2007年01月31日

鉄ヲタブランド化計画、発動

この春、ファミリー劇場でアニメ化が決定した「鉄子の旅」。その作品中、旅の案内人という形でトラベルライターの横見浩彦氏が登場。良い味を越え、色んな意味で美味しいキャラでかっ飛ばしてくれています。

その横見氏が「鉄子の旅」中に「鉄ヲタブランド化計画」なる計画をぶち上げたことがありまして(四巻 第28旅、肥薩線内より)。要するにアイアンな人について回る偏見を払拭し、「鉄ヲタ=(・∀・)カコイイ!!(・∀・)イイ!!」と言う世の中にしてしまおうという、希有としか言いようがない計画なのであります。


……踊るスピンオフ「交渉人 真下正義」の舞台、TTR。


……そしてそのスピンオフ「逃亡者 木島丈一郎」での上野発の夜行列車(あけぼの)で逃避行。


……汲々とするローカル私鉄、銚子電鉄を取り上げるメディアの数。


……タモリ倶楽部での『タモリ電車倶楽部』の活躍っぷり。


……列車に乗った仮面ライダーこと2007年の仮面ライダー電王。


……「鉄子の旅」のアニメ化。


昨年中盤辺りから目に見えて多くなってきている鉄道ネタの数々。横見氏の鉄道ブランド化計画は我々のあずかり知らないところで静かに進行していたのでありました。

しかし、横見氏の発言をネタにしたキクチ先生もまさかジャニーズの人が主演の鉄ネタ系ドラマが出来てしまうとは予想だにしなかったでしょう。


鉄ヲタブランド化計画、恐るべし……。

田中聖“鉄ちゃん役”でドラマ初主演

人気グループ「KAT―TUN」の田中聖(21)が4月スタートのTBSドラマ「特急田中3号」(放送枠未定)に主演する。バイプレーヤーとしては日本テレビ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」などで存在感を発揮してきたが、連続ドラマの主演は初めて。番組名に実名が入る異例の主役ゲットとなった。

 役名は「田中一郎」。タイトルにも「田中」が入る厚遇に、番組の磯山晶プロデューサーは、田中がヤクザの子分を演じた「マイ☆ボス…」(06年7〜9月)などを見て「ダイナミックな人が現れた」と魅力にコロリ。「彼の初主演ドラマをぜひ制作したい」とオリジナルのラブコメディーを企画した。(スポーツニッポン)
KAT―TUNの坊主の人が初主演と言うことの様なんですが……。この企画考えた人間は間違いなく鉄のダークサイドに堕ちた人であろうと。どんなんかは情報もへったくれもないのでアレですが、主人公の名前を見てピンと来たあなたはワタシと同じ穴のムジナ。


>>役名は「田中一郎」


どう考えても名前のモデルは春風高校の誇るインターバルタイマーの人です。本当にどうもありがとうございました。

Rくんが21世紀になって、実車で降臨したって事でOKすかね?w

主演のファンの方はまずこの手のネタに食いついてこないだろうけど、世の中を斜めから生暖かく見守っている兄ちゃんとしては食いつく要素が一杯であります。とりあえず、役よりも周辺の鉄ネタに反応する人がワタシも含めて一杯いるってのは現時点で容易に予想できますからね。制作陣は各種整合性をちゃんととらないと、鉄からのツッコミ所満載ドラマとして刻まれる恐れもあったりなかったりなんジャマイカと。その辺、ブレーンに鉄な人がいるでしょうし、スタッフの中にも世を忍んでいる鉄な人もいると思いますけどね。

つか、ロケがどうなるのかとか協力鉄道会社がどうなるのかとか、余計なところが気になって気になってしょうがない人でありました。


ローカル線云々っつってるんだから、JR各社やローカル私鉄とはわたり付けてちゃんとやってくれるはずではないかしらと。久々の鉄系ドラマみたいだし、アイアン派な人々の期待は大きいってのを制作陣は肝に銘じて創って欲しいですな。

CG一辺倒だったり、音がアレだったり、トンデモ設定だったら……怖いッスよぉ。でも、タモリ電車倶楽部の重鎮が普通に出てきそうな気もしないでもなかったり( ´∀`)





つか、テレビの影響でローカル線に「明らかに地元、ないしは鉄ではない人々」が出てきそうで、今からガクブルです|||orz
posted by おさない at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能・TV
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3251771
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック