2009年03月30日

気が付けば中継のレポーター(157)

29日の中継先は4月1日から運営が県から市に委譲される相模原球場からでした。
斉藤投手

この日は早稲田大学と青山学院大学の硬式野球部のオープン戦が市営相模原球場の門出を祝う闘いで、せっかくだからと朝から直行で行ってました。

早稲田の斉藤投手目当てな皆さんが本当に多かったのですが、個人的には両校共にプロ野球選手を数多く排出していると言うこともあったり、大学野球というモノに触れるのが初めてで、色々とワクワク。ネットブック片手に出身選手を検索したりと、やるからには気合い入れてやってました。

中継自体は試合の合間に外に出て、お話を聞かせて貰う人を捜すというパターン。なんやかんやで全回で確保できたのは幸いかなと。

初回が斉藤投手目当てに来たけど、登板無くて帰ろうとしていた中学生。

二回目は高校野球好きでとりあえず球場に行ってみようと相模原球場に来たら、たまたま試合がやっててラッキー! な女子高生2人。彼女たちが微妙に私のドアラ先生ストラップに反応してたので、野球はもちろんのこと、野球場は面白いよってのと球団マスコット達は面白いよってのを与太として話してました。

三回目は地元の高校、応援団部……いわゆるチアの皆さん。野球好きなおかげでじっくり野球を見ていたというそんな塩梅。夏の予選で再び相模原球場で会えたら、そのときはよろしくお願いしますw



とまぁ、試合観戦の合間にやってたw中継自体は無事に終わっていたのですが、楽しみにしていたw試合の話をば。

両チームの選手達も何処か聞き覚えのある名前がちらほらいたのは、名門校が故なのかなぁと。

早稲田の方は惜しくも完封を逃した福井くんは元済美高校。どっかで聞き覚えあるはずと帰ってネットで検索したらあっとビックリ、04年のセンバツ優勝、夏の甲子園は準優勝したビッグネーム。サードを守っていた宇高くんは今治西の大砲、さらには斉藤投手と甲子園を戦ったメンツがちらほらいるわけで。

青学の方も負けて無くて、奥平くんはPLの元主将だわ、元青森山田の加須田くん(青学主将)の年齢を考えて……太物こと柳田将利(元鴎)くんの世代だと思ったら、ストライクどころか元チームメイトだったり。さらには篠塚くんの名前になんというか、珍しい名前というか、もしかして……と思ったら、案の定、お父さんが兎コーチでありWBCコーチの篠塚和典さんだったりともう大騒ぎ。

中継の枕で「未来のドラフト候補生を見に来てください」と言ってたんですけど、あながちハズレではなさそうですしね。大学野球観戦は初めてだったんですけど、未来のスターさんを見つけるってのも面白そうですね。

あ、あと、生で早稲田大学の校歌が聞けたのはなんか普通に嬉しかったです。




さて、来週の日曜日は年に一度のお祭り騒ぎ。市民桜祭りで公開生放送が行われるのですが、今年のサンデーリクエストラインも公開生放送が決定。今年は昨年で揃えたドアラ装備一式を背負って遊ぶ予定なのですが……。





すいません。

街中での「ドアラの耳」装備だけは勘弁してくださいw
posted by おさない at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 中継
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28062418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック