2007年08月19日

千葉鴎 vs 北海道熊(第18回戦)

秋の帳尻感謝祭に向けて突き進むかもめーずと連覇を狙う北方の雄、くまさんずの北海道決戦であります。
この試合前までで両チームのゲーム差は5。2005年になにかが起きたとき、一位のソフトバンクとのゲーム差は5だったなぁとか、ゴッドヒットには泣き笑ってたなぁとかいろんな事を思い出していました。

鴎の先発はアタシがいろんな初めて(初勝利@ハマスタ、初完封@マリン)を目撃した成瀬くん。一方の熊の先発は、マウンド上ではイライラ大魔神のグリンでありました。何となく戦前からロースコアの試合になりそうだなぁと言う予感がありありとしていました。

先制したのはかもめーず。先頭打者をフォアで出すと得点につながる率が高いなんて話をよく聞きますが、まさにそんな展開。TSUYOSHIがいきなりフォアで歩くと盗塁を敢行。その際に熊のキャッチャー・高橋選手が悪送球。TSUYOSHIが三塁まで行ってしまい、そのまま早川部長が犠牲フライをあげて1点……。ノーヒットで先制ですよ奥さん。


………以降、かもめーずは微妙にチャンスを作るモノの、後一本が出ないそんな展開。圧巻は7回に満塁のピンチを作って、お約束の無得点。この辺で動じる鴎ー図という名の紳士ではありませんが、好投している成瀬くんを助ける何かがほしいなぁと言うところでしょうか。

助けたのは昭和のイケメン、早川部長とふくーらさんのちばーずでありました。8回に先頭打者の部長が一塁線を破るスリーベースを放つと、あっさりふくーらさんが左前安打で2点目であります。堂々たる左のエースとして快投を続ける成瀬くんには心強い2点目といった感じでしょうかね。

その成瀬くんは熊打線を散発5安打・無四球で完封。防御率は1.70、11勝1敗と言うステキっぷり。今年はやってくれると思っていたんですが、まさかここままでとは……おみそれいたしやした。


・札幌ドーム
☆千葉鴎 2-0 ★北海道熊


いよいよのこり試合も少なくなってきた今、4ゲーム差で熊さんのしっぽが微妙に見えてきたと思うのは……楽天的すぎますかね。とりあえず、ズレータが浦和鴎戦に出始めてるらしいですし、夢を見てもよくなってきたのかもしれませんよ、奥さん。

秋の帳尻大感謝祭に向けて、がんがってイキマショー!
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5131092
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック