2006年12月21日

ナウなヤングのフレッシュリーグ

噂になっていたロッテ・讀賣の若手を主体とした新チーム構想が具体化してきたみたいですね。

ネタ系かもめーず人としては、監督にあの人がなってくれるかどうかが今後のキーポイントといった感じでしょうか。


讀賣でうーやんの伝説のヘッドバッドを誘発し、後に移籍したロッテでは伝説になった10.19の近鉄とのダブルヘッダーに出場した名選手。現役引退後にロッテで二軍監督、打撃コーチ、そして一軍監督。かたや讀賣でヘッドコーチを歴任した数々の言動とアクションで我々を魅了し続けているあの漢は本当に適任ジャマイカと思うんだけど、どうでしょうか?


ついに時代が(´エカ`)に追いついてきたのかも、しれませんw

巨人とロッテなど合体チーム…来季2軍「フレッシュ・リーグ」21日正式決定
巨人とロッテが中心となって新チームを結成し、来季から「フレッシュ・リーグ」(仮称)を立ち上げることが20日、分かった。イースタン・リーグ開催中に2軍の混成チームが非公式戦として年間36試合を組む予定。将来的には、これを3軍のリーグとして発展させる構想も持っており、21日に開かれる運営委員会で正式決定する。
とりあえずニュースを見る限り、ロッテと讀賣オンリーではなくて、ロッテと讀賣を中心に他の各チーム(海・燕・子熊・鷲・猫)から数人という体勢みたいですね。

イースタンとは別の非公式リーグってのがイマイチわかりにくいんだけど、レギュラー試合が組まれていないチームとの対戦ということで良いのかしら。でも、ニュースを見ると36試合程度みたいだし、イースタンの公式戦の数とは隔たりが大きいんだよね。選手の頭数はまかなえるから大丈夫でしょうけど、指導者や球場の問題、ユニフォームやチーム名はどうなるんでしょうか。やはり、ネタに彩られ始めている平民であるワタシとしてはあのお方の登極を願うしかっw 冗談抜きに育成系監督ならいい線行くと思うんだけどなぁ。

とりあえずはフレッシュリーグ構想には期待と不安が入り乱れているんですけど、面白い方に転がれば幸いだし、身近な場所で見たいときに見られる試合がいっぱいあるのは嬉しいかなと。試合をすることで若手も育つし、上から調整に降りてきた選手も試合に出ることが出来るし良いんじゃないかなと。


そういえば、ガキの頃から不思議だったのは「1軍がナイター主体なのに対して2軍がデーゲーム主体」って事なんですよ。もちろん、下の試合の直後に上の試合に呼ばれることも考慮してって事や球場設備面が問題なんだろうなぁと思ったりはするんですが…。結局、上でナイトゲームが主体だったらファームもナイトゲーム主体にすれば良いんじゃないと素人考え。


そこ!
夜じゃないと動きが取りにくいおまいの都合だろとかいわない!


まぁ、もちろんいざとなったら有給消化して見に行きますけどね。カビーには来年も会いに行きたいですし、FASがどこで開催されるかは判りませんが、マスコット席があったらなんとかして駆けつけたいですし…。



そう言えば、本文とは全く関係ないんだけど、関東ではなじみの薄い名称の「フレッシュ」(コーヒーに入れるアレ。関東ではミルク扱いされることが多い。白い広がりぃ〜スジャータ♪)って植物性だったのね。全部乳製品だと思ってたですよ。
posted by おさない at 18:07| Comment(1) | TrackBack(0) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
アイスコーヒーにあうよねえ・・・
あれ。

かき混ぜない方が好きです。
Posted by 5150 at 2006年12月22日 00:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/2631355
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック