2007年06月16日

兵庫虎 vs 千葉鴎(第3回戦)

今日は局に缶詰でしたが、合間合間でばっちりとヤフ動画で観戦でありました。

今日はもう妙に繋がる打線にドキドキ。あまりに繋がる打線に何とも言えない恐ろしさ、そしてときめきを感じたもんです。先制されたものの、3,4,5回に2,1,2点とちくちくと得点を重ね、7回にはサブローとサトに三十路ーず2年目・51年会なアベックホームランなんて言う夢が広がりまくりなモノが飛び出ておりました。

地味様は一発病があるモノのなんとかこらえるピッチング。6回途中で降板。2被弾だったり連打を浴びる場面があったりしたけど、一時期のどうしようもないぐらいのgdgdさはなりを潜めておりました。地味様の後は期待のヤング☆、高木さん、期待のルーキー荻野くんがバトンを繋ぎ、今日は対虎戦だとちょろっとアレげな塩梅になってしまった藤田さんが8回を締め、いよいよ問題の9回に突入していくのであります…。


オレ、今日勝ったら「今年のかもめーずは  よいのかも」って言うかもしれない。


そんな風に思いながら、目前に迫った代打な番組に向けて準備をしながらヤフ動画を見ておりました。9回表も藤田さんが続投の様子。しかも先頭はちょっと何かがありそうな金本選手。







3連打で無死満塁。ボビ夫さんはたまらず藤田さんをあきらめてまーちゃん投入。地味様→中継ぎ陣→まーちゃんと言う何かが起きそうな、そんなそんな予感もしてきました。

途中、桧山から変わった桜井が2点タイムリーツーベース。これはもうしょうがないと割り切るしかないし、自分のランナーじゃないやと飄々としているまーちゃんが目に浮かびます。

そしてバッター浅井の場面で首を痛めたTSUYOSHIに替わって入った正人が難しいショートゴロをやらかしてしまいさらに1点。続く関本がまーちゃん正面のバント。これを三塁送れず送りバント成功。ここでようやく1アウト。

狩野、センター前ヒット 1点差
赤星、ライトオーバーツーベース 同点
林 敬遠……。

まーちゃん撃沈。ピッチャーは薮田さん。

金本、ライト前2点タイムリーヒット 2点差
今岡、キャッチャーフライ
鳥谷、内野安打 3点差
矢野、レフト前ヒット 4点差

……この回、タイガースは一挙に9点。

裏の回は粛々と藤川に閉められ、ゲームセット。





・゚・(ノД`)・゚・



・千葉マリンスタジアム
☆兵庫虎 11-7 ★千葉鴎


絶対に勝てると思っていた8回裏から奈落の底に落ちるような、ジェットコースター気分を我々にあたえるかもめーずが大好きです。

救援失敗しちゃったまーちゃん、そのまーちゃんの肩をぽんと叩く地味様が大好きです。


こういう事があるから、おいらはかもめーずが大好きです。


まぁ、こういう日もあるさと言う思いで一杯ですよ。誰を責める気もないしね。かもめーずの人々はよくやったと思いますよ、アタシは。


昨日、たまたまブックオフで「Number Video 大逆転プロ野球2 平成の名勝負」ってのを見つけて買ってきたんですよ。平成元年から10年までの印象深い逆転劇を収録していまして、ロッテの試合は以下の通り。

平成二年五月二十二日 川崎星 vs 近鉄牛
平成九年八月二十四日 千葉鴎 vs 近鉄牛
平成十年七月七日 千葉鴎 vs 神戸波

当時はまだ千葉ロッテマリーンズを詳しく見ていなかった時期。スポーツニュースで見た記憶はあるけど、リアルではほとんど記憶にない時期の試合(全部ロッテが逆転されてます(苦笑))。このビデオを見つけた時は心の中で小さくガッツポーズw

上のような先人達が通ってきた大逆転を食らうと言う苦闘の歴史の数々………。アタシはもう大逆転を食らった試合っていうのはいわゆるコバマサナイトぐらいしかリアルな記憶にないような、そんなニワカなんです。

なもんで、負けたのは正直悔しいし切ないけど、ちょっとニヤッとしちゃうんですよ。ネタスキーとしては、まーちゃんの派手な燃え方や地味様の勝ち星がどっかいっちゃったりとかもそうなんだけどねw


とりあえず、負けた日こそ飲みに行ったり、娘さんに「ばかちん」と言われたりして出直しましょ。全体的に投打がかみ合ってると思うし、明日は勝てますよ、きっと!
posted by おさない at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2007
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4399598
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック