2006年12月22日

JR・春のダイヤ改正の件

年始の旅を間近に控えた昨今ですが、JR東日本が来年3月に予定しているダイヤ改正内容が発表になったようです。

今回の旅には直接関係ないんですけど、今後の行程に色々とありそうな変更点があるので、ネタにしてみたいと思います。

2007年3月ダイヤ改正について

今日発表になったプレスリリースを見ると今回の目玉は常磐線酒盛普通列車にグリーン車連結とか、仙台空港線の開業、中央線(E233)・水郡線(キハE130)・仙台周辺(E721)への新型車両の導入あたりかなぁと。海浜幕張に停車する「さざなみ」と「わかしお」が増えるみたいだけど、マリンでデーゲームがあるとかそう言う場合でないとワタシには何の恩恵もないかな。

国鉄の頃からのベテラン車輌ハァハァなワタシだと、仙山線系統にE721系が導入される事による455系の淘汰や水郡線のキハE130導入に伴う玉突きで各路線のキハ……なかでもキハ58系統の淘汰が進むんじゃないかということにドキドキ。中央線の201系はまぁ、大阪に行けば似たような塗色の201系もいるし、なによりマリンまでの鉄路でスカイブルーの201系がまだまだ元気ですしね。あ、キハの配転で久留里のヤツがどうこうなるって事は……ないよね? キハ58と共にキハ35,37,38達の動向が心配です。まぁ千葉○労がい(ry

青春18きっぱーとして一番気になるポイントとしては「ムーンライトながら改編と特急東海の廃止」でしょうか。使用車輌の変更が無く、東海の廃止でムーンライトながらに使うだけに静岡始発の送り込み列車が設定されるんでしょうし、上りのムーンライトながらの戻りは東京駅発 5:20:普通 静岡行(321M)に集約されるということかなと。停車駅の見直しや指定席区間の見直しなんかも3月改正に含まれるようで。個人的に定期のながらに乗ったことがないので、3月以降。私が乗るときに車輌がどうなるのか、停車駅がどうなるのかってのが気になって仕方ありません。繁忙期に定期ながら(増結有)・臨時ながら(10両編成2本)位の壊れっぷりが見られたら嬉しいんだけどなぁ。まぁ、それだけあってもまず間違いなく満席になるんでしょうけどねw


まぁ、年が明けてしばらくすればもっと詳細が見えてくるでしょうし、それまでは静観かなぁ。とりあえず、1月上旬から無料開放予定の常磐線グリーン車が酒の匂いに負けなければいいんだけど…無理かなぁ(苦笑)。


************

さて、JR東海でもプレスリリースが出ました。

平成19年3月在来線ダイヤ改正及び平成19年7月新幹線ダイヤ改正について

これを見る限り、下り列車の大垣到着時刻は替わらないモノの、0時を超えた最初の停車駅が横浜から別の駅(平塚と国府津は通過に鳴るみたいだし、0時越えは大船か小田原あたりかな?)に変更になり、指定区間は東京−豊橋間にるみたい。あとは上り列車は全区間指定になり、東京到着が遅くなって常磐線方面への乗り継ぎが厳しくなる、そんな塩梅でしょうか。使用車輌については特に明言がないので現状維持か変更かはもうしばらく見守る必要がありそうですね。

つか、東海道線の静岡県内の一部区間(富士−興津、島田−掛川)の減便が恐ろしいんですけど……。やっぱりこれは便利で早い新幹線誘導ですか?||||orz
posted by おさない at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2647418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック