2007年10月31日

北海道熊 vs 名古屋竜(日シリ2007-4)

なんちゅーか、(マスコットバカ的に)もう地上波には期待しないっすよ。最後の最後に石黒さんとキモい動きをする何かが映っただけでも良しとしたいと思った秋でありました。

オサナイ家の事情が事情だけに、夕飯時は低頭平身で野球を見せて頂いている状況。僅差であれば、そんなにも嫌な顔はされないと言うことが昨日分かりましたw もう少し、広い視点で見てくれればいいのになぁと思いつつも、全員が全員、アタシみたいな人(面白い方に100点)では無いと思ったりする今日この頃。

さて、試合ですが、なんと言いましょうか、熊さんずも竜さんずもかもめーずに影響されているような、そんな試合だったのかなぁと。主な点は二つ


・新人ピッチャーにプロの厳しさを教える(主に打撃と守備面)
・得点奪取はお笑いから


最少の得点を最少の失点で粘るという、今年の熊さんらしさが全くなかった、そんな印象を受けました。一点突破力の恐ろしさを知っているだけに、小笠原投手と鈴木投手でこさえてしまった満塁の場面で押し出しの一点だけで終わってしまうとは思いませんでした。あとは、熊さんの守備陣ではあまり考えられないファンタジックベースボールも飛び出るなど、いわゆるな「いやらしさ」が無かったのかなぁと。

一方の竜はセギノールを厳重警戒態勢に、あとは1,2番(ひちょりと賢介)を機能させない塩梅。一方で自軍の1,2番(アライバ)はきっちり出塁するという態勢に入ります。ハムの投手陣がタイロン・ウッズを警戒するがあまり、森野選手とノリさんにやられていくという。お笑いが絡んだ3点にノリさんのタイムリーで2点差。最終回は仁ちゃんが文字通りのクローザーで試合終了でありました。


・ナゴヤドーム
★北海道熊 2-4 ☆名古屋竜(ドラゴンズ3勝1敗)


さて、5戦目は熊さんは中四日でダルビッシュという予想。一方のドラゴンズは……同じく中四日で川上憲伸か、山井か、山本昌さんか。流れが微妙にドラに傾きつつある中、ダルビッシュが意地を見せるのかどうか!?

第五戦はBs1での中継もあり、マスコット達も熱く燃える名古屋決戦。勝者は果たして……!?
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6388728
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック