2007年03月09日

【TB企画】鉄道好き−プロ野球ブロガー編−まとめ(11)

○ーテルーーーーーー!!
※画像は手持ち画像からアイアン的な写真をお届け。今日は機械の体をもらいに行けそうな気分になる梅小路蒸気機関車館のC62 2です。

【TB企画】鉄道好き−プロ野球ブロガー編−」まとめエントリーの第11弾です。今回はQ15のまとめパート8です。

さて、まとめ作業も今回でいよいよファイナル。今日も張り切って皆さんのオモヒデをまとめていきますよー。


■元記事
【TB企画】鉄道好き−プロ野球ブロガー編−

まとめ1(Q1〜Q3)
まとめ2(Q4〜Q9)
まとめ3(Q10〜Q14)
まとめ4(Q15−1)
まとめ5(Q15−2)
まとめ6(Q15−3)
まとめ7(Q15−4)
まとめ8(Q15−5)
まとめ9(Q15−6)
まとめ10(Q15−7)

Q15.今まで乗った路線や列車でキオクに残る路線や列車はありますか?

最終回は4者のオモヒデを纏めて、別エントリーで総括をつらつらと書いていこうと思います。

FREE TIME」・FREE TIMEさんの回答。

「京都のトロッコ鉄道」と言う回答です。

トロッコ用DE10
これは、いわゆる山陰本線の旧線をDE10型ディーゼル機関車牽引のトロッコ列車で巡るという「嵯峨野観光鉄道株式会社」ですね。梅小路蒸気機関車館でもトロッコの体験乗車が出来ますが、アレはトロッコと言うよりも動態保存されている蒸気機関車を楽しむというものですからね。2004年春に行ったとき、C62 2の運転に当たった私はラッキーボーイw

さて、話を元に戻しましょう。「嵯峨野観光鉄道株式会社」はトロッコ亀岡とトロッコ嵯峨嵐山を結ぶ観光鉄道でJR西日本の完全子会社です。山陰本線・京都口を新線(今の嵯峨野線)に切り替えた際に、風光明媚な保津峡沿いを走る旧線を観光鉄道化したものです。この区間は初代「電車でGo!」のキハ58乗務の初級ステージに登場したり、映画「蒲田行進曲」でヤスが小夏を連れて大々的に里帰りをしたシーンに登場したりとメディアへの露出が(一部でw)多かった路線です。

私が2004年春に関西旅行をした際に昔からの知り合いから「山崎カーブとトロッコは行っておけ!」と言われたんですが、残念ながらそのときは「太秦映画村」と「梅小路蒸気機関車館」を優先させたので、山崎やトロッコには行けなかったんですけどね。ちょろっと嵐山周辺に行きたい気分や京都の幕末の遺構巡りに行きたい気分が高まってきてるので、何かの機会に乗りたいなぁと画策中です。



Red's Princess Journy」・レッドサンダーさんの回答。

列車は「北斗星1号」、路線は「磐越西線」をあげていただきました。

雪たっぷり北斗星
様々な方が挙げていますけど「列車で寝て、目が覚めたら北海道」ってのはやっぱり凄いですよね。現在でこそ豪華寝台特急も「トワイライトエキスプレス」「カシオペア」と仲間が増えてきましたけど、青函トンネルが開通した直後はそれこそ「北斗星」と言う名前のブランド力に鉄も旅行者もメロメロでありました。乗ってみたい気もするけど、豪華寝台特急は一人乗車がなんか勿体ない気がするんだよね。まだ見ぬ「いいひと」と一緒に乗りたいんすよw


……妄想するのはじゆうでしょ(´Д⊂


雪と戦う磐越西線
お気に入り路線の「磐越西線」は……私も印象深いというか、自らの業の深さを知った路線というかなんというか。青春18きっぷの旅をはじめたのは2004年夏からなんですが、使用は2003年夏からなんですよ。当時は鉄塔を売り歩いていたってのを以前書いたと思うんですが、そのとき、色々とあった打ち合わせの為に神奈川から会津若松まで青春18きっぷで鈍行で行ったことがありまして。特急あいづが郡山−会津若松を結んでいた末期と思って頂ければと思うんですけど、その旅路でなにかこうグッと来るものがあったのか、翌年夏に5回分を日帰りで、再就職を果たした2005年夏は5日連続で……と色んな意味で崩壊の一途をたどり、さらには2006年初頭の豪雪大会があったとき、新潟方面から福島に抜ける行程として磐越西線チョイス(この日の宿は福島県の飯坂温泉)。津山駅で雪の為に1時間程度抑止を食らい、会津若松で予定していた列車の接続はダメに。最終的に目的の温泉宿に着いたのは23時半頃という嫌がおうにもキオクに残る路線になってしまいましたw

さて、磐越西線は郡山−喜多方までの交流電化区間と喜多方から新津までの非電化区間に別れます。交流電化区間は主に交直流国鉄急行型電車・455系が最後の活躍を続けています。赤い塗装とあかべこマークは磐越西線の良いアクセントになっています。一方の非電化区間はキハ110系などを使用している快速列車(新潟−会津若松「あがの」)にキハ47と言うラインナップ。また、SL(C57・磐越ものがたり号)が走ったり、電化区間に臨時で583系が入ったりとイベントも多数。今年は除雪用として裏方を担当していたDD53が先頭に立つというイベント列車(逮捕者数名(苦笑))も走り、色んな意味で熱い路線と言えるでしょうか。まったりしたいときは会津若松駅名物「ライブカメラ」を眺めるのが吉ですよ。



何を書くねん」・TGKさんの回答。

「南海和歌山港線 水軒駅」とのことであります。

まとめの5回目、TeroRinさんも挙げていた「南海和歌山港線の水軒駅」なんですが、なんというか様々な思惑が裏目に出てしまったという路線という感じなんすかねぇ。無くなってしまった路線や駅の写真、当時を伝える文章を見れば見るほど、現役時代に行ってみたかったなぁという気分でいっぱいになりますね。廃止後はホームや架線・架線中の撤去は行われたものの、線路はそのままになっているようですね。こう言ううらぶれたというか、廃墟というか、遺構と言うか、そんな風景にグッと来てしまう今日この頃。



han9_ensenの鉄とパリーグの日々super(新館)」・han9_ensenさんの回答。

オーラスのキオクに残る路線・列車は……「国鉄最終日、「謝恩フリーきっぷ」で乗っていて、架線事故で止まった東海道新幹線」と言う文字通りに東海道新幹線という昭和のキオクに残る路線でキオクに残るトラブルだったようです。


1987年 3月31日 「日本国有鉄道」解体
1987年 4月 1日 「JR各社」発足


今年の4月でJR発足20周年を迎えるわけですが、20年前のみなさんは何をしていましたか? 私は10歳で小学校5年生直前の春休み。鉄道は好きだったけど、アクティブではなかったので、テレビで放送される国鉄解体・JR発足特番を見ていたようなキオク。JR西日本号のマイテ49復活とかすげーって思っていたり。あ、小学校5年のオモヒデと言えば、HRの時間に男子と女子g(ry

青梅の山の0系新幹線
han9_ensenさんが使った「謝恩フリーきっぷ」と言うのがどんな塩梅だったのかを調べてみたら「1万枚限定で6000円。3月31日のみ有効。フリー区間は国鉄全線。特急列車自由席乗り放題」とまさに謝恩企画。10周年記念謝恩フリーきっぷは3日間有効で30000円(特急列車自由席乗り放題は替わらず)だったこと、20周年に至っては春の青春18きっぷの割引(\11500 → \8000)のみという切なさ。せっかくのJRなんだから、「謝恩」と言うキモチを忘れなで欲しいんだよなぁと。日頃の列車両数は減らすは空調は効かないはで一般利用客のキモチを逆なでしている某オレンジがコーポレートカラーの会社には特に「謝恩」ってコトバを忘れないで欲しかったり。まぁ、20周年記念がアレだったのも東海道新幹線区間の乗り放題に難色を示した某社がって言う噂がまことしやかに流れましたしね。ホント、東海道新幹線にかかりきりなのは判るけど、在来線も何とかしないとどうしょうもないんじゃない? と勝手に思ってみます。ライバルがいる路線は気合入れるんだけどね、あそこの会社はw

もし仮に一日だけ同じような「謝恩きっぷ」があったと仮定して、妄想行程を立ててみましょうか。こういう遊びをするのも乗り鉄の楽しみというわけで。とりあえず神奈川のオサナイ家準拠の日帰り行程を考えてみましょうw


ムーンライトながら号 小田原−名古屋
東海道・山陽新幹線 のぞみ59号 名古屋−岡山
伯備線・山陰本線 やくも3号 岡山−米子
山陰本線 スーパーまつかぜ8号 米子−倉吉
因美線(智頭急行別料金) スーパーはくと8号 倉吉−姫路
山陽新幹線 ひかり462号 姫路−新大阪
東海道新幹線 のぞみ30号 新大阪−名古屋
中央本線 しなの21号 名古屋−長野
長野行き新幹線 あさま550号 長野−東京
東海道線 東京−茅ヶ崎


ながら乗車、小田原までの料金と智頭急行分を別にしても、これならば日帰りできる行程みたい。だから乗るだけの行程h(ry



つーわけで、みなさんのQ15を本当に駆け足で紹介させて頂きました。喋りをやっているもんで、テキストより音声で収録した方が早いよなぁと何度も思いましたが、なんとかテキストで頑張れたかなぁと。まぁ、何かの機会にPod Castでも紹介できればなぁと思ってます、はい。


そいでは、分割案内板を境に今回の総括を行っていきましょうか!

(続きます)
posted by おさない at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3501799
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック