のザッピング。
お店の人が怪しい眼で見てたのは気のせいかしら。
鉄雑誌は自分が生まれた年と月の鉄道ファンを購入。
まだ詳しくは読んでいないんですけど、結構楽しみであったり。

その足で書泉ブックマートの6Fへ。
ヨ231が焼き印として押されている草加せんべいと旅行記漫画を購入。
煎餅はネットラジオの企画でGW中に決行する予定の近郊大回り中継時に食らおうかなと。

にしても、ああいったコーナーで人間観察してるのも楽しいかも。
いろんな人が居たさねw
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年04月19日

雑誌を買う

今日は火曜日、鉄道データファイルの日。
昼休み、栄松堂書店に行って購入。
鉄道関連とともに車関連の書籍もチェック。
ロドスタの本をパーツカタログのように購入。
週刊鉄雑誌とロドスタ本を同時に買う私。
書店のお姉さんはどのように思っているのか、気になる今日この頃。

新しいロドスタ、NAを意識しすぎてるような…。
つか、でかすぎじゃないのかなぁ?
ま、ロドスタくんは今年の車検も通して、ウチに居候させるつもりですけどね。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年04月06日

ブックオフ

昼休みは会社の近くにあるブックオフへ。
鉄系のムック本があったので購入。
たらたら眺めて、国鉄型車両に萌える。
懐古趣味というか、昔の車両の方が好きなんだよね。
後は、煙もくもくなキハに萌える。
気動車は人を育てるんですよ、やっぱり。
私は相模線で気動車の洗礼を受けていました。
とりあえず、相模線のキハは朱色の首都圏色の頃が一番かなぁ。
インチキ小田急線色は格好いいけど、ねぇ。
ま、うなるエンジンに頑張るって事を教わった、そんな感じかね。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年02月14日

今読んでいる本

ブックオフ105円投げ売りで購入。

「戦後史開封/産経新聞社編」

三戦幕末などいかにもな歴史以外にも、この辺の事件や世相の昭和史とかもいける口。
高校の選択授業で昭和史を取っただけはあります。
工業高校でまたーりしているからこそあった選択授業な気もしますがw

とりあえず、読み始めの序盤。
戦後史の事件編の章を読んでいます。
安保だ赤旗だデモだ血のメーデーだと今から考えると前時代的な話が満載。
少し昔の話でも、今となっては歴史書の中の話だもんね。
イデオロギーだのなんだのって、現代日本じゃあまり現実の話として考えられない。
今から考えると、沸騰した時代だったのですなぁ。

あたし?
あたしは面白い方に100点の人ですからね。
難しい話なんかとは無縁ですよ、無縁。
一度しかない人生だもん。責任を果たしながら、おもしろおかしく生きなきゃ。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2005年02月02日

ブックオフで買ったもの

帰ってきた名作ゲーム2
ジパング(1)(2)/かわぐちかいじ
グランツーリスモ

レトロゲーム紹介はまたーりと読むのに最適。
ジパングは最近、アニメの影響で欲しかったのですよ。
100円本コーナーで2巻発見したので回収。
グランツーリスモは持っていたはずなんだけど、部屋で紛失。
久々にオープニングが見たくなって100円で回収。
ホント、ブックオフは私の生命線。
まじめな本から変な本、映像にゲーム…。
ゲームは価格調査が脳内で出来るから、あまり利用はしないんですけどね。
ブックオフの中古ゲームはちょっと割高なのですよ。
店によっては安いのもあるんですけどね。

とりあえず、私にストライクな本が多いブックオフ。
2時間ぐらいなら平気で時間をつぶせるステキな場所です。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2004年09月21日

○○大百科シリーズ

昨日おとといの番組Dとの雑談で出てきた話を紹介。
どの辺りの頃からプロ野球ってわかる? って話になったんです。
あーじゃないこーじゃないと話しているウチに出てきたのがケイブンシャのプロ野球大百科。
オサナイはこれで源五郎丸投手を知ったんですよ…とか、そんなヨタ話でした。

あ、そうだ…。
この前、ブックオフで復刻版だけど「特急大百科」を手したんだよね。
もちろん、写真とかで荒い部分はあるんだけど、当時の感覚が甦ったですよ。
内容文の子供だまし加減がまた良くてねぇw
情操教育にぴったりだなぁと思った次第。
この本から鉄になっていった人も多いんだろうなぁ。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2004年09月07日

本屋さん

病院に行った後、近くの本屋へ。
買う物と言えば「鉄道データファイル」のみ。
あとは…あの「民明書房」の本が出てるらしいんですよね。
それがあれば買うかなぐらいの勢い。

ただただまったりしながら本屋をうろつく。
特にこれを買いたいアレを買いたいとかは無いんです。
それでもウロウロとしてるのが幸せ。
大きい本屋であればあるほどうろつくのが楽しいんですな。
大人買い出来る財力があればいいんだけど…w
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Books

2004年08月23日

つかこうへい氏2冊

「幕末純情伝」
「龍馬伝」

ちょっと時間があったので一気読み。
歴史ifと言うより超歴史。
登場人物の記号と言う観点で呼んでました。
その中にグッと来る一文発見。

「自分が幸せになるために人を幸せにするのです。あなた自身が幸せだと思う道を選びなさい」

うむ。
まっことその通りだな。
いろんな道があるんだろうけど、がんばって探さなきゃね。
posted by おさない at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Books