2007年06月24日

千葉鴎 vs 東京燕(第4回戦)

雨、神宮球場、ビハインド。
今から思えば、色々とフラグが立っていたのかもしれません。

雨の中継先はある意味で気が抜けない状況だったので、ほとんど経過を追っていませんでした。それでもかもめーずの先制、つばめーず追いつく……そんなあたりまでは見ていました。

かもめーず先発は地味様。神宮の地味様、観客のヤジに切れかける、なんて言うのが去年ありましたね。「恥をしれ」騒動でしたっけw
一方のつばめーずは「野球は仕事、好きなのはサッカー」でおなじみ、元メイジャーリーガーの木佐さんの旦那です。カツカツの投手戦ではなく、多少は乱打戦な雰囲気が漂っている気がしないでもないです。

つーわけで、放送後に床屋だなんだと行って帰ってきて739視聴。Jスポプラスは見られなくても721+739は見られるステキ環境( ´∀`)

とりあえず、辛口で押す平松さんに2828しつつ、元野球部マネ・磯山嬢の後を継いだおねーちゃん方が、マイクのカフを上げないで喋ろうとしている姿にはモソモソと苦言を(ry やくるつは未だに成果が上がっているんだか上がっていないんだかよく判らない(代理店主導だと思われるw)F-PROJECTの方向性をもう一度見直した方がいいとおもうんですけどね。まずは、つば九郎達を他のスタジアムに派遣をしたり、実際にお客を呼ぼうとしているメンバーが視察に行って、良いところは素直にリスペクトするぐらいの勢いをみせてほしいところ、ですね。

話が多少ずれましたが、試合の内容ですな。

結局、地味様は地味に7回途中まで投げて3失点。ふとした瞬間に一発を食らうといういつもの状況でしょうか。とりあえずは一番底の状況は脱したんじゃないかなぁと。

打線は先制した3回以降、ヤクルトのファンタジック内野陣が与えてくれたチャンスをなかなか生かし切ることが出来ません。どうやらかもめーず打線は季節通りに梅雨入りしたのではないかしらと。もうしばらくは耐えて、暑い夏と収穫の秋を待つしかないのかなぁ。


そんな風に思っていた時期が俺にもありました。


7回表に竹原くんのヒット、部長のツーベース、こーいちさんのフォアで無死満塁。いきなり劣勢をひっくり返すチャンスですよ。ピッチャーは石井一久から私が初めてかもめーずの試合を見たときの先発であり、腕グルグル&白線跨ぎのシコースキーに替わっています。シコやん登板でちょっとニヤッとしたものの、この日湿りがちな打線とかもめーずのお約束「まんるいでてんをとってはいけない( ´∀`)」縛りにどんよりとしたキモチになったのも事実。実際、ふくーらさん三振、サブローファールフライと様式美とも言うべき凡退にちょっと笑ったのはナイショです。

んで、サトですよ。上にも書いたけど、去年も交流戦優勝を賭けて競った試合をしていたときに飛び出したまーちゃんのブルペン整備サトのグランドスラム+逆転劇。今日はその逆転劇の再演が行われたようですね。最終回にはワトソン君☆が謎解きの一発を放って6点目を奪取です。

地味様の後は7回途中にヤクルトに在籍経験もあり、阪急戦士でもある期待のヤング、高木さんが一人一殺を決め、期待のルーキー、桜美林高校&町田出身の荻野くんも自分の仕事をこなしていきます。8回は薮田様が華麗に3人でヤクルト打線を押さえ込み、前回のリベンジを果たします。というわけで、9回裏は久々にぼくらのまーちゃんがセーブの付く場面で登板。こちらも久々に今日の内容を振り返ってみましょう。

9 真中 1ゴ
1 アオキピザ 右本
2 田中浩 1ゴ
3 ヤクルト面白外国人の系譜を継ぐラミちゃん 1ゴ

久々の登板でもきっちり4人、ホームラン付きという神宮のお客様配慮仕様のまーちゃん……恐ろしい子!


・神宮球場
☆千葉鴎 6-4 ★東京燕


荻野くん、母校の後輩達をさらにヒートアップさせる勝利投手おめでとう!

サト、逆転満塁ホームランおめ!

まーちゃん、久々のセーブおめでとう!

地味様も地味に踏ん張ったのは良かったんジャマイカしら( ´∀`)
posted by おさない at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4469445
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック