2007年10月25日

ストライクゾーンなCD

今日は待ちに待ったお給金日。オフシーズンは食パンで食いつなぐ生活……ではありませんがw、年末年始のアイアン旅行(とその先のカメラ新調)にむけて節制した生活を送るオサナイにとっては、久々に物欲のタガをはずしてもいい日だったりするわけで。まぁ、生観戦で使ったお給金をプールできるはずなので、これからの季節は比較的楽は楽なんですけどね。

そんなお給金日の今日、お昼の時間に先日、かもめーずのファンブックがなぜか大量に売られていたブックオフに行ってきました。廃版になっている本とか、入手しにくい雑誌類が(おいらの中の評価とブックオフの評価が食い違うために)お値打ちで置いてあったりするんで、足繁く通っているってのがあるんですわ。いい塩梅の本は見つからなかったのですが、個人的趣味のストライクゾーンなCDを発見したので買ってきました。今日はそのCDを肴につらつらと書いていきたいと思います。

※注
アフィなリンクを張っていますが、ジャケット写真が欲しいだけです。よろしくお願いいたします。

笑タイム
笑タイム
posted with amazlet on 07.10.25
ザ・ブロンソンズ 大橋巨泉 HIS 南州太郎 松平ケメ子 やや 水原弘 由利徹 つボイノリオ ブリーフ&トランクス
EMIミュージック・ジャパン (2003/09/29)
売り上げランキング: 78250

まず一枚目は趣味でありながら、たまにキラーパス的に自分の担当番組で使うネタ曲が一杯詰まったコンピレーションアルバム「笑タイム」です。冷静に考えると、家にあるCDで今回の収録曲のすべてをまかなえる気がしないでもないでもないですけどw、折角だからと買ってしまいました。M10の「マンダム〜男の世界/ザ・ブロンソンズ(みうらじゅん・田口トモロヲ)」は無駄に熱い漢のハートを滾らせてもらいました。この手のコミックソングやネタ曲はボーッとした頭で何も考えないで聞くのがいいんですよね。あとは、車で多少大きめの音量で聞くと世間様からは白い目でm(ry

いかん、ザ・ブロンソンズのアルバムが欲しくなってきているオレがいるw

西部警察
西部警察
posted with amazlet on 07.10.25
宇都宮安重 石原裕次郎 幸田薫 井上美恵子 なかにし礼 たきのえいじ 伊井田朗 池田充男 大沢孝子 荒木とよひさ
テイチク (1999/02/24)
売り上げランキング: 9373

そしてもう一枚がこれ。おいらぐらいの年代のオトコノコやファミリー劇場大好きっ子にはもう直球ど真ん中な西部警察のサウンドトラックです。パート1から3までのいいところのサントラにくわえ、グレさんの中の人と言うには偉大すぎる石原裕次郎さんが歌うエンディング前後の曲、コーナーラウンジで悲しげに歌い上げる挿入歌まで入っているステキ仕様。西部警察の再放送で覚えた「みんな誰かを愛してる」を年上の人々が集うカラオケで歌って、絶賛されたのも懐かしい思い出。しかしまぁ、西部警察のサウンドトラックはハートに響く者がありますわね。パート1のメインテーマ1は首都高をゲリラ的に使っての模擬パトカー整列走行な映像が頭に浮かびますし、パート2以降のメインテーマ「ワンダフル・ガイズ」は西部警察的なオープニング映像が思い出されますわね。

西部警察で好きだったのは、源田さん(刈谷俊介)、谷のおやっさん(藤岡重慶)、立花のおやっさん南のおやっさん(小林昭二)、二宮係長(庄司永建) と、後にある意味でアタシの方向性を変えた「踊る大捜査線」でスリーアミーゴズ(神田署長(北村総一郎(西部警察出演歴有り))、秋山副署長(斎藤暁)、袴田健吾刑事課長(小野武彦))に惹かれていった、ベースとなるオヤジ好きが西部警察にもあったのかなぁと思う今日この頃でありましたw

※ちなみに、イケメンw系統だと松田さん(寺尾聰)と桐生さん(加納竜)が好きだったなぁ。パート2以降はほら、ある意味で全国キャラバンを楽しむものだから、ねぇ( ´∀`)
posted by おさない at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | オンガク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6168396
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック