2007年02月28日

【TB企画】鉄道好き−プロ野球ブロガー編−まとめ(4)

415系、増結待ち
※画像は手持ち画像からアイアン的な写真をお届け。今日はまもなく関東では見られなくなる415系の雄志です。

【TB企画】鉄道好き−プロ野球ブロガー編−」まとめエントリーの第四弾です。今回はいよいよQ15まとめの開始であります。かもめーずのオープン戦のネタは…明日ドバッと行きましょうかいね。つか、成瀬くんの体がパワーアップしたような気がしますよ、奥さん。


■元記事
【TB企画】鉄道好き−プロ野球ブロガー編−

まとめ1(Q1〜Q3)
まとめ2(Q4〜Q9)
まとめ3(Q10〜Q14)

Q15.今まで乗った路線や列車でキオクに残る路線や列車はありますか?

一番まとめるのが楽しくて、一番まとめるのが難しいQ15の問い。

どうしようかと考えたのですが、とりあえず一回のまとめで5つの回答をご紹介していければなぁと思ってます。アタシを抜くと参加数が40ですから、8回前後で終わる予定でまとめさせて頂きます。

また、手持ちにそれっぽいw画像があれば載っけさせて貰います。この辺りは腕も減ったくれもないネタ系写真部部長だったので容赦下さいまし( ´∀`)

それではみなさんの回答を見てみましょう!



ワクワク仏像ランドへの道」・とんさんの回答。

キオクに残るのは「スイスの氷河特急と長野新幹線開業前の碓氷峠」とのこと。どちらも「山と鉄道」と言う仲間と言うわけですな。

スイスの氷河特急の方は標高1000mオーパーのポイントをぐんぐん進んでいく様な塩梅で、もの凄いスケールの黒部峡谷鉄道って感じかしら。氷河特急を紹介したサイトを色々見てみたんですけど、「世界一遅い特急」と言う煽り文句や圧倒的な車窓など、結構惹かれるポイントが多数かも。

横川駅にて
そしてもう一方の「長野新幹線開業前の碓氷峠」ですが、私は映像や写真でしかその姿を見たことがありません。横川駅に到達できたのは往年の姿を忍ばせるのは長大なホームと留置(保存とは言いにくいよね)されていた189系とEF63辺りだけ。そんな塩梅になっていてもおぎのやは駅前で営業していましたし、構内では駅そばを振る舞っていました。名物駅そばは各所にありますけど、横川の駅そばは私が「うまい」と感じた数少ない駅そばだったりします。

横川に訪問したとき、鉄ではなく車だったんです。せっかくなので留置保存車両(今は鉄道文化村の奥で修繕作業中)とアタシの愛車、ユーノス君を並べてみた写真があるのでうpします。

…鉄道車両って大きいんだなぁってのを改めて感じさせてくれる一枚です。



小馬太郎兵衛@タコのイカ踊りぃっ!!」・小馬太郎兵衛さんの回答。

観戦遠征と共に旅打ちがご趣味wの小馬太郎兵衛さんは小倉競馬でオケラになった後、当時残っていた「定期の客車列車」に乗り、その後大阪に向かうときの新幹線は「内装が改装されていない3+2の0系新幹線」だったというお話。

客レ
現在、JR・私鉄共に定期ダイヤに乗っている列車で客車で運行されている鈍行は皆無なんですよね。臨時や期間限定でSL列車やストーブ列車(津軽鉄道)があったり、12系客車改のグリーン車で青春18きっぷ期間などに運行されるムーンライト松山・高知に普通指定席車が繁忙期だけ繋がるとか、そう言ったレベルでして。寝台急行・特急に目を向けてもカシオペア・北斗星・トワイライトエキスプレス・はまなす・あけぼの・北陸・富士/はやぶさ・銀河・なは/あかつきの11列車しかないんですよ。見て頂いたとおり、客車列車自体が少ない中、最後の客車鈍行に乗ることが出来たのはまず間違いなくキオクに残る列車でしょうね。冷房が壊れて、一般人は怒るんでしょうけど、鉄は間違いなく窓を開けても怒られないとドキワク必至ですしw

SHINKANSEN
そしてもう一つの「内装が改装されていない3+2の0系新幹線」。今回回答して頂いた昭和の生まれなメンツにとって新幹線と言えば「0系」だと私は思います。ただ、正直、私はあまり東海道新幹線に乗る機会がなかったんです。でも、地元が元々鴨宮実験線の一部であり、駅を作れと県が妄想陳情している場所に住んでる人としては結構身近だったりするわけでして。それでも中学時代の修学旅行はJRマークぐらいしか国鉄時代と差異はない0系こだま@修学旅行臨号に乗って京都まで行きましたし。オトナになり、青春18きっぷを使ってアイアンなひとり旅をするようになった時に、岡姫ワープをしようといわゆるUFJカラーの0系を狙って乗ったのも良い思い出です。



考え直させて (私家版) 」・麻生 kさんの回答。

ブルトレ風景
「修学旅行で乗った「エルム」の筋の寝台」とこと。理由はココでは書けないこt(ry との事でした。なんとなく書けないことが伝わってしまうんですが、どうしましょうかw

小学校の修学旅行は167系かながわ号で日光、中学の修学旅行は0系新幹線で京都奈良、そして高校の修学旅行、行きは県内公立校初の飛行機(出発の前の週辺りに中華航空機の事故があり、その同型機とかでドキドキしたキオク)、帰りは札幌から北斗星……だったと思うんですが、当時は鉄冷却期間で全然キオクがないんすよ。今考えれば勿体ないことしすぎてるんですけど。

で。

高校は男の園であった男子校。さらにボンタン・リーゼント等の最後の世代と言うこともありまして、隔離されていたと思われる寝台の車内では大騒ぎでありましたよ。それこそ残るテキストには書けないあんな事やこんな事がw ただまぁ、色恋沙汰的なモノが皆無でどす黒い修学旅行だったのだけはしっかりと覚えています( ´∀`)



寝台特急Anjo 26号」・安城マリーンズさんの回答。

「子供の頃の北海道旅行の際に乗った湧網線」「冬の大湊線」「急行かいもん」とのこと。冬の圧倒的な景色が見られた湧網線。風光明媚な北の大地の赤字路線でJRまでは…持たなかったようですね。ネットで画像を漁ると本当に「北の大地の荒々しさ」が感じられて、良い塩梅なんですよね。夏は夏で北方面特有の「短い夏を精一杯生きている」風景が広がってたみたい。もう一つの「冬の大湊線」は青森県の東側に位置するローカル線。現在はキハ110が闊歩する路線で、下北半島を突き進んでいきます。冬のローカル線て車窓の寂しさ、荒涼さと車内や職員さん、お客さんの暖かさというギャップがたまらんものがありますよね。

「急行かいもん」はもう私にとっては図鑑の中の列車です。昼行の475系、夜行の20系+12系って言う組み合わせにドキドキ。ブルトレブーム前後の書籍でキラ星のごとく輝く寝台特急列車群の後に来る寝台急行達が地味ながら格好いいと思った子供でありました。



We Are 26th!!」・JFさんの回答。

印象深い列車が「ローカル区間で出会った手動ドア列車」、景色が「札幌から小樽へ向かう快速エアポートの車窓風景」とのこと。

JR東日本が全国に誇る「半自動ドア車両」が突っ走る相模線ユーザーではありますが、手動ドア車に初めて出会った(飯田線、上諏訪から豊橋まで直通する115系がはぢめてでしたw)ときは本当にビックリしました。半自動ドアで何も知らずに立っているのも結構恥ずかしいですけど、手動ドア前で何もしないで出遅れるのも結構恥ずかしいモノであります。そんな私も上越・新潟方面の115系、全国のキハ40系などで手動ドアに飼い慣らされてしまいました。慣れれば最近の半自動ドア特有のチャイム音もなく結構快適だったり。

車窓の方はいわゆる「山線」と呼ばれる札幌から小樽を経由して長万部に抜ける函館本線の方ですね。現在、優等列車群は長万部から室蘭本線(通称・海線)を経由する列車に全て置き換えられていますが、万が一の場合(災害など)で室蘭がアウチな場合は函館本線を使うようですね。北海道は未踏の地なので聞きかじりでしかないですし、みなさんのブログや旅行記を見るほか無いんですが、本当にすばらしい車そうなようですね。

……私が北海道に渡る日は何時のことになるんだろうなぁ。本人、行く気は満々なんですが、先立つお休みがないってのが実情でして。あとはおぜぜとかおぜぜとかおぜぜとか(ry 縦ノリ・札幌ドームでやきう観戦もして見たいんすけどね。




と言うわけで、こんな風に5つのブログずつ紹介していきますね。
せっかくみなさんにキオクに残る路線や列車などを挙げて貰いましたから、この辺りはガッツリと紹介させ頂きますっ!

posted by おさない at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3433797
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック