2007年10月21日

気がつけば中継のレポーター(97)

今日は2001年のレポーター就任当時以来、実に5年ぶりとなる相模原国際交流フェスティバル2007に行ってきました。
071021-145706.jpg

相模原にいながら相模原に居ないような、異国情緒漂う会場にドキドキエカエカが止まりません。

人も一杯、食べ物も一杯……。こうなりゃ、おいらの勝ちだなw

イベントモノのお約束で、初回は主催側の事務局長さんにお話を聞きました。久々のそれっぽいレポーター役にちょっと緊張していたのはナイショです。

事務局長さんと話していて、数年前におじゃましたことを思い出す私。帰宅して資料をあさってみると、確かに2001年におじゃましているんですよ。しかもその資料を見ると、レポーターの中の人になって3回目とかそんなレベルの話でして。そりゃあ、年も食うわな(苦笑)。

二回目は会場内を歩いていたオンナノコ。トモダチが出店側で、遊びに来たところを中継レポーターに確保されたという、そんな次第。終始笑いっぱなしで「箸が転んでもおかしい年頃」と言うコトバがリアルに頭に浮かびました。

最終3回目は出展側。弥栄東西高校が来年一つになるってんで、その告知舞台のオンナノコに話を聞きました。各地の民族衣装を独自のセンスで着ていたのですが、あまりに決まっていたため、日本人かどうかの確認をよくされた、なんて話をしていました。


久々にきた相模原国際交流フェスティバルですが、ネルフTシャツを着込んだ外国人女性だとかw、ムエタイのショーがあったりだとか、数年来なかっただけで、かなりグレードが上がっていたみたい。来年もお呼ばれすれば、是非行きたいなぁと思いました。来年は出店側の外国の方々に話を聞いて、自分自身も交流したいなぁと。


でも、外国語全般が苦手な罠( ´∀`)
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 中継
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6071389
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック