2007年09月22日

千葉鴎 vs 仙台鷲(第22回戦)

昨日のスタメンとはうってかわったスタメンで望んだこの日の試合。10連戦の中のエアポケットと言うことなのでしょうか。

今日はソニックと朝井の先発。勝ちたいキモチはあるものの、先制したのは大ちゃんず。345番の連打で先制を許してしまいます。

このままずるずると点を取られてしまうのがここ数試合のかもめーずではありましたが、ある重要なファクターがかもめーずにはありました。


首位球団の優勝マジックが点灯


四回に二点を取って逆転に成功すると六回にも二点追加、七回には仙台で響くマクハリファイヤー! で一挙に四点。最終九回にも一点追加で結局九点。

ソニックは二点目をとられたところで降板。以降は荻野くんが投げた後、ここのところの酷使が心配される高木さんとコミさんのリレー。最後は吉井さんと入れ替わりで再昇格の中郷くんが閉めて終了でありました。


・フルキャストスタジアム宮城
☆千葉鴎 9-2 ★仙台鷲


気が付けば福岡からの転校生、フリオ・ズレータがあっとびっくり、かもめーずでは31年ぶりのサイクル安打を達成であります。つか、九点中七点をズレータがたたき出してんだもんなぁ。

秋の帳尻祭りは一位チームに優勝マジックが点灯してからなんだね( ´∀`)
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5558718
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック