2007年10月28日

名古屋竜 vs 北海道熊(日シリ2007-2)

今日は、床屋さんの日。エフエムさがみであーじゃないこーじゃないとやっているお仕事をさっくりと終わらせて、平塚のドンキ内にある床屋さんを目指します。

黒モチドアラ号(ダイハツ・エッセ)にはナビが搭載されているものの、現状では純正なので、走行中に映像を見ることが出来ません。なもんで、AMラジオの実況解説陣をにらめっこ。今回は斉藤一美実況、西口文也解説の文化放送をチョイス。ナチュラル気味の西口投手を一美のツッコミがイヤミにならない、うるさくならない程度に入ってきて、2828が止まりませんでした。

今日の試合は今シリーズの両軍共にキーと言われる1・2番の活躍がキーだったのかなぁと。ドラゴンズの1,2番は荒木マルチ・井端1安打も進塁打有り。一方のファイターズはひちょりの1内野安打のみで田中賢が完全にストップと言った塩梅。4番に入っているセギノールがCSセカンドステージから目覚めている状況で、今日もソロムラン。一方のタイロンさんが完全にブレーキ。ナゴドでの巻き返しを図って欲しいところでしょうか。

投げる中田はいつも通りというか、大舞台にも動じずに飄々と投げていた印象がある一方、グリンはシーズン中にはあまり無いような炎上、後手後手に回った中継ぎ陣も火消しに失敗して、気が付けば7点差。ドラ中継ぎ陣も大量得点差にゆるんだわけではないでしょうが、最終回にサイレントK・横浜商工出身の石井裕也が先頭バッターを打ち取ったものの、クルスが1アウトも取れずにランナー2人出して降板、替わりにマウンドに上がった高橋も替わり端に死球で1死満塁。


(Θ щ Θ)<なんか、札幌に呼ばれてる気がする


と言ったかどうかは分かりませんがw、高橋は代打の飯山を三振、続く代打の鶴岡を二ゴにしとめてゲームセット。ファイターズに反撃をさせないまま、闘いの場をナゴヤドームに移しての決戦・第三ラウンドになだれ込むのでありました。


・札幌ドーム
☆名古屋竜 8-1 ★北海道熊


BBとドアラの活躍が見られなくて切なくなっていた試合後半。Bs1のカメラがグリーティングを行っているBBを写し始めます。ワクワクして見守っていたのですが、スウィングスウィングも音だけしか聞こえないという切なさ。

そしてドラゴンズの勝利でゲームセット。

嬉しそうな石黒さんがだだ写りになる中w、落合監督の勝利監督インタビュー。ベンチにはヒロインを受ける中田投手。そして青い巨星、荒ぶる有袋類、サッポロで旨いもの喰って絶好調のあの人が映り始めます。

そして中田投手のヒロイン。

背後にぴったりと付けるドアラキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

相変わらず背後で堂々としたヒロインだなぁと思いながら映像を見る私。地上波ではTXが中継をしているはずと、ザッピングでチェック。……中田投手を不自然なまでにアップで撮ってるその姿に2828。Bs1に再び戻り、ヒロイン終了まで堪能。外野で喜んでいるドアラと竜応援団の姿を抜くBsカメラ班。最後の与田剛・伊東勤両氏の締めの間も後ろでちらちら映るドアラにニヤニヤしっぱなしの中継でありました。


……第三戦も、BB・シャオロン・パオロン・ドアラがテレビに映るように、期待してまっせ( ´∀`)
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6293472
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック