2010年05月08日

大阪檻vs北海道熊(第8回戦)

素のふれあい

備忘録もようやっとGW編。

7日の休みで5試合頭から見ているとなると、正直、宿題がハンパなく溜まって行くのが目に見えているのですが、それは裏を返せば、撮る喜び見る喜びに包まれているっつー事で。なんやかんやとブーブー言ってますがw、楽しく撮らせてもらってたり、魅せて貰っていたり、笑わされたり、走らされたり……?
 
 
「オサナイさん、札幌では走りますよ!」と3月中に謎の煽りを受けていた私。その言葉の真意を測りかねたまま、「僕らの夏」以来、約9ヶ月ぶりに札幌ドームにやってきたのですが、私はここで何を見ることになるのでしょうか?

・前日から鼻、喉に違和感
・ただし、作業が終わらず、就寝2時
・起床4時で飛行機は安心
・耐寒装備につき、関東での移動が難儀

・早めについて、展望デッキでポッドキャストを録って遊ぶ人
・ANAのジャンボジェットに0系新幹線の面影を見る
・合間合間にBBの行動予定を見て……若干の冷や汗
・祝日のホームでは「開場一時間前から待機中のお客様の元に……」
・飛行機到着は1030なれど、手荷物その他で厳しかろうねぇと
・まー、頭に間に合っても遅刻だろうしと割り切る私

・保安検査場を通過して、ANA55便の待つ53ゲートに向かうと黄色いのが
・アレ? ANAって白と青じゃ……って、ポケモンジェットw
・ビックリしながら初めてのジャンボジェット
・離陸と着陸に衝撃が少ない二階席で、あんまり面白くない
・つか、体力的な問題で、搭乗中はグッタリしてました

・案の定荷物が遅く、11時越え
・中央バス1110の便でまずは福住を目指します
・札幌ドームにコインロッカーがない為の措置
・南千歳辺りでJR北海道の誇る気動車特急にぶち抜かれニヤリ

・そして雨、強くなる雨

・ドームなので実害はほぼないでしょうけど、傘がない
・そう思ったのは……甘かった、ですね

・結局、福住到着12時頃
・荷物を預けて札幌ドームに向かう道中で、光画部員@サッポロと合流
・ある意味で札幌でのコーディネートをお願いしていたり、感謝なんです
・対価は光画部の更新って話なんですがw

・そして大雨の中、札幌ドームに到着
・北ゲート奥の方でお客さんと触れあっているBBを発見
・なんかそのジェントルマンぶりに嬉しくなった反面、笑ってしまう私
・なんだろ……友達の勤務先に行った感覚?w
・柱の陰に隠れたりなんだりしながらパチリ
・この日は見つかる気満々ながら……感づかれるとなんか悔しい
・その後、つかず離れず、勝手な同行取材

・北ゲートと東ゲートの間の移動
・雨、結構強いけど、BBとアテンドのおねーさんはどうすんの?

・そーね、そーよね、普通に考えれば走るよね

・走るということ、か。

・その後、東ゲートのお客さんのふれ合い風景を
・なぜか器用にタオル踊りを披露する熊
・雨の中から傘を差してとか、色んなアングルで
・つか、その様子を見て笑ってる熊とかたちが悪い
・とりあえず、しとしと降っている雨ならまだしも、横殴りの雨
・しかも、東ゲートから南ゲートを繋ぐ所はドームの上に振った雨が一気に落ちるところ
・そこに来いとか色々無茶苦茶
・着ていたコートはビチョビチョ。雰囲気は踊るの10話11話

・その後、場内に入っていくBBとおねーさん
・勝手な取材班wも北ゲートから中へ
・とりあえずのエサと言うことで光画部員@サッポロからちくわパンを頂く
・ザッと見た感じ、熊の気配が消えたので、単独行動に

・9ヶ月ぶりの札幌ドームの空気を味わう
・「僕らの夏」の熱狂はハンパ無かったなぁとしみじみレギュラーシーズンの風景を
・ほとんど北海道日本ハムのファンなんだろうなぁと言う勢い
・そしてBBユニの着用率が高い
・コラムでも書いていたとおり、BBは移籍しないでしょうし、その辺りの絡みかも

・とりあえず、動きがないと判断
・良い匂いしていた場所、ジンギスカン丼(\600)を
・座席に移動して、荷物とかをある程度まとめ、ご飯を喰らう
・これがまたビックリするほどボリューミーで
・大飯ぐらいの私でも納得というか、ご飯と併せて肉を喰らっていたら、肉の方が余るとかもうね
・そんなこんなでジンギスカン丼に舌鼓を打っていると、光画部員@サッポロから熊発見の報を

・ご飯の残りを掻き込み、ポイントに向かう私
・「僕らの夏」のグリーティングポイントとなった広い空間で蠢くw人だかり発見
・BBとおねーさんとお客さんであります
・遠巻きにその様子を見ている私
・生のふれ合い風景を見て、色々と考えたり
・この辺はエントリーに生かしたり、ポッドキャストで喋ったり、週末の番組で喋ったり
・お客さんではありますが、レポーターですから

・その後、終盤に目が合いw、「ちーこーくー!」と。
・「旅なんだから、飯ぐらいゆっくり食わせろ!」と返す私でしたw


・フィールド上にオリックス・バファローズの選手が残る中、えんじ色のTシャツを着たBB登場
・この日はアインファーマシーズ(地元ドラッグストアチェーン)スポンサーマッチデー
・Tシャツはその会社のモノの様子
・スタメン発表時の1−9、細かすぎるモノマネ選手権
・シメはバク転の披露でスタンドとの一体になるBBでした

・まったりと三塁側辺りに戻ってきたBBのそばにアテンドのおねーさん
・ローソンプレゼンツのバズーカ大会
・久々に……まっとうにバズを扱うBBを見た気がするw
・三塁側からグルーっと全周囲へプレゼントの撃ち込み

・その間にもグラウンド整備は続く
・白線引きにボールガールのおねーさんが参加しているのにちょっと新鮮さを

・一塁側ベンチ前に通るBBに反応するバイナム選手
・BBも「いじりに行っていいオーラ」を感じたのか、近づいていく
・横にいたAKD選手も参加してなんかやってました
・ノリのいい選手を探しておくのも、BBや愉快な仲間の重要な仕事、なんでしょうねw

・続いてはオープニングアクト
・ファイターズガール(札幌)のアクトや動きが初めてだったので、ちょっとドキドキ
・青基調の衣装が印象に残るものの、今回はピンクの衣装
・動き自体や衣装にグッと来る私
・BBは……序盤、3塁側のフィールド席でダンス
・中盤から後半にかけて合流
・ファイターズガール(札幌)にアクロバットが出来る子が入ったと聞いて、どういう感じなのかワクワク
・一塁側からファイターズガールさん、三塁側からBBがバク転でクロス
・おぉ! とか思いながらシャッターを切る私
・ただ、オープニングアクトとかはどこをどう撮っていいんか悩ましいなぁと
・とりあえず、私はBBが若干ダンスに弱いと思っているので、その辺を見てニヤリ
・わざとズラしてたら……すげぇなぁと思いますが、素っぽさ全開w

・オープニングアクト後、キッズスターターと共にフィールドに散っていく選手を送り出すBB
・この辺は見慣れた光景なれど、一ネタ二ネタ
・ハイタッチをしそびれてずっこける動きににやり
・ちょっと人がよぎってしまったモノの、まぁ、OKかなぁとか

・試合開始前はこの後、始球式を見届けて、開始前の出番投了


・なんとか立ち上がったケッペル投手とあまりよくなさそうなこんどう投手
・それでも譲り合いの精神を全開にする癒しの熊打線
・長い試合にならなきゃ良いけど……と思う、体調があんまり芳しくない私でした


・1830頃、一塁側のBBシート付近に熊発見
・この時点ではBBに翌日の観戦や席種を伝えていなかったのでw、その動きを見ながら、翌日のシミュレーション
・望遠で見ていても、みんな笑顔だなぁとか

・前半戦は内野を中心にグリーティングとの事
・スタンドの方でってのは翌日気づくのですが、わからんので球場散策も兼ねて場内へ
・テラスで出展していた松尾ジンギスカンの骨付きラムステーキを頂きながら、ほてほてと
・肉は本気で美味しかったです

・動きがなさそうなので、座席に戻るとBBが物凄い勢いで疾走しながらふれ合い中
・たしかに「RUN」だなぁと思いながら、色んなお客さんに声をかけられるBBをパチリ
・ホント、しみじみとBBの認知度だとかひーろーっぷりを見せつけられている気がw

・ハーフタイムのYMCA変わらず
・ただ、東京ドームで全周囲がハッスルしている姿に比べると、グラウンドキーパーさん達が大人しい
・トンボ部隊はYMCAの華だと思うんだけどなぁ……
・とりあえず、ボールボーイいじりと決めた後の小ネタ(ロージンをおしろいに)があって一安心でしたw

・試合は3回裏にお笑い野球炸裂で北海道日本ハムファイターズが一点をいただく

・そしてラッキーシックス
・札幌でもこのパートは全力疾走
・おかげさんで、ファイターズガールと並んでいる写真とか撮れずじまい
・なお、札幌での「Lalala FIGHTERS」はフラッグを振っていく方向に
・ダンスしてる東京ドームでの動きと比べ、大人しい感じ
・フラッグを売っていきたいとk(ry

・6裏、稲葉選手のスリーランが飛び出す

・北海道のオリックス・バファローズなラッキーセブンはネタの宝庫
・望遠でのぞいてにやりとする私

・なんとか2点返していくオリックス・バファローズ

・ここで電池切れw
・光画部員@札幌がスウィングスウィングでのBB出没情報を貰うも動けず


・っつーわけで、ライトポーズ際に出てきたスウィングスウィング
・丁度対面だったので、動きを見守ってパチリ派
・レフトスタンドではファイターズガールの皆さんも登場でスウィングスウィング
・引き上げていくとき、両者がコンコースで交錯してるシーンはなんか楽しかったです

・っつーわけで、9表にオリックス・バファローズの「追いつかない程度の反撃」が有るも、北海道熊勝利

・BBの動きは東京ドームでの勝利とほぼ変わらず
・全周囲に喜びを爆発させるのとバク転が挟まるのが違いかしらと
・ヒーロー待ちの時はイケメン

・ヒーローは先発のケッペル投手

・BBは脇で色々やる係
・カメラクルーの横で一緒に正座してたり、クルーのオンナノコいじってたり
・衝立を倒そうとしてたりとか大騒ぎ

・ヒロイン後の記念撮影は2ショット
・ケッペル投手の唇を奪おうとして本気で拒否されるw

・ヒーローと共に外野へ挨拶、その後はホーム方向に戻っていったので、そこで投了と勘違い
・そのまま西ゲート方向へ
・後に光画部員@札幌からの連絡でその後もあることを聞く

・サンクスグリーティング列に並ぶ私
・人出は……そこそこな感じ、かな
・光画部員@札幌も合流。こっちのグリーティングの印象な話とか
・BBとお客さんの姿を見て、しみじみと「ヒーローだねぇ」と
・みんながみんな、写真を撮ったり、サインを貰ったりした後の笑顔がいい塩梅
・個人的におじいちゃんが嬉しそうだったのは、本当に凄いなぁと思うわけで
・BBがいかに仲間って感じられているのかが判った気がします

・そして私の番……だから引っ越しませんよ
・んで、なんで物陰に隠れるw
・バラを手にしたイケメン熊をパチリ

・そのバラはお客さんからBBやおねーさんがもらったのですが、おねーさんが茎をアレしてしまう
・やいのやいの囃し立てるわたし……って、あれ?
・札幌の皆さんは1チャンスのみでしっかり帰宅されるんですね
・場所が場所なので、滞留されるとちょっとアレなんかもと

・旅で関東から来た兄ちゃんなのでお目こぼしを

・明日は判らんよーとか言いつつw、札幌ドームを後にしました


そんなこんなで体調を崩しかけながら、翌日の本ちゃんwにむけたあたりを付ける私でありました。この辺、一発スペシャル的に撮っていくのも面白いのですが、2日間あるとココロに余裕が出来るなぁとか思う私でした。

その後、一旦宿に戻った後、ススメられていたスープカレーのお店に向かうも撃沈。宿近くのインド料理屋さんのスープカレーで我慢。帰還後は色々とやりながら、疲れ切った体を休めるのでありました
posted by おさない at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37685993
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック