2006年06月03日

稲城兎 vs 湘南海(第6回戦)

県立相模原球場
放送終了後、地元相模原で行われた湘南シーレックスと稲城ジャイアンツの試合を見てきました。野球話を番組で良く話すのを知って、エフエムさがみのえらいさんがチケットをくれたんですな。ありがたやありがたや。

17時までお仕事をして、そこから車で30分。いつもであれば10分もあれば着くんですけど、夕方と言うこともあってか結構渋滞していました。スタジアム周辺にはリトルリーグの子達で一杯。ファームとはいえ、プロのプレーを地元で見る貴重な機会ですからね。でも、ボールくださいで右往左往はおにーさん、どうかと思うぞ。

今日は稲城兎がミ`ナ´ミ(南)と(・ェ・)(實松)のバッテリー、湘南海が〔 `」´〕(吉見)と(*´д`)(武山)のバッテリーでスタート。えらいさんはすでに先乗りしていて、バックネット裏のいい塩梅の席を取ってくれてました。今日はカメラの調整登板と野球観戦を味わおうとワクテカであります。

飛ぶピッチャー、吉見対貫禄のスラガガー、サネサネの対決を楽しみにする鴎ファンな私。どっかに毒されてますなw

なんつーか、吉見の貫禄勝ちでしたな。両チームとも上に戦力を供給しているため、最終的には投手の力がモノを言ったんじゃないかしらと。なにせ、吉見は投げては7回2/3を2失点、打っては加登脇から2ランホームランと一人で野球してました。2失点も自らのエラーとパスボール絡みですから、本当に一人で野球やってましたよw
後を受けた牛田もなかなかいいピッチングしてたかな。ずばずばまっすぐを決めていく様は見てて気持ちよかったですよ。

貫禄の三振サネ
さて、稀代のスラガガー、實松選手。貫禄を楽しみにしているアレな私でしたが、三振が数個にヒット1つ。守備では序盤こそ盗塁フリーパスでしたけど、試合後半はきっちり刺してましたね。頑張って、上に上がって欲しいサネ。

試合は結局2−3でシーレックスの勝ち。万永、野中、田中一とププ会メンバーが最後に揃ったときはニヤニヤでしたw 勝ったときにはレックが大喜びしてましたよ。シーレ開催ということで、ヒロインまであったのには驚き。シーレは色々頑張ってるんだなぁってのを実感しましたよ。

しかし、阪神ユニを着た人はどこにでもいるなぁ…(苦笑)。

さて、D70s慣熟撮影分はRadio Trick -光画部-でどうぞ。サネサネ分を捕球してくださいw
posted by おさない at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/803609
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック