2007年02月20日

檻と近鉄(の経営者)…。

選手、コーチ、監督、球団職員……そしてファン。

みんなの気持ちは経営者と呼ばれる上層部には通じないんでしょうかね。

中途半端な形の合併とか、中途半端な形のその後とか、端から見ててもおかしいとしか思えない動き。今やるべき事は他にあるじゃないのって思うんですけど、ねぇ。

他所のチームのファンが見てても「もやもや」してる話なんだから、チームを応援しているファンは冗談じゃないって思うんだろうなぁと。

香川オリーブスタジアムで出会った元阪急ブレーブス応援団のおっちゃんはこの話をどう思っているんだろう……。

「バファローズ」今季限り?

 オリックスの愛称「バファローズ」が、今季限りで消滅することが濃厚になった。近鉄球団の親会社だった近畿日本鉄道が、合併3年目を迎える今季を最後に、球団経営から完全撤退する見通しであることを受け、オリックス本社、球団がすでに愛称変更に向けて検討に入っていることが19日、明らかになった。新名称は現在ロゴとして使用している「Bs(ビーズ)」を軸に、一般公募で募集する案も浮上している。

 2004年オフの合併以降、続けていた球団経営への出資について、近鉄サイドが「今年の成績には関係なく、3年で終わり」と、今季いっぱいの打ち切りを内定。合併球団のイメージから脱皮を図りたいオリックスは、新愛称命名への検討に入った。

 既に、移行に向けての作業は着々と進んでいる。今年、ウインドブレーカーの胸の文字が「Buffaloes(バファローズ)」から「Bs(ビーズ)」に変更。ユニホームにバファローズの文字は残さず、機谷(はたたに)俊夫球団代表(44)は、「今年はBsを前面に打ち出していく」と、イメージ刷新を強調している。
なんかもう、ファンの人々、現場の人々が苦労した歴史の爪のあかを経営者に飲ませてやりたいですな。合併の苦しみを乗り越え、訳のわからん動きに惑わされることなく応援しているファンが不憫です。だったら、合併時にもっと突っ込んだ話し合いをすれば良かったんじゃないかなって思うのは自然の流れだと思うですよ。

それなのに……。

ファンは好きな選手を応援していくって姿勢は変わらないと思うんですよ。でも、チームに対するキモチってのはどうなんだろうと。ブルーウェーブのファンにもバファローズのファンにも無茶苦茶な話を経営者が強引に通して、後はサヨナラってのは一体どうなのよと感じました。

正直、ワタシは他球団のファンではありますけど、なんかおかしいよなぁと思った今日この頃でありました。




あ、そうそう。記事の中に「合併球団のイメージから脱皮を図りたいオリックス」と言うのがありますけど、どうあがいても、この先そのレッテルがはがれることは無いんじゃないかなぁ……。
posted by おさない at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3385118
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック