2007年08月23日

仙台鷲 vs 千葉鴎(第18回戦)

All Hands to The Choujiri!(結束、帳尻のために)

秋の大帳尻祭りに向けて、2005年に叶わなかった一位通過のためにも負けられない闘いが続くかもめーず。なんか景気のいいこと言ってますけど、どうやらそんな位置に気が付いたらいるようです。

今日はシュンスケと岩隈投手の投げ合いでありました。先制したのは今日も大ちゃんず。今日はホームラン王を99・01・03(パシフィック)・04(セントラル)年のホームラン王、タフィ・ローズ(Bs)と争う96(セントラル)年のホームラン王、山崎武司選手の華麗なるソロムランが飛び出ます。地味様が泣いていた一発病、今年はどうやらシュンスケが一発病持ちになった模様です。

しかし、お米の国で神戸牛が好きだったアイツが見守っていると思いたくなるちぐはぐ&お笑い逆転劇が待っていました。ジャーマン先生が38号をかっ飛ばしたその裏の攻撃。

4 ヤキソバン 遊失
5 オー様 中2(同点)
6 サト 投ゴ(バント失敗)
7 オオマチュ 遊安(お笑い)
8 帰ってきた炎の転校生 左安(逆転)
9 帳尻野球の申し子 左2(追加点)

今日はかもめーずとしては、楽天の栄光の架け橋使用者・渡辺直人選手の日、だったのかもしれません。結局、岩隈投手は4回で降板。以降、有銘−山村−戸なんとかさん(かもめーず戦に登板大杉w)とつないでいきます。ただ、この後、7回表終了に楽天ベンチで一悶着。カツノリコーチと4回で降板した岩隈投手が一触即発。橋上・紀藤・山田コーチ、ジャーマン先生が両者を引き離すという事件がJ-SPORTSでだだ写し。選手とコーチのいざこざと言えば、去年の交流戦でもありましたが、マリンは何かそういう事を引き寄せる何かがるんでしょうかね。

※ネタが大好きな私が独自にネット上に散らばる情報をだいたいで集めたんですが……。

「カツノリコーチが岩隈投手のホットペッパーを勝手に使ってパスタ食べた」

と言う理由を押したいと思います。比較的まったりしていると思われる楽天ベンチと言えども男の職場だって事でしょうかね( ´∀`)


シュンスケの方はジャーマン先生に一発を喰らった以降、9回2死までは順調に来ていました。あと一つアウトを取れば完投勝利。劇団マクハリのメンバーをひとまずは休ませることが出来る、そんな風に思っていました。


リックにヒット。憲史に同点弾


油断はだめ、試合は終了までが遠足……。だから野球ってのは面白いんだよなぁと思うわけですな|||orz

9回裏は楽天が新守護神にして初代守護神の半袖魔神を投入。かもめーず打線は見事に三者凡退でありました。かもめーずとしては引き分けの空気漂う、楽天の方としては勝利の空気漂う延長戦に突入であります。

10回表にシュンスケから薮田さんにスイッチ。薮田さんと言えば、アタシが初めてフルスタで観戦した先々週の10日にサヨナラ負けの立役者となっていました。しかし、今から思えばお盆前が一番のそこだったのかもしれません。鷲打線をきっちりと3者凡退で押さえ込みます。

そして迎えた10回裏。悩めるゴリがセンター前のぽとりと落ちるヒット。TSUYOSHIがバントで送ろうとするも、半袖魔神から袖者へと急速に萎え始める小山投手がストライクを取れずに四球。


迎えるバッターは何かをやってくれると皆が信じてやまない(今年から加入とは思えない)早川部長。


部長の打った打球はセカンドの高須殿下のグラブへ。ベースカバーの渡辺直人選手がセカンドを踏んで、ワンアウト。このときにランナーのTSUYOSHIが体勢を崩しながらのアシストプレー。これが渡辺選手の悪送球を誘い、一塁に投げたボールはかもめーずベンチへ。

ゴリ、悠々とホームに帰ってさよならゲームでありました。


・千葉マリンスタジアム
★仙台鷲 3-4x ☆千葉鴎


楽天の新守護神、小山に自責点はつけられなかったけど、負けはつけられたかなぁと言った塩梅でしょうかね( ´∀`)

今日は熊さんと牛さんの試合はありませんでした。

福岡では河原投手が降臨。ひいき目かもしれませんが、試合自体は作れたと思うんですよ。ただ、いかんせん打撃陣が完璧な野手協定っぷりを発揮。客観的に見てて、ちょろっと終戦のかほりが漂っているような、そんな気分で一杯です。う猫が目覚めし鷹さんと次に戦うのは………かもめーずですか、そうですか|||orz

と言うわけで、まずはパシフィックリーグの順位表です。
1 BB − M23
2 マーくん 4.5 M28
3 ハリーホーク 0
4 レオ 6
5 クラッチ兄さん 2.5
6 ネッピー 1
BBとマーくんにプレーオフ(最初っからクライマックスな為、当ブログではプレーオフと表記します)マジックが点灯しています。対マジックには最強を誇るんだけど、被マジックだと……どうなりますやら。まぁ、4.5ゲーム差がひっくり返るのも早いけど、さらに大きく広がるのも早いんだから、気を引き締めていくしかないよなぁ( ´∀`)

そして大混戦の様相を呈してきたセントラルリーグの順位表。
1 ジャビィ −
2 ドアラ 1
3 トラッキー 1.5
4 ホッシー 3
5 スラィリー 10
6 つば九郎 0
何このハンパ無い大混戦。ホッシー−トラッキー間の3ゲームはいつでもひっくり返りそうなゲーム差ですし、上位3チームに至っては2.5差でひしめき合っているというハンパ無い状態じゃないですか。こりゃ、本当に最終戦まで「見逃せないっ!」って感じかもしれませんよ、奥さん。


というわけで、試合自体PO戦線の盛り上がりと共にマスコット達の動きも活発化しています。明日のエントリーでは9月の観戦・マスコット予定などをどばっと晒していきますよ( ´∀`)
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5190265
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック