2005年10月15日

熱狂の千葉マリンスタジアム

選手はいませんよ
※クリックするとおっきくなりますw
放送終わりで千葉マリンスタジアム行き。
乗り換えの時間ももどかしいけど、平静を装うって乗車。
長津田から田園都市線。
地下鉄有楽町線にスイッチして新木場。
京葉線に乗り換えて海浜幕張。
京葉線の中にそれらしき人がちらほら。

海浜幕張下車、吉野家でエサを仕入れてシャトルバス。
千葉マリンスタジアムに到着して驚き。
普通に試合が行われているような人の入り。
試合はすでに2対0。
31年ぶりってのはやっぱり人を揺り動かすんでしょうね。
普段は内野自由席である2階に移動。なんとか空席を見つけて着席。
飯を食って一段落。
応援し始めて、八回表に2点追加。
これは行くぞと雨脚も弱まってきたので1階に移動。
その時に備えます。

9回からは守護神、小林雅英。
ここまで4戦で4回クロージングに成功。
もう栄光はそこまで来ています。
1階に下りてきた私。
周囲には報道のカメラもスタンバイしており、その時を待っています。

のだが…。
緊張なのか変な力が入っているからなのか、真ん中が入らない。
置きに行ったストライクを痛打。
怪しげなジャッジもあったりで連打連打で1点差。
ランナー2,3塁でバッターは当たりがない松中。

そこでなぜに勝負しない、コバマサ!

2アウトフルベースでバッターはズレータ。
最後は一番やっちゃいけない押し出し。
落胆の色が明らかに見える千葉マリンスタジアム。
はっちゃんセレモニー試合の直行へのブーイングとは明らかに違う怒り。
信頼はしてるだろうし、心中だったんだろうけどさ…。
1階に下りてきたときは、まさかこんな事になるとは…。


−−−−−コバマサ劇場、土壇場で崩壊。
−−−−−−−−幕張の防波堤が鮮やかに決壊。



言葉にならない。



しかも、げんなりしながら京葉線、東海道と乗り継ぎ茅ヶ崎。
休日ダイヤを見誤り、相模線終電は行った後。
小林雅英がしっかり3人で押さえてれば、ちゃんとおうちに帰れたのに。
シャレになんねーっすよ。
とりあえず歩いては見たものの、雨に負けてタクシー。


orz コンナトキニゲキジョウホウカイスルトハ.........






「それはそれこれはこれ」


さ、頭切り替えましょ。
千葉ロッテマリーンズが王手なことは変わりないんだし。
第四戦の先発は髪型をコーンロウに変えたコバヒロ。
一方バンクは背中に違和感があって登板回避してここにスライドしてきた和田。

明日こそ決めましょう。
今日録ってきた千葉マリンスタジアムの状況を笑い話にする勢いにしてください。

あしたこそ31年ぶりの美酒で酔っぱらいたいぞ、オレは!
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2005
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/349208
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック