2008年01月15日

いかすバンド天国2007

14日、撮り貯めていた年末特番を一気に見ましたよ。今週はほとんどのその辺の話に終始するかしらと思われます。注目のネタがあればその都度チョイスするという、そんな塩梅であります。

っつーわけで、ネタバレもあるでしょうから、各回共に改行の後に感想とかネタを書いていきますよ。

1989−90年、バブル期の深夜のテレビ番組が面白かった頃の伝説的番組「平成名物テレビ 三宅裕司のいかすバンド天国」の復活特番で、当時厨房に成り立てなワタシはようやく一人部屋を貰い、14インチのテレビを通じて見ていたような、そんな記憶がありおりはべり。裏番組だったオールナイトフジは最終回だけ見たような気がします。でもまぁ、絵に描いたような昭和の厨房でしたから、気合いを入れたとき位しか最後まで見られなかったんですよ。なもんで、最後まで見終わり、第二部の司会、横浜銀蠅の翔さんを見ることは本当に稀でありましたw

今回の復活版を見ていたのですが、キモチ的には一瞬で中学時代に遡ってしまいました。あの年代、独特の熱気というか、何とも言えないうねりというか……。歌謡曲の紹介などでよくある「歌は世につれ、世は歌につれ」と言うコトバが本当にしっくり来るなぁと言う気分。「インディーズバンド」というコトバがまだ無い頃の「アマチュアバンド」な皆さんの熱気が本当に蘇りました。今回の復活で時間の都合上、少しだけしかかからなかったバンドの中でももっと見たい楽曲がいっぱいありましたしね。アタシとプラス10歳マイナス3〜5歳ぐらいなら今回の特番は楽しめたんじゃないかなぁと。逆に若い子達の感想も聞いてみたいんですけどね。

そんでは最後にざっと箇条書きしていきましょうか。

・グランドチャンピオン達(今回紹介してたのはフライングキッズ、BEGIN、たま、マルコシアス・バンプ、BLANKEY JET CITYと言う4組のみ)はやっぱりどっか抜けてた
・フライングキッズ(昨年再結成したそうで)の曲は本当にツボ
・remoteと故・池田貴族氏が格好良すぎる件
・でも元気テレビなら確実に高田純次さんがいじりに走ってただろうなぁとw
・「KUSU KUSU」とか「マサ子さん」とか「PINK SAPPHIRE」とか「宮尾すすむと日本の社長」とか「スイマーズ」とかもうね。
・SET隊登場に感動の涙w
・「さよなら人類/たま」に涙。
・「BEGIN」はやっぱすげぇや。
・イカ天が特集されている「30-35 Vol.7」を買いに行こうと思う


・(当然の事ながら)GLAYが無かったことになっている件w


・40歳でも相原勇はおいらのツボな件



上にも書きましたが、上は10歳ぐらい、下は3〜5歳ぐらいまではイカ天な世代だとあたしは思うんですよ。アタシが「うは」と思ったのがこの程度ですけど、もっともっと思い入れが強い人も多いんじゃないかしらと。そんな皆さんの熱い気持ちも聞いてみたいなぁと思った今日この頃です。

とりあえず、週末のウィークリーホットラインからしばらくはイカ天系の楽曲を入れていこうかしら、なんていう風に思っていますよ。


改めてな参考URL
三宅裕司のいかすバンド天国(Wikipedia)
三宅裕司のいかすバンド天国に出場したバンド(Wikipedia)
posted by おさない at 20:57| Comment(2) | TrackBack(0) | エイゾウサクヒン
この記事へのコメント
吉田健の髪型については誰も触れなかったなw
Posted by 5150 at 2008年01月15日 22:55
>>5150氏
おとっつあん、それは言わない約束よ( ´∀`)

つか、20年前の映像でかなりきていt(ry
Posted by おさない at 2008年01月15日 23:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9536703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック