2005年12月21日

(・ヘ・) 、ジャイアンツへ

巨人がロッテ小坂獲得 Gグラブ賞4度の名手
巨人は21日、ロッテの小坂誠内野手(32)を金銭トレードで獲得したと発表した。1年契約で年俸は2000万円増の1億1000万円、背番号は「2」。
あぁ、こさっちがドナドナされてもうた…|||orz
初様ゾーンが来年は無いからなのかしら。それでも守備の要だよ。
守備で飯を食える職人。選手みんなが狙っていた(鴎ネタスレではそう言うことになっているらしいw)という伝説の選手。
若手が育ったって言っても、ゴリさん(今江)と大物(西岡)がクラッシュしたらどうするんだろう。
早坂とか塀内艦長が支えるのか? 支えられるのかなぁ? 支えて貰うしかないわな。
つか、何で金銭なんだろうね。
こさっち自体も青天の霹靂ぽいし、誰か貰ってくればいいのに。
なにをやってるんだろね、たく。

逆にジャイで(・ヘ・)のポジション…。
ライバルは仁志・二岡辺りかな。
なんだ、守備で言えば(・ヘ・)は不動じゃない。
二岡は良いとして、仁志先生はだいぶ危機感持たないとだめだろうね。

つーかさ、ジャイも守備の名手が必要なら、燃えるダジャレバント職人、川相さんを戻せばいいのに。
そう言った訳にはいかのかな。

続きを読む
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年11月20日

誕生日プレゼント

千葉ロッテマリーンズの優勝パレード&ファンフェストが行われた今日。
仕事のために見にも行けないディレクターとレポーター。
Gyaoでちょっとチェックしてそれっきり。
23日にしてくれれば…。
なんて思いつつ出撃。

中継先でリスナーさんに誕生日プレゼントをもらいます。
一名の方からはロッテオリオンズとマリーンズの旧球団旗。
ちょっと汚れてるんですが…とくれたリスナーさんは言ってましたが、味があっていい感じ。
来年の応援に有効活用させてもらいます。
そして、もう一名のリスナーさんからは大物をいただきます。
元流通だかお菓子関係のお仕事をされていたと言うそのリスナーさん。
タンスの中から、こんなモノが出てきたそうで。
ピンク時代のウィンドブレーカー
横浜ファンの自分が持っているより、マリーンズ好きなたかおちゃんにあげるとのこと。
ものすっごくうれしかったです。
来年の応援、これを着て出かけねばっ。

なんつーか、レポーターになって4年。
初めて「役得」ってコトバを体感した気がしますw
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年11月15日

サムスンのアレ

ロッテのシーズン完全制覇に沸いたアジアシリーズ。
日本一のお約束、東京フレンドパーク出演も決まり、完全オフシーズンモード突入。
長かったペナントレースはロッテにとって最良の形で幕を閉じました。

さて、その千葉ロッテマリーンズの6冠目、アジアシリーズで我々は衝撃のシーンを目撃します。
我らが千葉ロッテマリーンズには12球団1愛らしいと(一部で噂の)マーくん一族+クールがいます。
その千葉ロッテマリーンズに決勝で相対したのは三星(サムスン)ライオンズ。
サムスンライオンズにもチームマスコットがいます。
そう、今回はマスコットのお話です。

私が見に行ったアジアシリーズ予選第2戦。
サムソンライオンズ対千葉ロッテマリーンズ。
内野指定席Bで観戦。4番の大村ことよしこに大声援wを送りつつ、まったり観戦。
その時は目前に来るマーくんとリーンちゃんしか分かりませんでした。
サムスン応援団は3塁側と結構離れてましたし。
帰宅後、関東黒鴎組通信2さんの観戦記をチェック。
マーくん達と手を繋いでいる怪しいイキモノが写っているじゃありませんか。
その得体の知れないイキモノがサムスンのマスコットであることは分かるんだけど。
このイキモノがあまりにもふてぶてしい。
さらにマリンブルーの風さんに衝撃の画像が。
お子様は見ちゃいけない、とっても衝撃的な画像です。
元気が出るテレビで半漁人とか大仏魂が演出だと知ったとき以来の衝撃です。

この「ふ て ぶ て し い 奴 ら」を見てある漫画のキャラを思い出します。
思い出したのは名野球漫画のストッパー毒島に出てくる名脇役、チックくん。
ストッパー毒島の主人公、毒島大広が所属する京浜アスレチックスのマスコット兼任投手コーチです。
私はサムスンのマスコットを見たとき、チックくんのファーストカットを思い出しました。
犬らしき姿(どうやらキツネらしい)、ふてぶてしさにまして、無気力。つか、ち○ち○w
当時日ハムの金子誠内野手に「不人気なはずだ」と言い切られてしまうその動き。
チックくんは初期状態から比べると、投手コーチを受けた辺りでモデルチェンジ。
先代のマーくんと試合中にダンス合戦したり、マーくんのダンスを研究したり。
最初のふてぶてしさに比べてかなり可愛くなってます。

それに引き替え、ネットで検索しても名前が出てこないサムスンの謎マスコット。
雄はまだしも雌の方がどうしようもなくふてぶてしいの。
アジアシリーズ公式サイトにM☆SPLASH!!やサムスンギャルとともに写ってるんだけど…。
かの国の「かわいい」と言う基準が私には分からないわw
posted by おさない at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年11月13日

アジアシリーズ決勝戦

韓猫3−日鴎5
いつもの野球とテレンコ守備のオンパレード…。

反省会直後にスタッフ達にマーくん達とサムスンライオンズのマスコットのふてぶてしさを解説。
自ら首をもぐ「ふ て ぶ て し い ヤ ツ ら」の話からマーくんの悲劇へ。
ネットで衝撃のグロ動画を発見して腹を抱えてへこむスタッフ達(苦笑)。

とりあえず、放送の片づけが終わらなかったので局でNTVを見る。
番組ディレクターの5150氏も仕事が終わったのか、一緒に観戦。
スンスケ氏のサブマリンの調整がよろしくないのかぴりっとせず。
バックの守備もプレーオフや日本シリーズの神がかった守備を忘れたかのようなテレンコ具合。
もちろん主力級を怪我で欠いていたり、二枚目の面々が出てたりなんでしょうが。
主力級を脅かすぐらいになってくれないと、ね。
キラリと光る何かがないと正直きついよね。
さらなる精進を求めたいところ。

ほぼ作業が終わったのか、ウチのボスも作業しつつ観戦。
野球の話題はあまりくわしくないボス。ちなみにホエールズファン。
そのボスはスンちゃんの応援がどうしても「釜本」って聞こえるって言い張るのですw
5150氏とともに懇切丁寧に説明。
なんとか納得してくれました。

片づけも終わったので、帰宅。テレビは無理なのでニッポン放送で観戦。
渡辺正人のホームランに大喜びな私。
もちろんロドスタの幌は完全オープン。
こういうバカがいてもいいよねw
JR相模線・上溝駅付近を走行中、ニッポン放送のアナウンサーが衝撃の事実を伝えます。
どうやらまたサムスンライオンズの「ふ て ぶ て し い ヤ ツ ら」が頭を外したらしいのです。
日本やメジャーじゃ考えられないって言ってたけど、普通に考えてもありえないでしょうw
NTVで全国放映されていないことを祈っています。

帰宅後、飯を食いながらNTVで観戦。
掛布や実況の煩さに辟易した母親がJ SPORTSにチャンネルチェンジ。
NTVはJR東日本出身、赤星選手がゲスト解説。
彼も一杯喋ってたみたいですけど、元ライトスタンド応援団って事で血が騒いだのではないでしょうかw
ま、現役選手の解説の方が的確で面白いのは確かなんですけどね。

サムスンライオンズの中継ぎ陣の出来がすばらしく、マリーンズは追加点の取れない展開。
逆にマリーンズ投手陣もヒットは打たれるけれど、後続を何とか押さえてるという展開。
緊張した展開なんだかなんだかよく分からなくなってきました。
そして迎えた9回表。藤田、藪田と繋いだマリーンズは幕張の防波堤、小林雅英に繋ぎます。
いつもの、そして盤石wのリレーですね。

日本の守護神と煽るJ SPORTSの実況氏。ちょっとニヤニヤ。
先頭バッター三振。これで大丈夫だと思った次のバッターにヒット?
守備の乱れが重なりバッターは2塁。レギュラーシーズンでは無かった光景にげんなり。
いつものことだと思った3人目、二遊間を抜ける中前安打で1点。
続くバッターはセカンドへのゴロながら、オールセーフ。
4人目は三振でツーアウト。

後一つでアジアチャンピオン。
でも、マウンドは幕張の劇場王防波堤、コバマサ。
大丈夫だと言い切れない怖さと隣り合わせ。

5人目に再び中前に運ばれ、再びテレンコ守備発動で1点。
ついに2点差。コバマサ劇場が華麗に開幕。
そりゃもう((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルですよw

しかし、劇場もここまで。
6人目のバッターを三振で打ち取りゲームセット。
結局9回は3アウトがすべて三振でしたとさ。

胴上げやら閉幕セレモニーを見て終了。
MVPは今シリーズ9打点のベニーちゃん。
ベニーちゃんのアジアシリーズになりましたね。
ボビ夫さんの日本語、何が出てくるかワクワクしながら見てました。
某新聞社東京支社長の時に不穏な空気だったのは気のせいかしらw
それにしても、宣銅烈監督は癒されるねぇ。
あと、やっぱりベニーちゃんは可愛いやw

しかし、ほぼ全周囲をマリーンズファンで埋め尽くした東京ドームは圧巻ですな。
8回裏、西岡のところで大音量のチャンステーマを聴いたときは鳥肌。
日曜日で千葉と川崎の真ん中って立地を考えると行きやすいもんね。
正直、ジャイアンツ戦より入ってただろうし。
来年はチケット取りずらそうだなぁ…。

ま、なにはともあれ、千葉ロッテマリーンズ、アジアチャンピオンおめでとう!!

さて、今アジアシリーズの個人的裏MVPを発表しておきましょう。
「タイトルがまだない(仮)」の選んだ裏MVPは!

続きを読む
posted by おさない at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年11月12日

アジアシリーズ第3戦

中星1−日鴎3
得失点だけ見てると白熱した試合なんだけど…?

局に入る直前、今日は東京ドームに行っている5150氏から入電。
先発がジョニーさんとのこと。
あーらら、うらやましって思ってました。
放送中は細かい試合経過を追えず、なんとか勝って一安心。
番組の合間、どんな試合展開だったんだろうかなぁと情報収集。
書き口が私のストライクな関東黒鴎組通信2さんのレポートをチェック。

あははは…はぁ。
…ずいぶんテレンコした試合だったんすね。

同じようなタイミングで5150氏から入電。
そこには久々の有給消化しての観戦。奮発してバルコニー席を取った漢の嘆きが書かれていました。

帰宅後、各マリーンズ系ブログをチェキ。
チェキした各サイトで書かれる「国際試合にあるまじきテレンコ具合」
勝ったは勝ったけど、ボビーさんがかなり不機嫌だったみたいですな。
TV観戦も出来なかった私がある意味幸せに感じる今日この頃。

明日は決勝。
ホント。油断してっと足下すくわれるぞ。
ゆるんだキモチを引き締めて、シャンとして欲しいですな。

あ、韓猫が決勝に上がるって事は、またあのふてぶてしいマスコット達が見られるのね。
ライオンズギャルとやる気のないダンスしてくれないかなぁw
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年11月11日

順当勝ち

台牛1−日鴎12
どうにもこうにも、大味だね。
ちょっとやけのヤンパチと言うか、なんつーか。
果てしなく生ぬるいよなぁ。
試合見ててもドキドキワクワク感が少なすぎるんだろうなぁ。

しかし、日本シリーズから2週間あいてる訳じゃないですか。
今年のプロ野球界の流行語「試合勘」はどうしたんでしょうか?
解説陣に問いつめたい気分w
まぁ、問いつめたら問いつめたで「実力差」って言われちゃうんだろうけど。
そうなると、阪神は? ってことになるよね。
解説者は大変な仕事だねぇ(・∀・)ニヤニヤ

TBS、ゲスト解説に渡辺久信氏、ハマの番長・三浦氏と初芝神降臨。
はっちゃんの的確な解説。
つか、はっちゃんていい声してるわ。
なんか、聴いていて嫌みじゃないのね。
この辺はプロのアマチュアとしての耳で判断。
来期はチームスタッフなんだろうけど、解説で十分食っていける予感。
ただし、はっちゃんの声を聴くだけで笑いがこみ上げてしまうのはどうしてでしょう。

今日は7回規程でコールド。
余った試合時間はTBSのプロ野球特番。
日本プロ野球の世界への挑戦と助っ人外国人列伝。
バナザードとかポンセ、ホーナーとかマニアックなチョイスに涙。
黒いフランコ先生の姿を見たときはちょっと感動。
つか、あの人ってまだ普通にメジャーで現役なんだよねぇ。
おそろしや…。

そうそう、今日も外野に虎な人がいたみたいですな。
カメラも早々抜かなくていいんじゃないかなと。
posted by おさない at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年11月10日

初東京ドーム

ビッグエッグ
初東京ドームはアジアシリーズっ。

会社を定時で上がり、横須賀線・中央線と乗り継いで19時チョイ前に水道橋駅。
エサは現地調達か試合後と言うことで、ドームへ急ぎます。
途中で日シリとアジアシリーズの公式プログラムを購入。
当日券販売所で内野指定席Bをチョイス。
一瞬、自由で良かったかなと思いきや、立ち見する元気もないので座席ありへ。

試合は4回裏の攻撃。
ユニフォーム着て、カメラやら荷物やらをセットして着席。
途端に橋本がソロムラン。
ポワーンと上がる滞空時間の長いHRでした。

結局、試合は韓猫2−日鴎6でマリーンズの勝ち。
力の差が歴然と出た感じかしら。
マスコットの差かもしれん。
サムスンライオンズのマスコット、ストッパー毒島のチックくん以上のふてぶてしさ。
ドアラとか目じゃないかもw
一方のマリーンズ。マーくんとリーンちゃんのカップルが登場。
いやぁ、かわいいねぇ。

かわいいと言えば、この人。
ベニーちゃん
今日はライトを守っていたので、結構間近に見られました。
打つ方ではちょっと活躍できなかったみたいだけどね。
でも、丸々としてるベニーちゃんは可愛いねぇw

しかし…。
コバヒロ
今年生観戦が6試合。そのうちの3試合の先発がコバヒロなのですよ。
あぁ、来年はスンスケを生で見たいものじゃて。
ちなみに、残りはソニック(久保康友)とサーフ(セラフィニ)と地味様(清水直行)。
地味様ん時以外は勝利の美酒に酔えてるんだよね。
ま、あのときは初芝祭だからいいんだけどw

さて、今日は外野のほとんどが白いお化けに占領されてました。
ほぼマリーンズファン
すげぇ。外野スタンドが真っ白だよ。
よく見るとなぜか黄色いのがいるけど、気にしない方向で。
内野指定席にもV70のハッピ着た人がいたしね。
ま、お祭り騒ぎ最終章ってことで。

明日は相模原関係の仕事でドームには行けず。
なので、今年の観戦は今日で最終戦。
各選手への応援やチャンステーマとか俺たちの誇りを歌うのも今年は最後。
悔いの無いように応援してきました。

うむ、来年はもっと観戦に行こうっと。
マリンは行きにくい鴨だけど、ハマスタは近いもんね。
交流戦、平塚開催もあるみたいだし。

さ、とりあえずはサクッと兜の緒を締め直して、アジアチャンプになってもらいましょうか。
posted by おさない at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年10月31日

日本一特集

サンスポ、ベースボールマガジン社、ニッカン。
各紙が出しているロッテ日本一記念グラフを購入。
時間が無くて、パラパラ眺める程度。
でも、見れば見るほどにやけちゃうね。
来年もボビー・バレンタイン監督指揮の下、ペナント一位PO勝利日本一を目指して欲しいモノです。

そういや、はっちゃんは来年何やるんだろう…。
球団に残ることは確定なんだろうけど、ね。
単純にコーチってのが順当かな。
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年10月28日

通常進行

野球ネタもそろそろ〆。
今日、サンスポの特集をキオスクで購入。
おばちゃんが「おめでとうございます」と言って手渡してくれました。
こういう細やかな心遣いが嬉しい昨今。
暇つぶしで数年ぶりに勝った週刊ベースボールのおまけBBMプロ野球カード。
サクサクッとあけてみると…大物、西岡選手。
今週は目一杯マリーンズづいてましたな。

日本一になってバットを置きたいと思いますと言っていた初芝選手。
昨日のスポーツ紙にはアジアカップの辞退が報じられていたんですが…。
今日になって、パリーグ東西対抗の出場が決定。
もう少しユニフォームを脱ぐのが先になりそうですね。


(Θ щ Θ)<メガネくん、さらに引退がのびたな
(○ε○)<泣かせるなよ、問題児のくせに


全然通常進行じゃないよ…orz
posted by おさない at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年10月27日

ロッテと私(総括篇)

中学時代、10.19は近鉄でなく意地を見せる地元ロッテに肩入れ。
「テレビじゃ見れない川崎劇場」のコピーにググッと引き寄せられた私。
村田兆治投手の引退試合に行きたくても、金銭的理由から断念。
テレビ観戦で感動の涙。
中学生の私でも行ける範囲、平塚球場で行われた大洋ホエールズ対ロッテオリオンズのオープン戦。
ロッテオリオンズの試合を生観戦した唯一の試合。
3塁方面から外野に抜ける。
レガースを付けた青柳捕手を見てドキドキ。
どちらかと言えばまだ大洋色が強かったので、ライトで観戦。
ボークの判定で抗議に出てきた金やんに向かって大洋応援団とともにヤジ。

「お前が投げろ、か・ね・だ」

色々な意味で大切な思い出w


フランチャイズが川崎から千葉に移った92年。
イマイチ、ピンクのユニフォームに馴染めない私。
それでもロッテの選手がテレビに出るとちょっとうれしかった私。
伊良部、小宮山、堀……そして初芝。
フジのプロ野球珍プレー好プレーに出てきた金髪、そしてレインボー初芝。
自分の髪型なのにちょっと照れくさそうな初芝選手にぐっと来た私。
今年はどんなドキドキを感じさせてくれるのか、楽しみだった私。

18連敗。崩れ落ちるジョニー。そして涙。
珍プレー好プレーの初芝選手以外に野球に対する興味を失っていた時期。
それでもなにかこう上手くコトバに出来ないけど、ロッテは気になってました。
日本代表で出てきたジョニー。
CMに出た前後の故障。ジョニー節がなかなか聞けない状態。
チームの低迷。監督解任、休養。「もっと強いチームの監督がやりたかった」等々。
ロッテファンの先輩、5150氏と微妙に心配しつつな日々。

そして今年。
GW、千葉マリンに足を運ぶ。
2003年に行ったときとは明らかに違うテンション。
球場に行くことの楽しさを改めて教えてくれた千葉ロッテマリーンズ。
球場に行けばなにかあるんじゃないかと言うドキドキワクワク感。
何かが明らかに変わっていた。
時間をやりくりして、初のビジター観戦。
目の前で練習するはっちゃんに釘付けw
松坂投手を打ち砕く千葉ロッテマリーンズに「本物」を感じた日。

レギュラーシーズン最終局面。激戦のソフトバンク4連戦。
19日の初戦、どこにいても圧倒的な存在感を出していた男、初芝選手がいない。
試合中、初芝選手が引退を決意して記者会見を行ったことを知る。
二戦目はテレビ観戦。三戦目は翌日のチケット購入も兼ねて初のライトスタンド。
知らん人と一体になって応援する楽しさを改めて知る。
そして初芝GODサヨナラセレモニー試合・四戦目。
試合はボロボロだったけど、初芝選手の勇姿を目に焼き付ける。
野球の神様に愛されたとしか思えない活躍。
引退セレモニー後、球場全体が白い紙テープに覆われた。
そして初芝チャンステーマ。
球場全体が「オーオーはっつしば」で包まれる。
気がつけば泣いていた私。
引退セレモニーの光景は今でも目に焼き付き、耳に残っている。

翌日、フルキャストスタジアム仙台でスタメンフル出場したときは度肝をぬかれたけどねw


シーズン2位で迎えたプレーオフ。
8000人のファンを集めた前夜祭。
8000分の1の私。
スタジアム内で応援は出来ないけど、応援するキモチは確か。
最初の西武戦はラジオのスタッフをしながらの途中経過確認。
ドキドキしながらも連勝で通過。
続いてのソフトバンク戦。
さすがに福岡には行けず、第二戦第三戦第五戦と千葉マリンスタジアム行き。
パブリックビューイングで福岡へ声援を送る。
天国から地獄、そして勝利の美酒。
自分でも笑っちゃうぐらいに泣いてた。

日本シリーズ。
すべてテレビ観戦。
見たモノを感じたままにテキスト化。
トラックバックがトラックバックを呼び、顔も本名も知らないマリーンズファンと横の連携。
基本的に内輪内輪に近かったここに様々な人が訪れてくた。
ロッテファンだけでなく他球団のファンの方も来てくれたことはものすごく嬉しい。

千葉ロッテマリーンズが31年ぶりの優勝を決めたこの日。
「タイトルがまだ無い(仮)」へのアクセス数、426。PVで言えばそれ以上……。
ホント、感謝の一言しかないです。


プロ野球改革元年と言われる今年。
久々にじっくりと野球とともに歩いた今年。
プロ野球、まだまだ捨てたもんじゃないです。
来年も色々とありそうだけど…。
オレはまだまだプロ野球ファン、千葉ロッテマリーンズファンでいます。
昨日の感動をまた味わいたいから。
勝っても負けても心の底から応援できるチームをやっと見つけたんだもん。
ネタにもするけどねw

ガンバレガンバレマリーンズ!
ガンバレガンバレプロ野球!
posted by おさない at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

日本一の翌日

31年ぶりの日本一から一夜明け…。
お約束のスポーツ新聞購入。
今更ながら、前回のパリーグ制覇時にスポニチを買うのを忘れてたのに気づく。
ま、いっか。
朝日、トーチュウ、スポニチ、ニッカン、サンスポ、デイリー、報知、東スポw
デイリーが阪神最後のバッター藤本だった以外はロッテメイン。
朝日は初芝選手の談話が載っているので購入。
会社近くのローソンに全部あったのが幸いでしたな。
東スポは帰りのキオスクで購入。メインはさておき、雑学ページが使えるなぁとw
勝利の美酒第二弾、ウィスキーを飲みながら、しみじみと勝利を噛みしめます。

つか、東スポがお子様には見せられない一面じゃないorz
posted by おさない at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年10月26日

鴎、日本一!!

先輩の5150氏がPV無しにもかかわらずマリン行きとの報。
ぎりぎりまで悩んで、今日は自宅応援。
ほぼ定時にあがり。
電車内ラジオ観戦。
横浜発海老名行き急行で再び意識不明w







「..........ムラン! 行ったー!!」

かっ飛ばし区間の横浜−二俣川が終わった辺りでラジオから威勢のいい声が。
どっち? どっち?

「イ・スンヨプ、2ランホームランッ!」

ほっ。
さっさと帰宅して応援せねばっ。
今日も今日とてビジターユニに着替えて応援応援と♪

続きを読む
posted by おさない at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年10月25日

解説者達

テレ朝、ABC制作なので解説は阪神OBに谷繁。
解説+実況の阪神偏重放送にげんなり。
下柳交代でJFKの一角、藤川登場でヒートアップ。


ビックイニング


静まりかえるテレビ。
しばらくムッシュ(吉田義男氏)が喋らなかったのは気のせいかな(苦笑)。
つか、偏重実況が目につきすぎ。
最後の反省会は真弓氏が「ロッテは勢いだけじゃない」的な話をしてたのが救いかな。

しかし、冷静な分析なしにロッテをこき下ろしていた解説陣はどういうコメントを明日出すんだろうね。
大久保氏、金村氏、江本氏とかがその筋では有名ではあるけどw
JFKが出てくれば阪神に勝てるわけ無いとか、天然芝は違うとか、甲子園に戻れば…とか。
選手は粛々とやってるのにねぇ。
さー、どんな話を聞かせてくれるのかな。

とりあえず縁起物なのでデーブ大久保氏には阪神優位を貫いて欲しいですけどねw
posted by おさない at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

鴎、甲子園のマモノ討伐

ほぼ定時上がり。
今日は携帯ラジオを持っていたので、チェックしながら帰宅。
うむ、両チームとも立ち上がりは渋いか。
電車に乗り込み、空席に着席。
おかげで、一回の表裏辺りで意識が飛ぶ人w







目が覚めると阪神が点を入れてるみたい。
ちょっとげんなりして乗り換え。
試合経過の詳細は!

虎1−鴎1
あれ、いつの間にベニーちゃんが犠牲フライ打ったの?

微妙に寝ぼけながら、帰宅。
スーツを脱いで、千葉ロッテマリーンズビジターユニを着用。
飯を食いながら観戦。
ご飯中に繋いで繋いで2点追加。
これで3−1。
5回裏に下柳のところで代打、スペンサー投入。
6回表から阪神のピッチャーはJFKの一角、藤川。
ピシャリとロッテ打線を抑え、息詰まる中継ぎ対決に移るかと思っていました。

阪神には藤川、ウィリアムズ、久保田。
ロッテには藤田、藪田、小林雅。

頂上決戦、日本シリーズ。今日は息詰まる熱戦が繰り広げられる…はずでした。
たぶん、そう思って見ていた人が大半だと思います。

7回表。
里崎がエラーで出塁、続く今江がセンター前に運ぶ2塁打。
ノーアウト2,3塁。
ここで代打は俺たちのフランコ。
フルカウントから値千金のフォアボール。

ノーアウトフルベース。

続く小林宏に替えて、バッターは私と同い年の橋本。
藤川渾身のストレートをうまくはじき返して2点タイムリーヒット。
ここで阪神、たまらずピッチャー交代。
JFKの一角が陥落。
ピッチャーは桟原。

しかし、鴎の猛攻は続きます。
1塁3塁。西岡も続いてタイムリーヒットで6−1
幸一さんフォアボールでまたもやノーアウトフルベース。
バッターは福浦。何かが起こりそうな予感。
福浦が打った打球は阪神ファンで埋まるライトスタンド一直線。

グランドスラム キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!

結局、この回に7点。
ビックイニングの後は小林宏から藤田、藪田と繋いでゲームセット。
終わってみれば鴎さん、三戦連続二桁得点。
今年、じっくり見てきたけど、こんな強かったんだっけ。
…強かったんだよなぁ。

鴎10−虎1
甲子園に棲んでいるマモノが鴎に食われました。

千葉ロッテマリーンズ、31年ぶりの日本一にリーチ!
阪神は泥沼の三連敗。得点よりもファンの逮捕者数の方が多いという悲惨な状況。
このままで終わると考えず、一戦一戦大事にいこう。
PO2ndステージ第三戦の例もあるんだし。
おごらずに勝ち進みましょう!

第四戦、レアな侍ユニフォーム(黒パンツにダンダラ上)好みの左腕セラフィニ。
阪神がプロ三年目の杉山。

幕張の波乗り男、"サーフ"セラフィニか?
阪神期待の若手、杉山直久か?


大一番、日本シリーズ第四戦、水曜日18:15分プレイボールッ!
明日は(○ε○) が見られますように…(-人-)
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年10月24日

同級生を探せ

夕飯を食べた後、まったりとスポーツナビの日本シリーズ特集をチェキ。
何となくで私と同学年(早生まれは除外・1976年4月から77年3月まで)のマリーンズ戦士を捜してみる。
基本的に歳を考えて野球を見ていないので、今回は改めてって形。
日本が誇るサブマリン、渡辺俊介が同い年であるのは知ってるんだけども…。

投手
31 渡辺 俊介 1976.08.27
34 川井 貴志 1976.09.16
捕手
22 里崎 智也 1976.05.20
33 橋本 将 1976.05.01
内野手
36 李 スンヨプ 1976.08.18
外野手
3 サブロー 1976.06.01

おぉ。改めて見ると、私の同級生が結構いたのね。
よしことかスンちゃん、サトなんか上だと思ってた…w
とくにスンちゃんは国民的(ryだし、もっとベテランだと勘違いしてました。
ごめんね、スンちゃん。

第三戦以降、同級生として彼らの活躍に期待。
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

歓喜の涙から1週間

気がつけば、怒濤のパリーグ制覇から1週間。
この時期でも野球を応援できる幸せ。

連夜の二桁得点。
2連勝で敵地、甲子園。
浮かれるのはまだ早いです。
ゆっくりじっくり、勝って兜の緒を締めよ。
明日以降も大振りせず、いつも通りのマリーンズの野球をやって欲しいところですな。

ロッテ好きだと言うことが会社の面々に知られている私。
出勤直後に先輩から試合内容の話をチョロチョロと。
思わずニヤニヤ。
ロッテがんがれってコトバまでもらいますた。

それ以外にも昨日は知り合いからメール。
昨日の圧倒的な試合っぷりに驚くとともに勝利を祝うモノでした。
ホント、ありがたいねぇ。

目指せ、初芝胴上げ男泣き、だね。
最初にして最後のチャンスだもん、頑張ろうね。
posted by おさない at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年10月23日

鴎、大爆発!

虎0−鴎10
ビックマリン打線が連夜の大爆発!

エフエムさがみでの仕事が終わり、局で2点入ったところまでチェック。
ニッポン放送を聴きながら帰宅。
荷物を置いて、夕飯の準備中に4番よしこ(サブロ〜〜〜〜→↑)大爆発っ!!!
座ってフランコ爆発!
ベニーちゃんがヒットで繋がり、おかずのポテトを食べてスンちゃん爆発!
そして今江の7打席連続ヒット。

3本の花火に今江の7打席連続ヒット。
ジャイアンツファンの母親、私ともに鳥肌たちました。
ここまでくると勢いじゃなくて実力…だろうね。
結局、6回裏に一挙に5点。
マリーンズのピッチャーは私と同い年、渡辺俊介。
今日もサブマリンは絶好調。
元祖ラッキー7の阪神をピシャリと押さえる。

そしてマリーンズの7回の攻撃。

初芝神、降臨。

お約束、職人芸とも言えるサードゴロで球場のテンションをあげる神。
ワンサイドゲームなんだから、江草もかn(ry

8回に大塚明のヒットの後、ワイルドピッチ2つで1点。
ベニーちゃんもワイルドピッチの間に2塁。
そしてバッターは今江。
記録のかかる今江の今日の第四打席、記録は…。
前進守備の二塁の頭を抜けるヒット!
日本シリーズ記録更新。
ゴリさん、すげぇよ。

結局、渡辺俊介が阪神打線を零封。
ロッテ、阪神を2タテ。
いい状態のままに敵地である甲子園に乗り込みます。

月曜日の移動日を挟んで、火曜日の第三戦。
第三戦、先発ですが…鴎は小林宏、虎は下柳。
奥さんが若くw、髪型がコーンロウの小林宏之。
今期の観戦で3回見て2勝1勝敗なし。
一方の下柳はベテランながらセリーグの最多勝利漢。
ダイエーから日本ハム、FAで長年ファンだった阪神へ。

幕張の伊達男、小林宏か?
中野猛虎会の下柳剛か?

注目の日本シリーズ第三戦、火曜日18:15プレイボールッ!
posted by おさない at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年10月22日

エフエムさがみでロッテ応援番組

まず、改めての大前提として、私はエフエムさがみでパーソナリティーを担当しています。
1週間をテーマにしてお届けするウィークリーホットラインを担当。
今日はマリーンズホームのユニフォームに初芝神リストバンド装備で気合い入れです。
昨日の予告の通り、一週間を3つの曲で表現するホット3のコーナーは日本シリーズ。
以下にかかった順番で紹介。

(前略)
M11 夢への翼/えちうら
M12 トーマスオマリーの六甲おろし/トーマス・オマリー
M13 WE LOVE MARINES/M☆SPLASH!!
(後略)

正直、2曲入れても飛び道具であるオマリーには勝てませんw
オマリーの破壊力は金本のHR以上です。
番組内でロッテのパリーグ制覇の話題と日本シリーズの紹介。
先発両投手の話など。
私がロッテを応援していると…これは前々からか。
今日ばかりは需要があるなしではないんです。
持てる力のすべてをロッテの応援に傾けるのです。

でも、オマリーには勝てませんよ、ホントw

続きを読む
posted by おさない at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

霧野完勝!

虎1−鴎10

序盤は投手戦。
直行は好調時の勢いが。井川も今江の一発以外は押さえる。

虎も反撃で同点。
小技を仕掛け、若手の思いきりの良さで取られても取り返す野球。
そしてビックマリンの大爆発。
全員安打、10得点。
展開次第では神が降臨するかと思いきや…。
神じゃなくて霧野が降臨。
霧野選手の攻撃で試合はほぼ確定。
濃霧コールドは…はじめて見た鴨。
何はともあれ、まずは一勝。
明日の予想先発は渡辺俊介と安藤。
下柳という予想を外してきたどんでん。

サブマリンvs阪神打線。

俊介が地を這う球で猛虎打線を討ち取るのか?
阪神打線が意地を見せ、初戦寝ていた猛虎が目覚めるのか?

「初芝 胴上げ 男泣き」まであと3つ。
注目の第二戦、日曜日18時15分プレイボールッ!

今日はテレビ朝日の中継。
グリーンガムのCM大量投下。
やはり、4番DHよしこは強いね。
勝利の女神だ、ホントに。

あとはグラウンドレポーターの大塚光二氏の名言。

レフト、ライトの両チームの応援を見て一言。
「運動会みたいです」

霧が濃くなってきたとき、同じくフィールドの西村氏とともに「外野はなーんも見えません」て。

なんかいい感じだねw

松坂大ちゃんもなかなかいいゲストですな。
実況に投球の話を振られて、「ごめんなさい、見てませんでした」は福本師匠に通ずる気が…。
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005

2005年10月21日

虎退治へ

気がつけばダメ虎を脱却して猛虎になっていた虎。
31年ぶりの挑戦者、鴎。
似たような形のチーム。
いい投手陣、熱狂的なファン。
鴎さんチームに足りないのは金本兄貴のような強打者。
でも、ホームランで点を稼ぐチームじゃないし、打線が繋がりさえすれば大丈夫でしょう。
後はオレがオレがで大物狙いじゃない野球と劇場封印って所でしょうか。
交流戦では優位に立ったし、シーズン終盤の帳尻パワーは阪神の比じゃないとw

ここで勝たないと「初芝 胴上げ 男泣き」が出来ないっ!
ファンタジスタのコトバを嘘にしないためにも、チーム・ファンともに奮起せねばっ!

私から熊本県在住の鴎ファンにお願い。
明日の日本シリーズ前に虎退治で有名な加藤清正公縁の加藤神社にマリーンズ日本一の願掛けを!
posted by おさない at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005