2008年01月17日

決定版 SL大図鑑・国内編

こんばんわ、久々に髪の毛を青くしているおばあちゃんを横浜で見たオサナイです。

さて、今日は12月30日のNHK BShiで放送していたSL特集のお話であります。同じ日の前の枠では海外編も放送されていたそうですけど、海外への興味が皆無なアタシですので完全にスルーさせて頂きました。

ただ、韓国・台湾はプロ野球も含めて地元アイアンにも多少は興味があるんですけどね。パスポートを持ってないので、行きたくても行けないというそんな罠があったり無かったりします。つか、ホームスタジアムでハッスルするブレオを見てm(ry

国内のSLの歴史を振り返った今回の特番。歴史パートと現在も残る動体保存機(現時点では静態に切り替わった子含む)の走行映像をまったりと流すというパートの構成。さらに合間合間の豆知識が挟まって、個人的に眠くなりがちな走行シーン(睡眠導入効果があるみたいで、どうにもおねむがやってくるんですよ)飽きさせないという、結構凝った作りでありました。

明治、大正、昭和初期の貴重な映像や動体保存機達の「生きている姿」にもうアイアン派な私はドキドキ。急行ニセコ@C62の現役当時の重連での走行シーンと復活当時の映像には武者震いしました。ただ、JR北海道所有のC62 3は今は静態保存に切り替わっていて、2号機も梅小路のスチーム号のみの動体保存機。ハンパ無い迫力の本線走行は……過去帳入りなのかも、しれませんね。

番組終盤、大井川鉄道でのSL整備風景やSL末期の喧噪を映した映像にドキドキ。対向列車として出てくるキハ58/28なディーゼル車に何とも言えないときめきを感じたり、東京駅のさよならSLシーンで新幹線と併走するシーンには何とも言えない寂しさを感じてしまいました。アタシぐらいのアイアンが寂しく感じるんですから、当時全盛期を迎えていた人たちの寂しさはもうハンパ無かったんだろうなぁと思うわけであります。


……実はアタシ、梅小路のSLスチーム号だけしか蒸気機関車牽引の列車に乗ったことがないんですよ。今回のこの番組を見て、なんだか無性に蒸気機関車牽引列車に乗りたくなってきたんですよ。アタシの巣は神奈川のど真ん中なわけで、そこから考えると秩父鉄道のパレオエクスプレス、真岡鉄道のSLもおか号、大井川鉄道のかわね路号の3つからのチョイスとなるわけですな。本格的なやきうシーズン到来前の来月の祝日辺り、どこかしらに出かけてしまうかもしれない自分がちょっと怖いです( ´∀`)
posted by おさない at 20:55| Comment(3) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン
この記事へのコメント
そんなオサナイさんにSL南房総号

http://www.jrchiba.jp/press/press181026_2.html
Posted by こりんご at 2008年01月17日 23:52
>>こりんごさん
南房総号のポスター、先日ドロンした時wに駅で見ました。なんか、スペサルな場所に行くと、イライラが募ってしまいそうでいやんでありますw つか、気が付けば一ヶ月前を過ぎちゃってますし、指定券が厳しそうな予感で一杯です。

むしろ、ドライブがてら大井川でもいいでしょうし、ホリパス使って真岡とかもいいかなぁ、なんていう風に思ってますよ。
Posted by おさない at 2008年01月19日 14:38
やはりイベントのSLってのはちょっと勝手が違いますか。前回の千葉DCのSL運転ではえらい騒ぎになってましたしね。

大井川、なかなかいいですよ。ってかもっと乗りに行って支援してあげたい鉄道のひとつですよね。国鉄型なタンク機にタイ時代の姿を再現したC56とか…

行きはSL、帰りは京阪とか南海とか近鉄特急に乗るのもまた一興かもしれません。

アイアンつながりでトラックバックしましたが、受信できてますでしょうか?
Posted by こりんご at 2008年01月19日 23:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9668038
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック