2008年11月17日

気が付けば中継のレポーター(142)

今回は「エンジョイフットボール教室」が行われている市立夢の丘小学校に行ってきました。
曇天模様の空の下

今月頭に局側から「先方から指名で中継依頼が。悪いけど行って貰えないだろうか」とか言うびっくりするようなお話があったんですよ。7年近く相模原を飛び回って、「プロのアマチュア」って自称して遊んでいるだけあって、カタギの誇り的なプライドはありますけど、指名でのお呼ばれってのは初体験。兄さんホントにびっくりでありますよ。

特にびっくりしたのが「エンジョイフットボール教室」と言うイベントでしょうか。地元のスポーツ少年団(麻溝SSS)さん主催でJリーグ入りを目指すブレッサ相模原の皆さんがコーチ役を担当するという話でして。


レポーターの人、野球はある程度判るのですが、サッカーはからっきしなんですよ。パルちゃんとかグランパス師匠、ガンバくんなど何か違う方面のベクトルwは多少判るのですが……。


多少は不安になりながらもスイッチが入れば何とかするのが私。気分的にはAチームのフェイスマンという感じでしょうかw

初回は主催の方、二回目はお子さんが参加しているお母さんに話を聞く私。この辺は本当に慣れたものというか、お呼ばれ系のイベントで主催の方に話を聞く事やお母さんに話を聞くのはいつもと変わらないわけですよ。

二回目終了後、主催の方からブレッサ相模原の監督さんに話を聞いて貰えないだろうかという内々の打診があり、多少クローズドなイベントと言うこともあるのでOK。到着当時にご挨拶したブレッサ相模原のGMさんと再度お話して、監督さんにインタビューするという流れになりました。

もしかしたらと言う流れも頭にあったのですが、想定通りにと言う形。とりあえずと言うこともあり、アドエスでチームの下情報や出て下さる監督さんの話をチョロッと検索。頭の中で聞く内容を想定しつつ、自分がレポート入れる内容を考えていた1時間であります。


言いたかった内容ですけど「エンジョイフットボール教室」を見ていて自分なりに思ったのは、子ども達も親御さんも少年団のコーチもブレッサ相模原の選手・監督・GM、みんなが笑顔だったという事でしょうか。何事もですけど、自分自身が楽しいと思わなければ、相手にも伝わらないよなって事なんですよね。監督さんもインタビューにそう言う内容の話をして下さって、自分の認識は正解だったんだなと。

あとは「地域密着の重要性」でしょうか。別のプロスポーツ(NPB)を主に見ていて、各球団が地域活動に力を入れているという話をよく聞く昨今。別のスポーツで規模的にはもっと小さいかもしれませんけど、選手が地域の人たちと触れあうことで感じる親近感、地域の人たちが選手達の触れあうことで感じる親近感というのは本当に肝なんだよなぁと。すそ野を広げるという事と同時にチームへの愛着ってのも生まれるんじゃないかしら、なんて思いながら見ていたんです。

選手が子ども達にサインをねだられて、気恥ずかしそうにしながらサインをしている姿やそのサインを書いている姿をキラキラした目で見ている子ども達を見てて、ジャンルの関係なしにこういう活動が必要なんだろうなぁと思いながら見ていました。それこそプレイヤーは「俺たちは夢を与えるのが仕事なんだ」ですしね。


とまぁ、滅多にないマジメなレポートでスチャラカなレポーターは多少照れながらも喋っていましたとさ。あと、その後のインタビューで監督さんにはホントにお世話になりまして。ただし、近くで聞いていた選手達が生放送とは気づかずw、後にネタバラシしたらびっくりしてましたw



っつーわけで、来週も相模原市内どっか出かけます。そろそろ本格的に寒くなると思うんだけど、今年は異常気象なんですかねぇ。
posted by おさない at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 中継
この記事へのコメント
>パルちゃんとかグランパス師匠、ガンバくんなど何か違う方面のベクトルwは多少判るのですが……

ワルノスとレイ君を忘れてますよw
Posted by 5150 at 2008年11月18日 01:09
>>5150さん
地元なのに忘れてました( ´∀`)
鴎で言えば、ジェフィとユニィも忘れちゃならないですよねw
Posted by おさない at 2008年11月18日 21:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22992153
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック