2007年11月28日

オサナイ的オンガクチョイス

師走を目前に色々とバタバタしている昨今ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

平日はまぁ平日で忙しいのですが、客観的に見た場合のメインは土日の業務にあると断言できるかしらと。むしろ、平日業務では一リーマンでも土日業務になると一気に立ち位置が変わる不思議な兄ちゃんですしね。先日の営業絡みな中継も先方さんから好評だったとか言う話を聞き、本当にありがたいことだなぁと思うわけであります。


土曜日はワンマンタイプ(ミキサーその他も担当)のパーソナリティー、日曜日は番組内の(間違った意味でのw)マスコット的立ち位置でありたいレポーターの中の人……。


他の同世代よりオンガクを聞く機会も多いですし、気にしている機会も多いのです。どこかでネタにならんかなぁと虎視眈々と生きているという状況でったりするのですよ。今年、土曜の番組の選曲面や個人的趣味に置いて、一番参考にしていたのが自分自身で足を運んだスタジアムで耳にする様々な音ネタであります。試合開始前に流れている有線、選手の入場テーマ曲、各種演出でかかる曲、外野応援が歌う応援歌、そしてその元ネタ、スタジアムで行われる各種アトラクションで使われていた曲、球団歌……。最新の曲であればその週末の選曲の参考にしていましたし、気に入った曲はCDで手元に置こうと積極的に動いていました。こうして考えると、スタジアムには投球音や捕球音、バットの音、走る音以外にも沢山の音……オンガクにあふれているんだなぁと言う事に改めて気付いたしだいでして。


今日買ってきたCDはまさにスタジアムで聞いた、そんな音モノでありました。

今シーズン、名古屋の蒼き漢・ドアラを見る機会が本当に多かったのです。5月のナゴド・マリン、8月・10月のハマスタ、11月の東京ドーム……。ドラゴンズ広報部の施策により、今年はマスコット達だけではなく、チアドラの皆さんの遠征も顕著だったのかしらと。10月のハマスタ以外は何だかんだで遠征でしたしね。

チアドラの皆さんの遠征と言えば、今年から始まったD-STEAGE出張版。私は幸いなことに、今シーズンのドアラ振り出しとなったGWのナゴヤドームでホームのD-STEAGEを見ていたんですよ。パオロンの愛らしさ、シャオロンの機敏さ、ドアラの挙動不審さ以外に私の印象に残ったのはチアドラさん達のキレのあるダンスとその選曲であります。遠征で出張版のステージを見るごとに「どうせならD-STEAGE使用曲を公式に上げてくれないかなぁ」と言う思いと、手持ちで持ってる曲が多いなぁという感想、そして選曲の嗜好が自分の嗜好と近いことを知ります。


ギョイーンと激しいギターの轟音から男性ナレ屋さんの声が入り、ドキドキとワクワクが入り乱れるオープニング曲。


演目の中の曲(Love & Joy/木村由姫、自由/女子十二楽坊、Celebration/The Kool And Gangs、All For You/Janet Jackson など)は分かったのですが、オープニングのヘヴィなメタルっぽい曲が分からないままにシーズンオフに突入……。

にっちもさっちもいかないので、ドラ公式に曲目問い合わせをしようかしらと思った先週の土曜日のことでありました。CD庫の中から馬場社長時代の全日本プロレステーマ曲集を引っ張り出し、エッセカスタム・黒モチドアラ号の中で聞いていたときのことです。「ジョニー・エース」ことジョン・ロウリネイティスのテーマ曲が流れていました。……歌い手はオリジナルではないけど、どこかで聴いたことのある曲。この曲は……!?


コレだ! D-STEAGEオープニングアクトに使われる曲はこの曲だ!!


曲名からオリジナルの人を検索、言われてみれば聞いたことのあるアーティストでニヤリ。試聴して間違いがないことを確認して、今日のお昼休みにタワレコで買って参りました。

グレイテスト・ヒッツ
モトリー・クルー
ユニバーサル インターナショナル (2006/01/25)
売り上げランキング: 5834

D-STEAGE、オープニングアクトで使われていたのはMotley Crueの「Kickstart My Heart」でありました。かなりハードな曲調でハートが滾ってきますし、GWのドキドキ、マリンのドキドキ、ハマスタのドキドキが昨日のことのように思い出されてきます。


球界に名だたる……かのメタルマスター、初芝清氏(元・千葉ロッテマリーンズ)は引退後に出演したラジオ番組でこう語りました。

「歳をとればとるほどデスメタルにハマっているんですよ」

メタルマスターの影響からか、「METALLICA」を振り出しに「KISS」だの「BON JOVI」だの「Van Halen」だの「AEROSMITH」だの、洋楽なHR/HMの方面に嗜好が振られている昨今。Motley Crueにもちょいちょいつぼを押されている今日この頃であります。この辺、毎年1月に横浜アリーナに誘って頂いている先輩やら、アタシがラジオの中の人になったきっかけである中学校の先輩やらに色々とご教授頂かなくては( ´∀`)


ただまぁ、邦楽はどちらかというか固定のアーティストをじっくりって塩梅だったりするんですよね。次回はそんなお話でも書いていこうかと思います。
posted by おさない at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | オンガク
この記事へのコメント
Tommy Leeがグルグル回転するのと同じ位マサオの髪型は見る度にビックリさせられますwってなんの話しだよ。
Posted by 代議員議長 at 2007年11月28日 23:56
>>議長殿
マサオが誰かと思ったら……。

確かにあの髪型は卑怯ですよw
Posted by おさない at 2007年12月01日 19:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7309768
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック