2007年10月14日

千葉鴎 vs 北海道熊(CS2nd-2)

相模原市・てるて公園。

パブリックリスニングwとか適当なことを言いながら、猫ファン、熊ファン、鴎ファンがやきう談義。

かしましいスタジアムが一瞬、静寂に包まれる……。

里崎ドカンで一挙に二点。続くオーティズも連続ホームラン! タイムリーまでおまけに付いちゃうお祭り騒ぎ!

終わってみれば五つのホームラン(里崎1号2ラン、2号ソロ・オーティズ1号ソロ・サブロー1号ソロ・早川1号ソロ)が飛び出る空中戦

セカンドステージ、先制すると負けの法則が未だに続いているのかもしれない。残る伝説は……コバマサナイト|||orz

**********

レギュラーシーズン中にも無かった一試合5ホーマーの空中戦でかもめーずがタイに持ち込んだこの日の試合。逆転ホームランにだめ押しのホームランと言う二発を放ったサトがこの日のお立ち台で、打のヒーローでしたが、投げる方の活躍も忘れてはいけません。

先発のコバヒロは前回のリベンジに燃えていて、そのキモチが本当に伝わるピッチングでした。初回は先制されたりと、あんまり良くないのかなぁと思ってはいたモノの、その後は立ち直り1失点・4三振と言う内容。4回途中で両足がつってしまい、無念の降板となってしまいました。コバヒロのリベンジを完成させるためには、北の闘士を追い落として日シリに進むしかないのです。

コバヒロのアクシデントを救ったのは期待のヤングとしてシーズン中は大車輪の活躍を見せた高木さんでした。スクランブル発進後、1回2/3を投げてノーヒットピッチング。この高木さんの好投に癒された(´エカ`)も一杯いたのではないでしょうかw 結果、チームが勝って、高木さんにはポストシーズンの勝ち星が。ウィニングボールを大事にしまっていたという文化放送の情報に思わず目頭が熱くなってしまいます。

ただ、熊さんずも熊さんずでかもめーずを追い立てるチャンスがあったのです。6回裏に稲葉倒れた後、死球・打撃妨害・死球とノーヒットで満塁のチャンスとか言うハンパ無い場面。こういうところできっちりと点を取ってくるのが熊さんずの怖さだと思う私はドキドキエカエカが止まりません。しかも代打は今シーズン限りでの引退を表明しているコユキさん。ここでゴッドヒットや死球を出してしまうと、流れさんが熊さんずに行ってしまう気がしていました。

6 代打 コユキさん 三振
7 熊のベニーちゃん、小谷野 遊ゴ

ギリギリでこらえたかもめーず! ちょうど中継と中継の合間で誰が投げていたのかがいまいちつかめなかったのですが、後で確認して思わず2828。投げていたのは左の地味様、左の中継ぎとして頭角を現している川崎くん、その人でありました。

テレビで見られる川崎劇場キテタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

8回表にサトの二本目が出て5点差にしたあと、8回裏は薮田さんがきっちりと三者凡退。さらに9回表にブチョサンのホームランとオーティズの犠牲フライで追加点を追加。(7点差という)満を持して我らがまーちゃんが出撃であります。7点差なら……大丈夫だよね? でも、試合は終わるまでわかりません( ´∀`)

5 熊のスペ様、対鴎スペシャリスト 高橋 三ゴ
6 おい紺田 遊ゴ
7 熊のベニーちゃん、小谷野 右飛


……セーブもへったくれもなかったのでジェノだったと見るべきなのか、これはたんなるプレリュードとして見るべきなのか、判断が難しいと思ってしまうアタシは訓練されすぎ。


・札幌ドーム
☆千葉鴎 8-1 ★北海道熊


15日の先発はシュンスケとグリン。共に自軍の野手協定の壁との闘いになってくるような気がする今日この頃。っと、15日は千葉マリンのPVに出撃予定。きのこシウマイを持ちつつ、主にマーくん達を探してのPVになると思います。2年ぶりのPV、果たして何が起きるのでしょうか( ´∀`)

※2005年PV成績 3観戦2勝1コバマサナイト
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5905470
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック