2007年08月29日

千葉鴎 vs 所沢猫(第19回戦)

先制したかもめーずでしたが、4回に同点、5回にカツオの親友中島のツーランで逆転され、シンゴさんが7回途中で降板。コミさんがマウンドに上がったと言う話を聞いて、今日の負けを意識した私でありました。

ベテランの味、というのはシーズン終盤に遺憾なく発揮されると言うことでしょうか。コミさんは1死1,3塁のピンチを飄々と投げきり、猫さんに追加点を与えません。んでもって、1500奪三振をツーランを放っている中島から奪って、かもめーずのココロを癒してくれました。

ここでもやはり、負けを意識してしまうかもめーず。微妙に様相が変わったのは、ケガをおして出場を重ね、いったん静養に入った後、秋に向けて帰ってきてくれた福岡からの転校生、ズレータでありました。ここまで好投を続けていた帆足を継いだルーキー岩崎から追いつかない程度の反撃となる11号ソロムランを放ちます。久々の幕張ファイヤーに癒されつつ、何かありそうな予感がし始めます。ここでとりあえず8月の神様に牛肉を供えようと思いましたw

8回裏はコミさん続投。この続投がきっちりと決まり和田サン、GG佐藤、石井義の怖い猫打線を三者凡退に抑えて流れをググッと引き寄せます。この時点で何かが起こりそうな気もしたし、コミさんの好投に答える何かが欲しいという欲まで出てきました。

そして迎えた9回表。猫さんは新守護神のグラマンを投入。逃げ切りをはかります。

先頭打者だった竹原くんの代打には今日お休みだった早川部長が休日出勤として打席に立ちます。グラマンの投げた5球目は「西武には負けられない〜」と密集応援を続けていたレフトスタンドに突き刺さる同点弾。サトとオーティズの連打があり、コミさんに勝ち星をつける何かが期待されたのですが、かもめーずにお越しになった流れさんをおもてなししようとしている間にベニーちゃんとズレータが倒れ、同点のまま9回裏の攻撃に突入であります。

マウンドにはコミさんから薮田さんにスイッチ。猫さんもさよならに向けて1死からヒットで出た貝塚を福地が送り、2死2塁。片岡の打った打球はベニーちゃんの前に落ちるヒット。8月10日、自分の目の前で初めて見たサヨナラ劇が脳裏をかすめます。文化放送は大騒ぎですが果たして………!?

アウト?

ベニーちゃんの好返球、サトの好ブロックでランナー貝塚、本塁憤死。徳俵から再び土俵中央に戻していきます。

そして流れさんへのおもてなしが終わった10回表。代打の代打、秋の帳尻感謝祭実行委員と目されるコーイチさんが内野安打で出塁。さらにはTSUYOSHIがフォアでランナーが貯まっていきます。この日スタメン2番でかもめーずのドキドキを誘ったアキラさんが送りバントを決めると、猫さんは9回にホームランを放っている早川部長を敬遠して満塁策をとります。かもめーずが満塁に弱いというのを知った上での高等戦術k(ry マウンドにはこの回から山岸であります。

1死満塁、バッターは赤ウィンナー大好きなヤキソバン、サブロー。

二球のボールの後、内野手とコーチがマウンドに集まり打ち合わせ。そして三球目をバチコーンとライトオーバー、走者一掃のタイムリーツーベース!! これで3点差。猫は許さんが最後をしめています。

サブローの一打で勝負あったか、10回裏はみんな大好き、覚悟完了、四凡上等、幕張の劇場王、劇団幕張座長……マーちゃんの登場であります。今日のまーちゃんは果たしてどうだったのでしょうか?

3 カツオの親友・ナカジマ 右飛
4 トモダチのナレ屋さんにそっくりなカブレラ 遊ゴ
5 彼を見ると大仏を思い出す江藤 遊ゴ

今日は延長戦だったから、お客様の足を考えてさっくり三者凡退と読んだんだけど、大正解だったみたいですw


・グッドウィルドーム
☆千葉鴎 6-3 ★所沢猫


今年はレオとライナが自軍の敗戦後に罰ゲームをするらしいんですよ。今日も試合後になにやらやってたもより。来月末のグッドウィルドームでの試合、光画部としてはネタになる方がいいなぁと妄想中、ですよ( ´∀`)

それではパシフィックリーグ他球場をちょろっと見てみましょうか。

ステキな職員さん達でいっぱいなスカイマークスタジアムでの試合は故障明けの斉藤和巳がしっかりと抑えて100球で降板。最終回に柳瀬がジャーマン先生と舌戦付きのHR王争いをしているローズに38号を打たれたモノの、5−1で鷹さん勝利。

クラッチーナとピーマンボンジョルノカンパニーが遅めの夏休みに入ったという噂の仙台では大ちゃんずが、新婚さんを後一歩まで追いつめたモノの、ねばねば粘る熊打線に連夜のぎりぎり感を強いられる中継ぎ陣がこらえきれずに1点差ゲームを落としています。決勝打は自由契約から一転して再契約、ここぞの時には強い坪井が阪神時代の指揮官、ノムさんにきついお礼をした形でしょうかね。

順位表はこんな塩梅。
1 BB − M18
2 マーくん 2.5 M23
3 ハリーホーク 0,5 M22
4 レオ 7
5 クラッチ兄さん 2
6 ネッピー 1.5
上位3チームがこぞって勝ったため、順位に変動はなしでプレーオフマジックのみ各球団共に2減ったといった塩梅。かもめーずとしては9月に6つ残ったBBとの直接対決まで大きく離されなければって感じでしょうかね。

セントラルリーグの順位表はこんな塩梅。
1 ジャビィ −
2 ドアラ 1.5 M27
3 トラッキー 3.5
4 ホッシー 4
5 つば九郎 7.5
6 スラィリー 0.5
ドアラ−トラッキー間がちょっと開いてきているかなぁって印象かも。つか、ホッシーのところは試合消化大丈夫なんでしょうかね? 久々のダブルヘッダーとかちょっと期待しちゃったりして。
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5257760
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック