2010年05月21日

兵庫虎vs名古屋竜(第9回戦)

ドリームスターズパーティー

負けられない闘いが終わり、「更新」と言う現実を各方面から突きつけられてしまっている昨今ですがw、皆様いかがお過ごしでしょうか?

その「更新」のためにも、備忘録をちゃんと付けて行かなくちゃなぁと思う今日この頃です。


今回は5月5日のこどもの日、毎年恒例の黄金週間名古屋行きの備忘録を書いていきましょう。

・永遠に続くかのような静岡県内区間
・浜名湖SAを過ぎて以降、眠気がかなり危険な状態
・シャーナイので、SA、PA毎に停車、仮眠で乗り切る
・状況的に健康ランドお泊まりコースがアウトになったので、ゆっくり行っても問題ないと判断
・段々と白んでいく空にしみじみと「なにやってんだか」とか思いつつ、西進

・笠寺のベースキャンプw「湯〜とぴあ宝」には6時頃着
・ひとっ風呂浴びて、命の洗濯をしつつ、次なる行動へ

・まずは朝の山登り
・珈琲が飲みたいと、ストロングコーヒー
・そして何となく引かれた小倉トースト
・普通のだろうと思っていたのですが……
・四つ切りレベルのパンに小倉がドーン
・マウンテンのマウンテンらしさを忘れていましたw

・山登り後、ナゴヤドーム近くの駐車場へ
・なんとか車をぶち込み、てくてくと
・この日はD-STAGE開催日で早くからお客さんが
・ご無沙汰な皆さんにご挨拶で「遠くからよく来たねー」とかw
・そして「オサナイさん、大きくなった?」の連呼
・さらに「幸せ太り?」「何もないで食い過ぎまして」「色気無いねぇ」とか(苦笑)

・夕の山登り以降、節制を決意w

・お世話になってる、この後、山に連行……もとい、ご接待をと言う姐さん方と合流
・カメラ談義とか新ステージの話とか
・夕の山登りメニューの確認も
・しるこスパに挑まねばとか、そんな塩梅でw

・まったりとした、たまにあると嬉しいそんな時間が

・ステージ開始前の説明の流れに何となくルミおねーさんを感じる
・この辺は公式ブログでMC講習があったよなぁとか思い出す私
・声の主が判らないけども、三人のチーフ(仮)の一人なんだろうねぇと

・MCはチーフの中からちーちゃん(可児千裕さん)が担当
・開始前の声の主もちーちゃんだったようです
・何年か前の横浜でシャオに付いていたとき、声を聞いたのをすっかり忘れてまして
・自分自身の印象より、心持ち高音なんすよね

・声の抑揚とか喋りの速度とか、師匠譲りかなぁとか
・声から緊張感と言うか、ドキドキが伝わってくるのは、完全にディレクター脳w
・(普段、マイクを持って喋ることに緊張感の無い人なのですが、それはそれでどうかと(苦笑))

・そんなこんなでD-STAGE、Dream Stars Party第一部の幕開け
・ジングルの県域FM局らしさになんかニヤリ



・オープニングは「Secret Game/東方神起」
・衣装の色味が変わったってのもあるんだけど、なんかのっけから押せ押せ
・初めて見るステージはこちらも緊張したり
・とりあえず、来るべき「負けられない闘い」に向けての動き確認とか曲確認もあったり

・二曲目は「The Nicest Kids In Town/James Marsden」
・昨年はシャオとパオの出番が本当に少なく、どうしたもんかねぇと思っていたのですが、今年は2曲目から絶好調
・ココでパオの新衣装を初チェック
・これは……(川相らしくて)反則だわ
・夏頃、ブーブがどういった反応を示すのか、今から本当に楽しみです
・終盤の間奏部分、実際の曲もメンバー紹介ですが、D-STAGEでもメンバー紹介
・このノリは好きです、楽しいです

・曲の途中、パオのリーンちゃんバッグに付いていたかえるさんが落下
・シャオが気付き、曲間に何とか救助
・パオは気付いてなかったようで、兄貴分に大感謝
・最終的には、曲終わりでバッグの中へ移動されていました

・三曲目はキャラクタープロデュースパート第一弾、パオの「Chocolate Love/f(x)」
・パオも含め、ハートが付いたマイクを持ってのダンス
・メンバーもチーフが二人とか色んな意味で全開
・さらにダンス中にMCが付き、さらにパオの得意であるお絵かきを即興で行うとかもうね
・しかもダンスが川相ってんですから、本当にビックリです
・節目を迎えたパオですから、色んな意味で進化の年になったのかも知れません

・四曲目は「Hoedown Throwdown/Miley Cyrus」
・チアドラのみのパートなのですが、舞台上手でなんかうごくピンクの影
・パオが先ほどリーンちゃんバッグに避難させたかえるさんを座らせていましたw
・なんか満足げな雰囲気に笑う私でした

・そして出てきたドアラさん
・五曲目はキャラクタープロデュースパート第二弾、ドアラの「アイアイ」
・曲が初演から変わることはTwitterで聞いていましたが、コレが来るとはw
・通しで見ていて、曲の聞きなじみさとは裏腹にみなみちゃんとの高度なコントが展開されるステージ上
・みなみちゃんの表情が物凄く生き生きしていて笑いましたw

・六曲目は「Circus/Britney Spears」
・チアドラオンリーパートですが、上手ではパオが相変わらずかえるさんと仲良し
・その横から伸びている新兵器と謎の手
・iPhoneと思われる新兵器はおそらく竜公式Twitterのなにか
・ニヤニヤする私でしたw

・七曲目は「Listen/Beyonce」
・しっとりとしたと言うか、ゆったりた綺麗なダンスは一時期の「Inconsolable/Backstreet Boys」級
・これはおそらく千葉でもやるんだろうなぁとか思いつつ、綺麗な動きを見守っていました

・八曲目はキャラクタープロデュースパート第三弾、シャオロンの「Can't Take My Eyes Off You/The Boys Town Gang」
・シャオさんは元々ダンスに定評がありますし、ストレートな意味で楽しみでした
・予想に違わず、キレがあるダンスでチアドラの面々とも息が本当にぴったり
・最後のキメポーズがまた格好いいんですよね、コレが
・しかしまぁ、あいかちゃんとの身長差が凄いです、シャオさんw

・終盤戦、九曲目は「ココロオドル/nobodyknows+」
・タオルを使ったダンスで、チアドラのパワーを改めて感じていました
・昨年までチームシャオロンが踊っていた「JOYRIDE/Home Made 家族」に通ずるテンション
・久々に「ココロオドル」を聴いた気がしますが、いいですな。

・十曲目は定番の「燃えよドラゴンズ!球団合唱編/水木一郎」
・兄貴の声は色んな意味で流石
・ちゃんと踊る面々と自由な一人
・この辺は動きも定番中の定番でしたw

・ラス曲、十一曲目は「Come So Far (Got So Far To Go)/Hairspray Cast」
・映画でもラス曲っぽい塩梅で使われてたのかなぁと思うレベルのエンディング感
・シャオロン、パオロン、ドアラの紹介があったり、各チアドラさんの得意な動きがあったり
・Vジャンプに背中でぐるんぐるん、パレエジャンプ会ったり大騒ぎ
・最後はMCのちーちゃんも含めて締めポーズ
・若干遅れてくるドアラにニヤリとさせられる私でしました
 
 
・ちーちゃんのステージ後説に続いて、すぐさまPRタイム
・クロスというか、相手がいる掛け合いってのは結構難しいのよねぇとか、そんな風に思う私
・ただ、自分を卑下せず、「何の問題もありませんよ」と根拠のない自信を持つのが重要ですよ

・つか、営業マンとはいえ、MC水野のトーク力が凄いw
・一昨年、足をくじいてしまい、MC水野パートはスルーしてしまったんですよね
・若干のココロのなさ(=高田純次氏っぽさ)とか、微妙なスベリ具合とかにグッと来ます
・ただ、若干模索しながら話してたりしますかね?
・ちょーっと気になったのはちーちゃんの合いの手に「はい」が多いようで
・はい、だけじゃなく、生きた言葉でもっと掛け合いをしてもいいんじゃない? って思ったラジオ的なバラエティ班の人
・まぁ、ラジオ的な感覚とステージ的な感覚はまた違うのかも知れませんけどね

・今回のPRタイムはナゴド名物、球弁のお話
・弁当と聞いて、ステージ下手で見ているのは……パオさん、何してんすかw
・MC水野プロデュース、クイズ大会
・……を始めようとしたら、パオがステージ上から弁当を持って下手に逃走w
・続いては二個目を……と、それが問題(井端、荒木弁当に続く第三の選手弁当は?)
・とりあえず、直近ではヒントになったようですが、なんか別の所に真意がありそうな予感
・後ろで持ってきた弁当を開いてみるも、中身が空でげんなりするパオさん
・なにもそんなに凹むことはないのにって位凹んでいましたw
・その後もMC水野とちーちゃんの間に入って弁当をせしめようと気合いが入っていたパオでした


・MC水野のPRコーナーが終わり、インターミッション
・後ろから自分たちの絵が入ったお弁当箱を持ってきたパオ
・いただきます……とやるも、やっぱり中身は空でだだ凹み
・そんなにまでお腹が減っているのでしょうか?w

・凹んでいるのを見かねたシャオがパオの横で慰める形
・何か入れ知恵でもしたのか、空の弁当箱をもってお客さんにアピールするパオさん
・色々な話を聞いていましたが、本当に流石ですw
・その後、お子さんからお菓子や鯉のぼりをいただくパオさんでした


・続いて始まったのはこどもの日スペシャル
・松下先生をメインMCに据えw、お子さん達VSシャオロンパオロンドアラの戦い
・松下先生のMCが大好きな私には嬉しいサプライズ
・まずは座っていた皆さんも含めてみんなで起立、そしてストレッチ
・普通炎天下ではやりませんけどねと、上げてから落とす方向w
・ストレッチは重要と言うことを伝えていきたい方向

・器械運動していたちーちゃんや僕と言う流れの後、ちーちゃんにバク転をふる松下先生
・ちーちゃんもノリノリでバク転w
・ボクも出来るんですけどね、とふった後に松下先生コールが起き、その場でトンボ
・撮影の暇も与えない、ノープランな進行が手に取る様に伝わりますw

・バク転とかトンボがありーのではありますが、実は体の硬いMC2人
・というわけで、体の柔らかい二人、優ちゃんと里香ちゃんを招聘する松下先生
・ストレッチ中、遠目で見ていて「気持ち悪い」レベルなんだそうでw
・気持ち悪い言うなw、とか思いつつ、まずは優ちゃんの実演
・Y字バランスからそのまま脚が垂直にw
・そして元新体操の選手……というか、チアドラ入り直前まで現役だった里香ちゃんの実演
・なんつーか、一人スコーピオン
・体が柔らかいってのは凄いんだなぁと再確認しましたw

・っつーわけで、まずはvsシャオロンと立位体前屈対決
・結構シャオロンも柔らかいんだよーなんてありつつの、計測は22cm
・お子さん達も頑張ったんですが、シャオロンが結構本気を出しまして
・結果、シャオロンの勝利に終わりましたw

・ちなみに、と言う話で、優ちゃんの立位体前屈がどの位まで行けるかやってもらった、なんて話を松下先生が
・色んな声が上がりつつ、正解は34cm
・……確かに気持ちわr(ry

・続いてはお子さんvsパオロン
・パオロンとはバランス対決
・右足一本でどれだけバランスをとれるかをお子さん達と戦っていきます
・パオロンは結構バランス感覚に優れ、ヒョイッと一本脚で立っていく方向も
・お子さんの方がプルプルし始めたのを確認した松下先生がとった行動は……
 
 
・「パオロンさん、若干、空気を読んでください」
 
 
・漫画の様な崩れ方をするパオさんでしたw

・最後はドアラ先生
・ここまで、立位体前屈、バランスと来ましたが、ドアラは毎度お馴染みお絵かきクイズ
・この辺はオチ担当なので、シャーナイなぁとw
・これまた毎度お馴染みのBGMが流れつつ、懸命に何か描くドアラさん
・松下先生やちーちゃんがその絵を見ながら、いろいろと
・やっぱり松下先生の判断は「なーんか気持ち悪いんですけど」
・ざっくり感というか、高田純次さん全開なMCっぷりにニヤリw

・そして答えオープン
・気持ち悪いと言う説明もなんか納得の気持ちの悪さw
・兜なんでしょうけど、鱗ですよね、これw
・答えたいお子さん達が元気よく手を挙げる中、ドアラが選んだのはちっさいオトコノコ
・しゃべれるしゃべれないギリギリの所を突く人選ににやり
・舞台上で完全にフリーズしていたオトコノコ
・vsお子さんの意味が若干変わってきているドアラでしたw
・最終的にはあまりにナニも動かずw、サイレントコントが展開される舞台上でしたw


・こどもの日スペシャルが終わり、再びインターミッション
・シャオロンがお客さんの前でポージングを決めまくる会
・後からパオロンも合流なのですが……なんか持ってる?
・パオが持っていたのはデジタルカメラw
・予想外の動きというか、いつも撮られる側の面々がカメラを持ってるのが微笑ましいw
・ステージ中央で二名が並んで座っている姿は本当にほんわかします
・なお、しばらく後でパオがおもむろに立って、シャオロンを激写
・更にお客さんも撮りまくっていましたw
・どこかでパオが撮影した写真を見たいところ、ですね


・っつーわけでD-STAGE、二回目のDream Stars Party開幕
・冒頭にドリームスターズパーティーの説明をちーちゃんから
・DSPでドアラ、シャオロン、パオロンという、そんな並び

・後付で気付いたとか、そんなカミングアウト


・基本、一回目のステージと同じダンスなので、まずはセットリストから

・「Secret Game/東方神起」
・「The Nicest Kids In Town/James Marsden」
・「Chocolate Love/f(x)」
・「Hoedown Throwdown/Miley Cyrus」
・「ひげじいさん」(ドアラパート・童謡)
・「Circus/Britney Spears」
・「Listen/Beyonce」
・「Can't Take My Eyes Off You/The Boys Town Gang」
・「ココロオドル/nobodyknows+」
・「燃えよドラゴンズ!球団合唱編/水木一郎」
・「Come So Far (Got So Far To Go)/Hairspray Cast」

・初見だった初回を踏まえて、違う構図とかタイミングで撮っていく私
・M2の「The Nicest Kids In Town/James Marsden」、紹介パートはステキな絵が撮れるポイントだなぁと
・二回目はかなっぺのいい絵が押さえられたかなぁとか
・パオのChocolate loveは何度見ても川相い
・ちなみに、即興お絵かき、初回はうちわ、二回目はベースボールキャップでした
・シャオさんの決めポーズも何度見ても格好いい
・ドアラさんの童謡、方向性がなんか見えてくるw
・聞き馴染みのある曲の上での自由をやりたいんだろうなぁとか
・まぁ、動きの意味はよく判りませんがw
・二回目のステージでは、脇からの動きも活性化
・シャオパオドアラに加え、チアドラの面々もなんかやってました
・あとは「ココロオドル/nobodyknows+」でドアラが乱入
・乱入シリーズが後に定番になる事もありましたし、今後の展開が楽しみな私でした
・(その予感が数週間後、現実の物となったときは流石に笑いましたw)

・最後、ちーちゃんのシメでD-STAGE終了
・トータル2時間前後の長丁場でありました
・この日の撮影のほぼ大半をここで撮っていたようですw

・ステージ使用曲、大筋をまとめてくださった方がいらっしゃるのですが、大感謝です
・各地で行われているステージのセットリスト、公式でアップしてくれると嬉しいんですけど、ねぇ

・終了後、チアの皆さんがお客さんとご挨拶
・ちーちゃんにMC楽しかったです! とか言ってみたりする人でした
・(完全にファンの人でミーハーですw)


・場内へ
・昨年からパノラマAの魅力にやられ、オンラインクラブ先行で手配
・どこかなどこかなーと見ていると、いわゆる一番前
・バックネットに相当寄ている位置だったのでピッチャーやバッターボックスが(撮影に)ちょっと厳しめ
・ただ、それ以外は試合も見やすそうでしたし、万事OKかなと

・夜に喰らうので、ここでは飲み物だけで自重する私
・ステージを見るのに完全に出きった水分補給でスポーツドリンク
・両翼のポールの長さを見たり、何かが始まるまでボーッとしていました
・守備練習などが終わり、いよいよ何かが始まります


・試合開始前のイベント、まずはスピードガンコンテスト
・三塁側にシャオとベースボールメイツ、参加者挟んで一塁側にパオロンとドアラという布陣
・規定スピードを超えたお客様向けのドアラ人形で遊ぶメイツとシャオ
・なんかちゅーしてましたよ、ちゅーw

・最初は横並びだったパオとドアラ、ドアラがマウンド方向へ移動
・ナニをするのかと思えば、コンテストに挑む少年少女に投球指導
・なにげに熱血指導ですよね、ドアラさん

・そんなこんなでコンテスト終了、みんなをハイタッチで送り出すドアラさんでした


・続いてはオープニングダンス
・息のあったチアドラとシャオロンパオロン達のアクト
・自由なドアラさんのアクト
・自由に見えて、入念な打ち合わせの上でってな気がするんですよね、あの動きは
・っつーわけで、パンとしたオープニングアクトでした
・(オープニングアクト中、なつが見えて嬉しかったとか、ステージで見たかったよなぁとか)

・以降、しばし自由行動
・シャオは一塁カメラマン席、パオはホームベース後方、ドアラは一塁ベンチ前で会合
・シャオは少ないタイミングを見計らってサイン中
・パオはまったりと待機
・ドアラは英智選手や平田選手とやいのやいのやってまして
・英智選手がしきりに一塁側スタンドを気にしていたのですが、ご関係者来場かな、とか思う人

・最後の出番は始球式
・ドアラは審判さんでプレイボールのマネを
・シャオロンとパオロンはホームベース後方で待機
・ちなみに始球式は、D-STAGE内でお子さんからチョイスされていました


・試合です
・試合はどうにもこうにもチェン投手がピリッとせずでチクチクと失点
・ドラゴンズも和田さんが物凄く輝いていたものの、どうにもこうにも
・3-1で堪えていた試合も、4表に粗いさんの3ランで突き放し
・近鉄特急で一本の関西圏から大量の阪神ファンのみなさんが大盛上がり

・選手登場曲がこどもの日という事で、大半の皆さんが変更
・お子様向けの番組から引用という形のようです
・お子さんと大きいオトモダチドキドキ

・谷繁選手の登場曲が「ヤッターマン/山本正之」で盛り上がる場内に御大の勢力下を感じるw

・愉快な仲間達のアクトは3裏、5裏、7裏、8裏前
・3回裏が「Take Me Out to the Ball Game/Captain Jack」
・5回裏終了時が……なんでしたっけ?(苦笑)

・7裏開始前が「燃えよドラゴンズ」、フラッグを使ったアクト
・こどもの日と言うことで、お子さん達もフィールドでアクト
・パオとみんなで踊っていました
・シャオはホームベース後方、ドアラはフラッグを使って一塁側全域


・そして迎えたドアラのバク転占い
・2007年の初来訪以来、ゴールデンウィークのナゴヤドーム観戦で、ドアラの失敗を見ていない私
・今年も成功か、はたまた失敗か……。

・勢いの良い助走から、バク転、そしてひねり……って、あ!!

・着地が乱れて失敗

・初めてチアドラにボコられる姿を見る
・最後はポムを投げつけられるとか、切なさ一杯
・絵的にはよかったけれど、うらない的にはダメダメです


・バク転占い後、試合終盤に阪神タイガースの代打攻勢、金本選手登場
・沸くスタンド(結果はよんたま)

・試合は9回表に更に突き放されてしまったドラゴンズ
・結局は9−1で投了
・おトイレなどに行っていて、鶴−小宮山のバッテリーを見ることが出来なかったのはちょっと残念


・終了後の内野に移動、山メンバーの姐さんと合流
・しばらくして、シャオロンパオロンドアラ登場
・足の速いドアラに「ドアラ! お疲れ! 千葉でまってるよ」と声をかける
・ご挨拶できればいいやぐらいだったんですが、いきなり近づいてきてグータッチ
・予想してなかった動きに慌ててしまう、乙女全開なオサナイw
・ちなみに慣れた姐さんは近づいたあげくのスルーでしたw

・パオにはリーンのおやびんとお揃いのブツを届ける仕事がありw、スタッフさんにお願いをしていたので、無事に届いて一安心
・ココロの荷物が降りた感じ
・後はダンスが物凄く川相かったよーとか。

・シャオはダンス格好良かったよーとか
・シャオのダンス、一杯は見られないので、見られるときは集中してみてたりします

・他の山メンバーな姐さんと合流して最後のお見送り
・パオに言い忘れていた「新衣装の川相らしさ」を伝えて、その反応がまたラブリー
・シャオにはこの時期の定番「千葉でまっとるよ!」で、敬礼の返しw
・最後のドアラは……「最近、COOLのバク転の成功率が低くいみたいで、例の日は二人で頑張ってな」とか

・グッと親指を立てて反応してたドアラさんでした


・その後はナゴドを後にして、薄暮のトライアルマウンテン

・しるこスパを頼む気満々なれど、残念ながら、しるこ売り切れ
・おそらく小倉抹茶で一杯使われたんだろうなぁと
・シャーナイので、未体験ゾーンから「甘口キウィスパ」を
・以前、他の登山者が「暖かいキウィと酸味がキツイ」とコメントを残していたのを思い出す私
・戦々恐々しながら、音を録りつつ挑む私






・あれ? 結構普通じゃない?





・いわゆるなキウィを想像せずに、甘味の強いトマトだと思いこめば全然問題なし
・(ただし、この意見は全否定されましたw)

・そして前から気になっていた、つぶつぶの謎に挑む登山者
・すり下ろし果実か、それとも……。
・登山者の姐さんの一人が「これ、粉チーズじゃない?」と。
・言われてみれば、確かに粉チーズ
・なにかこう、目から鱗が落ちる感覚に陥りつつ、チーズの必要性を考えた私


・おそらく、それがスパ、なんでしょうね


・なお、他の皆さんは「カルネ(牛丼)」「ミニハンバーグカレー丼」「トマトハンバーグ丼」「山菜スープスパ」と実に普通な装い
・大いに喰らいw、語らい、引き上げの時
・数週間後の千葉で会う面々、熊が来る東京ドームで合うであろう方、横浜遠征でしょうか? などw

・そいじゃ、お疲れ様ですー! と手を振る私と姐さんの後ろでマスターが手を振っていたとかいなかったとか
・その昔、加納の大将に顔を覚えられていた私としては、なんかもう苦笑いでした


・その後、泣きながらw東進
・楽しかったオモヒデを胸に秘めつつ、眠気との戦いw

・浜名湖SAまではなんとか……。
・以降はPA、SAごとの仮眠&ゴー

・御殿場越えの記憶がほぼ無かったんですよね……(苦笑)
・足柄SAで止まったのか止まってなかったのか

・中井SAで最後の休憩

・最後は命からがら、家にたどり着いたのでしたw


っつーわけで、毎年恒例、GWの名古屋行きでありました。ここ数年、ナゴヤのステージをここでチェックして、千葉のステージを3〜4月にチェックして、「負けられない戦い」に備えていく、そんな塩梅だったりするんですよね。

もちろん、その「負けられない戦い」に賭ける色々も理由ではありますが、喫茶マウンテン行きやホーム球場でしか味わえない演出、空気感なんかを味わいに行ったりするわけで。遠征は楽しいなぁと思いつつ、最近はナゴヤあたりだと遠征な気がしなかったりする私でありました。


これで備忘録はあと4つ。光画部の更新と平行してやっていきますんで、どっちもまったりお待ち頂ければと思いますよー。
posted by おさない at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38434294
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック