2007年06月21日

さよなら、ユーノスロードスター

パンダとロドスタ
本当は来週末のネタになる予定だったのですが、急遽新しい子の納車が一週間繰り上がりまして。まぁ、それはそれで無問題ではあるのですが、ちょっと切ないのはお給料日前であることなんですよね。

ここの所ご無沙汰にしてしまった洗車道具を買い直し(カラー変更(白→黒))しなくちゃいけなかったり、細々とした小物類・怪しげな燃費グッズwをそろえねばならなかったり、生涯初の新車購入なので慣らし運転をどうすんのとか色々と入り用でして。まぁ、新しい子の燃費はロドスタと比べて倍以上wだし、燃料費って面ではだいぶ有利なんですけどね。

と言うわけで、6年もの長きにわたって、良い思い出も切ない思い出も共にしてきた世界中で一番売れたオープンカー、ユーノス・ロードスターのお話をつらつらと書いていきましょうかね( ´∀`)

※諸注意
今回、色々とはっちゃけて書く気満々です。事情を多少知っている皆様、ようやくネタに出来るぐらいに昇華したとお考え下さい( ´∀`)


まず、免許取得からロードスター前までの車歴をチョロッと振り返ってみましょうか。


(シルビアRSターボ(幻に終わりましたが、初の愛車はこの子になる可能性がありましたw)

スカイラインRSターボ(赤黒鉄仮面/MT)

プリメーラ2.0Te(黒/MT)


いかにも神奈川県在住で車が好きそうなチョイスでしょw
日産のお膝元というか、テレ東土9枠の関連企業一覧に出てくる工場が2つもある町の住人でワンボックスとかステーションワゴンが苦手な兄ちゃんだった私なので当然の結果かなと。ただ、両車共に乗ったぞ! 乗りつぶしたぞ! ってイメージは正直あまりなく(苦笑)、むしろヲタ化が激しかったこともあり、車を降りようかな、なんて思いもあったりしました。

んで、なぜそんな日産大好きッ子がユーノス・ロードスターに流れていったか。

丁度、プリメーラのパワステ周辺に不具合。オモステ化し始めていたことが一つ。そしてもう一つがこの頃の日産のデザインとCMの内容(いすゞの放った刺客がアレげなデザインのP12を語るというw)に絶望と言うのが一つ。

そして……。


若さ故に乗れる車に乗りたいっ!



マニュアルミッションでおk( ´∀`)



そんな思いに溢れていたのです。この時ピックアップしたのは3車種。

・レガシーRS(スバル)
・ミニERAターボ(シティーハンター世代には(ry)
・ユーノスロードスター(マツダ)

なんという無茶なピックアップっぷりw
ERAターボはネタの域を超えることなく、現実的にはレガシーとロドスタの一騎打ち状態になってました。

レガシーはプリメーラからの系譜を考えるとさもありなんと言うチョイス。当時流行っていたステーションワゴンタイプのではなく、セダンタイプを選んだのは私の趣味嗜好があります。
一方のロードスターは「オープンカーへのあこがれ」「スカイラインRSターボ以来のFR」「今乗らないとたぶん歳をとってからじゃないと乗れない(と言う思いこみ)」などがありました。

実際に両車を見て、答えはすぐに出ました。ピピンと来たと言っても良いかもしれないですけどね。


スカイラインRSターボ(赤黒鉄仮面/MT)

プリメーラ2.0Te(黒/MT)

ユーノス・ロードスター Sスペシャル(白/MT)


つー訳で、2001年秋にロードスターさんが私の元にやってきたのでした。私がレポーターとして担当しているサンデーリクエストラインですが、一時期は私とは別に中継スタッフがいまして。そのスタッフがS2000乗りだったと言うこともあり、オープン2台の中継班なんてこともやって遊んでましたっけw

高校時代、実はあまり好きではなかった車であるユーノス・ロードスター。オーナーになって判ったのは「運転するという事が楽しい車」だったってのに気づいた事でしょうか。丁度秋口に来たと言うこともあり、当時勤めていた工場への往復、自動車専用道の側道有り、山坂道ありの40キロはホントにもうワクワクでありました。


そういや、ロドスタと前後して“すてでいなかのじょ”とか言う人が来たのこの頃でしたっけ。キャラじゃなかったのか、そういう風な話の流れになったときはホント微妙な空気が流れたのを思い出します。11月の山中湖畔でキモチを吐露して、あーじゃないこーじゃないと話して神奈川に帰ってくるまでの工程とか運転とか全然覚えてないもんなぁ。つか、そのときに一回ダメを食らってたんだけどw、なんだかんだで右から左に受け流して、気が付いたらそう言う塩梅になってたっけか( ´∀`)

これが良い思い出。その人の元彼もロドスタ乗りだったとかで、いろんな巡り合わせに笑ってたけどw

んでまぁ、数年後に訪れたその人との別れもロドスタの中で切り出されたりとか、徳俵で粘って土俵中央まで盛り返したりとかあったなぁと。当時FA宣言中でフラフラしていたアタシに業を煮やしたとかそんな塩梅じゃないかなぁとか勝手に思ってるけどね。スパッとしたネタ別れがなかったんだよなぁ。あったらあったで数年後に面白おかしく書けたのにn(ry

これは悪い思い出というか、もはや切な懐かしいオモヒデだけどね。その人と今は連絡というか消息自体が判らないんだけど、元気でやってるとは思ってますが。でもなぁ…その当時ああじゃないこうじゃないとおいらに表に裏に相談してたオンのお友達カップルがいるんですけど、そのトモダチがケコーンするとは、ねぇ。そう言った神様は私には微笑まず、その友達二人に微笑んだかなぁと。まぁ、別の趣味という神様がアタシに微笑みまくりですけどねw とにかく幸せになって下さいよコンチキショーwwww


超長距離ドライブのオモヒデは…中山道・温泉とB級グルメツアーとかでしょうか。

神奈川を出て、関越を突っ走って横川の鉄道記念館、峠の釜飯・温泉。そのまま国道299号線を駆け抜け、温泉に入りつつ諏訪湖周辺で一泊。翌日は下諏訪の温泉を振り出しに天竜川沿いに岐阜を目指し、伊那のローメンを食らったり、林道みたいな山坂道を越えたり、中山道沿いの旧宿場を通過したりで名古屋。B級グルメの雄である名古屋ではマウンテンに登ったり、手羽先を食らったりと大騒ぎ。最終的には死にそうになりながらR1な下道を突っ走って帰ってきたという本当の意味での弾丸ツアー……。

ロドスタさんとの思い出深い超長距離ドライブでありました。

普通の距離だと……。

放送製作集団仲間3人で行った横浜−石廊崎間。深夜のドライブ明け、石廊崎に到着した直後に見つけた「レストラン 汐吹」で爆笑したオモヒデw
なんかもうムシャクシャして、全行程下道で諏訪湖行き。諏訪大社近くの温泉で大工の棟梁にその筋の人に何故か間違われたり、諏訪大社の巫女さんハァハァでひいたおみくじが大吉で気分が晴れ、帰りのR20で牛丼の新田屋を見つけて2828した、そんなオモヒデw

結局はネタを探して生きている私であります( ´∀`)


そんなこんなで6年弱、色々とネタを提供し続けてくれたユーノス・ロードスター。

趣味嗜好の変化と共に自動車税の金額だとか燃費の問題だとか使用頻度が土日の相模原行きだけなんて言う問題がありまして。正直、ロドスタには愛着はあるし、好きな車。乗ってて楽しい車ではあるんだけど、ね。

1オーナー車、4万キロでウチに来たロドスタですが、2代目オーナーである私が乗り倒し、今は11万キロをこえました。そのまま土に帰るかと思われたのですが、里親募集の告知に痛車オーナーの後輩が挙手。土に還ることなくドナドナされていく事になりました。次のオーナーの顔も元愛車も見られるという、そんな幸せな塩梅に……。


と言うわけで、土曜日には新しくウチに来る子のお話をお届けします。
posted by おさない at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | エッセと一緒
この記事へのコメント
横アリの帰りによくお世話になりました。
ご苦労様でした。
Posted by 代議員議長の藤本美貴です at 2007年06月22日 14:28
>>議長殿
娘系統のネタで聞きたいことがたくさんあるのでw、近々で一席どうすっか?

横アリ帰りの車、今度はまったり軽自動車ですよノシ
Posted by おさない at 2007年06月22日 15:03
娘。系統???何の事だかさっぱりわかりませんが、了解です。
連絡します。新しい店を探しておいてくださいな、ネギとか焼ける店とかw
Posted by 代議員議長 at 2007年06月22日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4446523
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック