2009年04月27日

おばかのひとりごと。

プロ野球が開幕して一ヶ月弱。各チームの本拠地開幕も終え、変わらないもの、たぶん変わってしまったもの、色々と見えてきているのかな、なんて思ったりしています。

私の軸にある稀代のネタ球団、千葉ロッテマリーンズも内に外にグダグダしていたり、なんだかなーと思ってしまう私だったりするわけで。とりあえずは球場エンターテイメントの部分が問題ないのであれば静観ってスタンスでいたいかなと。

ただ、自分の遊び場は何が何でも守りたいですし、自分の遊び場がなんかショーモナイ事になるんだったら行動を起こさないとなのかな、なんて思っています。実際には一お客さんなので何がどうとかこうとかよく分かんなかったりするので自重気味ってのがあるんですけども……。

と言うわけで、ちょろっと追記以降にかもめーずって意味じゃなく、何かに関した独り言をつぶやいていこうかなと思います。判ればニヤニヤして頂ければと思いますし、分かんなくて気になる向きは中継先や球場で私を捜して直接とか、メールやらで聞いてみて下さい。

球場エンターテイメントに興味を持ち始めた頃は諸先輩方の「違いが分かる」的な話ってのが、正直凄いなぁと思っていたんですよ。被写体として追っていても、何がどうとか全く判らなかったですし。ただ、猫・帆足投手が首脳陣に「三年やってナンボ」と言われたりとか、その辺の話を思い起こすと、今年の海の日で球場エンターテイメントな人々に衝撃を受けてから3年という事もあり、よくよく見ていると、何かこう感じる物があるわけでして。

腐っても大人の球場エンターテイメント好きですから、その辺の色々を発信し続けているBBコラムの存在があるおかげもあって、諸処の事情というのも何となく判りますし、色んな形態があるってのは判ってたりするんかなぁと。

ただまぁ、それはそれとして、球場で活躍する面々とのやりとり……それこそBBが大事なコトバとして使う「絆」を楽しんでいたりするわけで。野球も球場エンターテイメントも色んな所で楽しんでいると、向こうさんも何となく「馴染みの変なヤツ」って扱いになっていくわけなんですな。鴎一派や熊兄弟、竜コンビ(有袋類はホント、未だによく分かりませんw)など、よく会うメンツには本当によく覚えてるなぁというか、いじって遊ばれたり遊んだりしているわけで。リーンちゃんに個人的な「何か」を教えて、深々とお辞儀された数ヶ月後に離れた報告をしてたりとか、本当によくして貰っていたり(苦笑)。いつか驚かしてやるんだから>< とか思ったりもするんですが、いつになりますやらっつー感じで。


こういう色々も「軸が変わらない」からこその「絆」、ってのがあるんだよねと思う昨今だったりするんですわ。


その対象を見ていればいるほど何かの違いってのは分かるんだなぁと思ったり、「絆」の形が深ければ深いほどその違いってのが判ってしまうんだなぁと言うこととか、その辺をしみじみと感じたりするわけですよ。やりとりを面白おかしくヨタとして紡いでいるどっかで、いつもと明らかに違う書き口の時とかは「お察し下さい」てな感じだったり。

とりあえず、その辺の「お察し下さい」な「大人の事情」ってのを私は判っているつもり。そう言う日だったんだという風にシャーナイと割り切っていたりするわけで。年跨ぎで何かの変化を感じたとしても、今の対象と過去の対象でってのは無いんです。その人はその人でしか無いんですし、その人の「何か」ってのはその人でしか出せない「何か」なわけで。その「何か」をエンジョイしつつ、楽しんでいくのが大人の心意気だって思うわけですよ。「絆」を再び築き上げていくのもそれはそれで面白いと思いますし。


ただ、今と違うかもしれない何かに「ありがとう」をしっかりと伝えられないのが寂しいと思うかなと。「いいネタ」とか「馴染み」、そんな色々な「絆」が強ければ強いほど、ね。一お客さんだと叶わぬ思いではあるとは思うけど、自分自身のの声で「ありがとうございました」ってのを伝えたいと思うわけですよ。

誰が何とかは自らが風を感じていくしかないのですが、ただただ言わせて下さい。


「今まで本当にありがとうございました」と。
posted by おさない at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | マスコット
この記事へのコメント
真夜中に失礼します

「軸が変わらない」からこその「絆」。私も、ものすごく感じるものがあります。
球団マスコットに興味を持って1年です。
会えるだけ、ただそれだけで喜んでいた自分がいました。

でも、触れ合っていくうちに寂しさを感じてしまうときがあるんですよね。。。

BBコラムを読んでめちゃめちゃ感動したからかもしれません。
BBのスタンスを知っているからこそ、そしてオサナイさんのテキストを読んでより身近にマスコットたちを感じたからこそ「軸が変わらない」ということが、ものすごく安心できて、また会えた喜びなんかがブワッと出てくるんじゃないかなーって。

私もなんだか語ってしまいました^^;

Posted by いっちょん@ at 2009年04月29日 03:36
>>いっちょん@さん
「何か」が変わるのはもう大人ですからシャーナイと割り切るしかないですし、「何かが」変わらないで「覚えていてくれる」ってのはお客さんにとったら本当に嬉しいわけで。熊兄弟と鴎一派には散々遊ばせて貰っているのを感謝している日々だったりw

とりあえず、その辺をひっくるめて、変化前の「何か」に感謝のコトバを直接伝えられないのは叶わぬ思いだとしても寂しいなぁってふと思うんですよ。
もちろん「何か」の見えている部分は(造詣が変わるときもありますけど、)基本的に変わっていないし、その変わったと気づくことを表に出すのも今の「何か」の頑張りを見ているとなんか違うとも思うですし……。
まぁ、そう言うエンターテイメントに興味を持ってしまったからシャーナイとしか言いようがないんですけど、ね。

とにもかくにも、面白いメンツに会えるタイミング、野球場に行けるタイミングがあったら、楽しむしかないなぁと。それこそ味わえる時はその一瞬でしかないかもしれないわけですしね。


まぁ、難しい話はココロの棚にしまっておいて、4日からの観戦遠征を楽しんできます!
Posted by おさない at 2009年05月01日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28734409
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック