2007年09月27日

千葉鴎 vs 所沢猫(第23回戦)

画像に意味はありません( ´∀`)

ちょろっともう一つのライフワーク、マスコット達大活躍の編纂に時間を割いている関係上、ネタが少なくてどーもすいません。今日のお竹さん連発は見ていて「和製大砲って(・∀・)イイ!」と素直に思いました。来年の重量打線が楽しみですし、青竹大根の活躍を夢見るだけでご飯三杯行けそうですよw

さて、26日の試合ですが、レオ・ライナを軸に観戦しており、かもめーずベンチがよく見える内野指定。ボンバヘッドなズレータに狭山茶を吹きそうになりながらの観戦でした。やきうはやきう、ネタはネタとして楽しむアタシが猫屋敷で出会ったネタを2本ほど紹介しましょうか。


■ズレムランとホームランそばの関係

 一回の両軍の立ち上がりを見届け、コバヒロ・涌井双方ともあんまり調子が良くない印象を持ちながら、試合自体、マスコット達と共にアタシが野球観戦で楽しみにしている球場グルメ探索へ。試合開始前にトマトスープは頂いていたモノの、もう少し食べたいなぁと言うモノがあったんですわ。チョイスしたのは1塁後方にあったおそば屋さん。ここで揚げたウィンナーをバットに見立て、ウズラの卵をボールに見立てた「冷やしホームランそば」なるものを頂きました。普通に美味しく頂き、ほくほくであったところに大歓声。何かと思えばズレムランが、しかもスリーランとして飛び出しているじゃありませんか。

 今度から猫屋敷に行ったらホームランそばを食べようと心に決めましたw あと、猫屋敷でズレムランを見たのは昨年のPo以来2本目だなぁとか、最初の猫屋敷ではP様ムランが飛び出たなぁとか、猫屋敷に行くとホームランが飛び出るなぁとか思ったりした私。冷えた狭山茶が本当に美味しかったですわよ、奥さん。


■テレビじゃみれない川崎○○

 ズレたスリーランがあったモノの、猫さんも意地を見せて逆転に成功。押せ押せムードに何回も出来たのにそれをしない癒しのかもめーず打線にニヤニヤしていました。このまま終わるか、面白いことが起きるかどちらに転んでも面白いかなぁ、なんていう風に思っていたのですが、8回途中で荻野くんから川崎くんいスイッチしたとき、鴎ー図の勝利を確信してしまいました。

 なんで確信したか……。

 コバヒロ−荻野くん−川崎くんと言うどちらかと言えば勝ちパターンのリレーだったって思うのはまじめな野球ファン。ネタで出来ているアタシは違うことに注目していました。この日は先ほども書いたとおり、対マスコットをかねて、かもめーずベンチがよく見える1塁指定。6回あたりから座っている場所の6段ぐらい下に私よりいくつか上のカップルがいたのですよ。いるだけならネタにならないんだけど、そのカップル達がまた何というか「TPOってなにかね?」と言いたくなるようなアツアツカップルでして。一時期のルミコ・ケンヤ、コアラ・ジュンコかねと言いたくなる衝動に駆られそうになっていたのですが、そこではたと気づきます。


 ピッチャー川崎 + アツアツでチュッチュしてるカップル = テレビじゃみれない川崎劇場キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


 元々ホームだった川崎劇場のご加護があれば、かもめーずに勝機有り。その予感は本当に当たってしまい、9回に同点とすると10回には逆転するという状況にただただ笑っていました。川崎球場の精霊さんに感謝、ですね。


・グッドウィルドーム
☆千葉鴎 6-4 ★所沢猫


この日の試合でかもめーずのプレーオフ進出と猫さんのBクラスが確定しました。25年前というと、おいらは小学校に入り立てだったのか……。

※この日の試合で撮ってきたレオとライナの写真は「Radio Trick -光画部-」でご覧ください
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5626990
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック