2007年11月19日

大社ドラフト終了の巻

山を越え谷を跳び〜

本日、大社ドラフト・育成ドラフトが終了しました。皆さん、今年も指名に向けて準備万端だったかと思われますが、いかがでしたでしょうか? 私は相模原三十路ーズの選手としてルーキーイヤーを終えt(ry

と言うわけで、まずはかもめーずの指名選手をざっと見ていきましょう。

1 服部泰卓 投手 トヨタ自動車
3 根本朋久 投手 横浜商大
4 伊藤義弘 投手 JR東海
5 下敷領悠太 投手 日本生命

ハットリくんが千葉にやってくるの巻。
根本くん加入でダブルネモト結成。
アイアン派やきう好き期待のJR東海所属選手。
本格派アンダースロー投手の難読投手。

以上、大社ドラフトは完全に投手のターン。ドラ一のハットリくんは世代的に忍者ハットリくんネタが早くも盛り上がっている様子。是非入場テーマはユニコーンの服部かハットリくんのオープニングテーマでやって頂きたいところ。

根本くんは情報を集めると、赤丸急上昇で伸びてきた左腕。伊藤くんは速球派右腕でシンデレラエキスプレスとかワイドビューひだとかワイドビュー南紀とかワイドビューしなのとかワイドビューあさぎりとか、快速球を投げ込んで、アイアンなあだ名が付いてくれることに期待。

5巡目の下敷領(しもしきりょう)くんは本格派アンダースロー投手。なんとなくアンダーではなく、シュンスケタイプのアンダースロー投手で、かもめーずな人々もすでに注目していたと言われる選手。身近なお手本でさらなる飛躍に期待ですね。


そして今回、育成選手ドラフトでかもめーずが初めて獲得した育成選手をチェキしてみましょう。

1 池田健 投手 青藍泰斗
2 宮本裕司 捕手 高知ファイティングドッグス
3 小林憲幸 投手 徳島インディゴソックス
4 白川大輔 内野手 高知ファイティングドッグス
5 大谷龍次 外野手 日立製作所厚木

1巡目の池田くんはなんかもう漫画の中の人みたいな豪快なフォームで投げる選手なようで、ハングリーなキモチで餓えに這い上がって頂きたいところ。

それにしても四国ILモテモテですな。北信越BCからも指名選手(石川ミリオンスターズ・内村選手→楽天・育成枠)があり、四国九州IL・北信越BC共に育成としての独立リーグの面目躍如かしらと。特に宮本くんはアタシがインタビューした数少ない有名人の一人、藤城和明監督の下で研鑽を重ね、今回、育成ドラフト2巡目で指名と相成りました。4巡目の白川大輔選手は来シーズンから徳島インディゴソックスへ移籍という話がある中での指名。小林憲幸選手は徳島インディゴソックスのクローザーとして活躍。小林枠補充のためにも熱い活躍を期待しています。

そして最後の指名選手となった大谷龍次選手(日立製作所厚木)。名前で検索をかけると、青野選手と同じ鹿児島県の樟南高校に在籍、現在は日立製作所厚木の軟式野球部に所属して、天皇賜杯第62回全日本軟式野球大会に出場した……と言うことで、もしかするといわゆるテスト合格者、なのかもしれませんね。鹿児島出身でも現在はオサナイさんの地元も地元、原チャリですぐの場所がホームな日立厚木出身の大谷選手はちょっと注目してみてみようかと思います。

さて、他球団の話題ですが……。

話題の3トップ、大場はSB、長谷部は楽天、加藤はヤクルトと言う指名権獲得に相成りました。そして、色んな意味で注目されていた多田野投手は北海道日本ハムが指名権を獲得。これに対して来季から指揮を執る梨駄洒落監督は「多田野はただの投手じゃない」とステキなコメント。梨田さんはお客さんが何を望んでいるのか分かっているのじゃないかと勘ぐりたくなるコメントで涙であります。


そして……。

楽天の編成本部長、大ちゃんの仕事が終わりました。来シーズンの去就が不透明ではありますが、来年も輝いていてくれること、輝き続けてくれることを祈っています。
posted by おさない at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6951325
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック