2010年04月17日

仙台鷲vs千葉鴎(第1回戦)

ヒロインはゴエさん

光画部のホーム開幕戦の様子がようやく終わり、生観戦を含めながらの更新作業はどうしても進みが遅くなるなぁと思う昨今ですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

とりあえず、今日は写真選定日なので、それ以外の部分……。日々の観戦の備忘録を2試合ぐらい付け忘れていたのでw、その辺をがっつり粗編集じゃないですが、書いていこうと思います。

っつーわけで、まずは4月1日の千葉マリンスタジアム、狂風のブラックブラックナイトのオモヒデを箇条書きで行きましょうか。

・この日はいわゆる「遅刻」モード
・定時退勤で千葉へ向かうのですが、ちょっと出足が遅れる
・そして物凄い風
・横浜駅に着くまで、京葉ルートか総武ルートか悩む
・嫌な予感がするモノの、京葉ルートをチョイス

・東京駅ですでに遅延が
・嫌な予感が増大して行くも、突貫するのが心意気
・普通列車蘇我行きに乗車。周囲はサラリーマンメイン
・幸い、八丁堀で座れたので、まったりと

・新木場、舞浜で人が一杯乗って来るも、徐々に強くなっていく風
・そしてついに新習志野と海浜幕張駅間で抑止
・行き場のないお客さん
・あと少しで千葉マリンに着くというのに、届かない切なさ
・車内アナウンスで新浦安から西船橋に抜け、そこから千葉方面に向かって下さいという話が
・最初から総武ルートを取れば良かったのにと思っても後の祭りです

・沢山のお客さんと共に西船橋経由で幕張本郷へ
・久々に幕張本郷経由だなぁとか思いつつ、なんか真新しい連接バスに乗車
・車内アナウンスが唐川くん
・そのころ、京葉線の運転再開とこの日の先発、川越投手の降板を知って涙目
・勝利投手の権利を得たままだったので、何とかヒロインを! とかもめーずの勝利を祈る
・あとはバスの中で幕張本郷からの終電を調べていました

・いわゆる「振替乗車」で海浜幕張駅着
・千葉マリンスタジアムに向かいバス、ほぼ終了
・シャーナイので大風の中、徒歩で向かう私
・APAホテル幕張の前で、カメラ等フル装備なのにもかかわらず煽られるレベルの風
・とりあえず物凄い風に身の危険も若干感じたり


・千葉マリンスタジアム到着直前、歩道橋の辺りから「We love Marines」が聞こえ、7裏突入を知る
・結局、場内入場は7回裏途中から
・こういう日もあるさと割り切り、観戦の人であります

・試合は一点差の攻防
・薮田さんの生のお姿を数年ぶりに見てドキドキ
・相変わらず格好いいなぁと

・9回表は新クローザー、コバヒロが登板
・クローザー・小林が三凡だなんてありえないとか、妙なところで訓練されている鴎ファン
・強風でたえきゅんの帽子が何もしてないのに飛ばされるw
・韓流の初様は伊達じゃないですね
・死球と四球で二死2,3塁、バッター鉄平とか、見事なお膳立て
・ドキドキとエカエカが募りつつ……最後は三振でゲームセット!
・ステキな五凡でありました


・選手達とマーくん達がしっかりとハイタッチ
・西村ダンス後、お立ち台が設置されていくフィールド
・二階席から正面を狙う、平日の遅刻系観戦定位置で
・西村ダンスの振り付けをマーくん達で確認しようの巻
・風がハンパ無く強いので、お立ち台を押さえ込むマーくんとCOOL
・マーくんを更に支えるリーンちゃんとズーちゃんとか訳の分からない構図で撮影してる皆さん
・ヒロインは移籍後初勝利の川越さん
・ゴエさんはやっぱり格好いいッス
・マーくんとゴエさんが並ぶと……あれ? こんな時間に宅急便が

・場外に出るとき、バラエティ班の人がお見送りでご挨拶w

・試合終了後のイベントはまさなりおにーさんとメトキさん司会により、何でも黒帯選手権
・いわゆる一発芸大会w
・この辺の「ゆるい」ネタを挟めてくる、今年はエンタメ班絶好調だなぁとw
・今回は審査委員長は千葉の黒い旋風COOLさんとBLACK☆SPLASH!! のお二人
・ステージ進行が始まるまで、他のメンツにご挨拶を

・この日はエイプリルフール、朝一でマーくんのついた「八頭身化」にまんまとダマされたズーちゃんの所へ
・ズーちゃん列に並んでいると知り合いが「なんで来たんですか!」とか、驚かれる
・だって……ブラックだし……とか言ってて呆れられる私w

・とりあえず、ズーちゃんには遅刻とやられた後w、あんなにダマされちゃダメだよとお話w
・次が五月四日だと伝えると、「ながーい!」とブーブー言われる

・続いてはリーンちゃんの所
・もう遅刻なんですけどw、年に何度も見られないビジユニリーンちゃんはこぶんとしたら押さえていかないととかもちあげる
・パシッとポーズを決めてくれるリーンちゃんは流石
・あとはチクチクお針仕事の成果、ブラックリボンをパチリさせて貰いました

・ステージは呼び込みの甲斐あって、規定数突破
・まずは見本と言うことで、マーくんが一芸披露
・サイレントでピンクレディのUFOの振り付けをぶちかます永遠の五歳児
・お客さんドン引きだったとかよく判りません
・ハードルを思い切り下げていく、マー様に漢を見ました

・まさなりおにーさんとメトキさんのノリが段々と素人参加番組のMCになっているのを横目にwマー様列へ
・お、八頭身鴎! とか言ってると、そのようにポーズをかますマー様
・んー、無理はしない方が良いと思いますよw

・その後、強風の恐怖はあるモノの、知り合いとだべったり、グリーティング風景をスローシャッターで撮ったり
・お世話になってる兄貴とがっちり握手で今年最初のご挨拶
・刻一刻と過ぎていく時間も、風の息吹をどう感じていいのか判らないので踏ん切りつかづ
・普段の平日電車行き(東海道終電パターン)だと、余裕な時間も悩ましいところ

・そうこうしているうちに各々が引き上げ
・ズーちゃんにまったねー! とかご挨拶
・続いてはマーくんが引き上げ
・次が五月の四日だって話とか、その次の「負けられない闘い」の出欠状況とかを
・まぁ、言わんでも行きますがw
・その後、なで王とじゃれているマー様
・なのにがトリガーになってキレたのか、すっかり忘れましたがw、いいコンビですね

・審査委員長のCOOLもイベント終了後にグリーティング
・チョロッとご挨拶しつつ、アクロバット頑張ってね! とか、そんな塩梅

・この日最後に引き上げてきたのはおやびんことリーンちゃん
・てくてく歩いているのを撮ろうとしたら、風に煽られてしまったでござるの巻
・風がこんなんだから、マジメに帰るわとか言ったのですが、腕をガッと捕まれ、連行されるこぶん
・思い切り笑ってやがるおやびんに苦笑いな私
・とりあえず、今月末に北海道に渡るんで、そんときまたお父さんの何か買ってきますよとか、そんな話を
・北海道行きを聞いて、どこかへと電話をかけるリーンちゃん
・BBには前々日伝えてあるよとか、そんな話を
・念には念をなんでしょうかw

・っと、いつもより早い時間だけど、後ろが怪しくなる気分
・千葉なお知り合いな皆さんも「オサナイさん、上がった方が良いですよ」とか心配されてしまう
・なので、リーンちゃんに「風がこんなんだから、帰りますね」とか
・それを聞いて、青島コートの袖を手すりに結びつけようとするリーンちゃん

・あんた鬼や……と思いつつ、遊んでくれるリーンちゃんに大感謝


・それはそれとして、皆さんにご挨拶をした後、本気歩きで海浜幕張駅へ
・2235発の東京行き列車が五分遅れの表示
・京葉線に賭けることに

・海浜幕張発は七分遅れ
・発車直後から20mの強風を関知して徐行運転
・東海道線の最終、2351に乗車できれば私の勝ちなので、序盤は余裕でした
・行きに規制のあった区間を徐行運転で乗り切り、舞浜を越える列車
・ネタ的に余り盛り上がらないかなぁとか思いつつ、Twitterで呟く私
・舞浜では春休みを謳歌する学生さん多数で学生気分

・これが本当の地獄の始まりでありました

・あと数駅で地下区間と言う葛西臨海公園で停車中、先行区間の潮見で風速25m越えで運転中止の報
・しばらくして、葛西臨海公園でも25mを記録してにっちもさっちも進退窮まる

・上下線共に止まる列車
・落胆する車内
・揺れる車両

・しばらくして、下りを新浦安まで動かし、そこから武蔵野線で千葉・東京方面に移動して下さいというアナウンスが
・日本語に加えて中国語のアナウンスも
・アナウンスに従い、下り列車に乗って見るも「間もなく発車します!」のアナウンスが20分ほど流れる
・その途中に総武線も風でアウトとの連絡が入る
・段々とテンションが上がってくるw
・風が弱まったのを確認

・すんでの所で上りに賭けてみることに
・車内のディズニーランド帰りの皆さんがボロボロ

・徐行運転のまま進む列車に今冬に乗った陰陽連絡ローカル線の姿をだぶらせる
・ほどなくして新木場、湾岸署ののあるw潮見を抜けて地下区間
・越中島で下り線が「通過列車です」のアナウンスの後に東所沢行きが到着とか大騒ぎ

・ヘロヘロになりながら東京駅着
・新幹線の行き先表示がすでに翌朝のモノに
・まずは確認だと窓口氏に下り方面の列車を聞く

・京浜東北線最終の蒲田行きのみ
・他の行路も手段もないことを確認してホームへ
・到着の列車の乗務員に蒲田駅以降の対応を確認するも判らぬの一点張り
・輸送指令とかに確認しろよと思うも、色々あるので「蒲田駅で確認すればいいんですね」と断ち切る

・定刻を過ぎてももちろん発車しない列車
・いつもの最終列車w、海浜幕張発2305のお客さんを待っての発車と予想
・車内はけだるさ満載
・京葉線から乗り込んで来たお母さんと娘さん達がグッタリと寝てる
・妙にテンションが上がってしまい、目が冴えている私でありました

・蒲田駅到着後、物凄い脱力感に襲われている乗客
・とりあえず、窓口で確認すると、タクシー代行が確定しているとのこと
・早め早めに動いていたので、早い段階でホームの駅事務室へ
・とりあえずは横浜までのきっぷだったんで、横浜とか言ってたんですが、他の人が金沢文庫でOKとか言う話に
・だったら海老名までOKですか? と聞いたのですが、OKとの返事
・さらに同じ方向がいるわけもなく……つか、ギリギリな所まで千葉にいる神奈川県央人がアレなわけでw
・結局、一人きりのタクシーで海老名まで運んでいたく事に

・これは終電を逃したことには……なりませんよね?

・睡眠4時、起床6時で翌日は頑張ってましたw



っつーわけで、球場にいる時間よりも電車で戦っている時間の方が多かったですなw

まぁ、色々な意味で印象的な一日だった様な、そんな気分で一杯。とりあえずはまぁ、中々見ることの出来ないリーンちゃんとズーちゃんのビジユニやリーンちゃんのブラックリボンとかを見ることが出来て嬉しかったです。

なお、この模様は……しばらく後に光画部でお届けします。
posted by おさない at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37172467
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック