2005年11月13日

アジアシリーズ決勝戦

韓猫3−日鴎5
いつもの野球とテレンコ守備のオンパレード…。

反省会直後にスタッフ達にマーくん達とサムスンライオンズのマスコットのふてぶてしさを解説。
自ら首をもぐ「ふ て ぶ て し い ヤ ツ ら」の話からマーくんの悲劇へ。
ネットで衝撃のグロ動画を発見して腹を抱えてへこむスタッフ達(苦笑)。

とりあえず、放送の片づけが終わらなかったので局でNTVを見る。
番組ディレクターの5150氏も仕事が終わったのか、一緒に観戦。
スンスケ氏のサブマリンの調整がよろしくないのかぴりっとせず。
バックの守備もプレーオフや日本シリーズの神がかった守備を忘れたかのようなテレンコ具合。
もちろん主力級を怪我で欠いていたり、二枚目の面々が出てたりなんでしょうが。
主力級を脅かすぐらいになってくれないと、ね。
キラリと光る何かがないと正直きついよね。
さらなる精進を求めたいところ。

ほぼ作業が終わったのか、ウチのボスも作業しつつ観戦。
野球の話題はあまりくわしくないボス。ちなみにホエールズファン。
そのボスはスンちゃんの応援がどうしても「釜本」って聞こえるって言い張るのですw
5150氏とともに懇切丁寧に説明。
なんとか納得してくれました。

片づけも終わったので、帰宅。テレビは無理なのでニッポン放送で観戦。
渡辺正人のホームランに大喜びな私。
もちろんロドスタの幌は完全オープン。
こういうバカがいてもいいよねw
JR相模線・上溝駅付近を走行中、ニッポン放送のアナウンサーが衝撃の事実を伝えます。
どうやらまたサムスンライオンズの「ふ て ぶ て し い ヤ ツ ら」が頭を外したらしいのです。
日本やメジャーじゃ考えられないって言ってたけど、普通に考えてもありえないでしょうw
NTVで全国放映されていないことを祈っています。

帰宅後、飯を食いながらNTVで観戦。
掛布や実況の煩さに辟易した母親がJ SPORTSにチャンネルチェンジ。
NTVはJR東日本出身、赤星選手がゲスト解説。
彼も一杯喋ってたみたいですけど、元ライトスタンド応援団って事で血が騒いだのではないでしょうかw
ま、現役選手の解説の方が的確で面白いのは確かなんですけどね。

サムスンライオンズの中継ぎ陣の出来がすばらしく、マリーンズは追加点の取れない展開。
逆にマリーンズ投手陣もヒットは打たれるけれど、後続を何とか押さえてるという展開。
緊張した展開なんだかなんだかよく分からなくなってきました。
そして迎えた9回表。藤田、藪田と繋いだマリーンズは幕張の防波堤、小林雅英に繋ぎます。
いつもの、そして盤石wのリレーですね。

日本の守護神と煽るJ SPORTSの実況氏。ちょっとニヤニヤ。
先頭バッター三振。これで大丈夫だと思った次のバッターにヒット?
守備の乱れが重なりバッターは2塁。レギュラーシーズンでは無かった光景にげんなり。
いつものことだと思った3人目、二遊間を抜ける中前安打で1点。
続くバッターはセカンドへのゴロながら、オールセーフ。
4人目は三振でツーアウト。

後一つでアジアチャンピオン。
でも、マウンドは幕張の劇場王防波堤、コバマサ。
大丈夫だと言い切れない怖さと隣り合わせ。

5人目に再び中前に運ばれ、再びテレンコ守備発動で1点。
ついに2点差。コバマサ劇場が華麗に開幕。
そりゃもう((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルですよw

しかし、劇場もここまで。
6人目のバッターを三振で打ち取りゲームセット。
結局9回は3アウトがすべて三振でしたとさ。

胴上げやら閉幕セレモニーを見て終了。
MVPは今シリーズ9打点のベニーちゃん。
ベニーちゃんのアジアシリーズになりましたね。
ボビ夫さんの日本語、何が出てくるかワクワクしながら見てました。
某新聞社東京支社長の時に不穏な空気だったのは気のせいかしらw
それにしても、宣銅烈監督は癒されるねぇ。
あと、やっぱりベニーちゃんは可愛いやw

しかし、ほぼ全周囲をマリーンズファンで埋め尽くした東京ドームは圧巻ですな。
8回裏、西岡のところで大音量のチャンステーマを聴いたときは鳥肌。
日曜日で千葉と川崎の真ん中って立地を考えると行きやすいもんね。
正直、ジャイアンツ戦より入ってただろうし。
来年はチケット取りずらそうだなぁ…。

ま、なにはともあれ、千葉ロッテマリーンズ、アジアチャンピオンおめでとう!!

さて、今アジアシリーズの個人的裏MVPを発表しておきましょう。
「タイトルがまだない(仮)」の選んだ裏MVPは!

サムスンライオンズのふてぶてしいマスコット雄雌と言うことで。
不可抗力でもげるのは仕方ないにせよ、バク宙の為にみずからもぐとは…。
アレを見た子供達が将来へんなトラウマに苛まれないことを祈っています。
posted by おさない at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/353789
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック