2008年10月30日

ドラフト会議2008

さー、今年もやってきましたドラフト会議。プロ野球というもの自体が好きにはなっていますが、ここは一つ根っこにあるかもめーずの選手を中心に見ていきたいと思います。と言うわけで、さっくりと指名選手をおさらいしていきましょう。

1 木村雄太 東京ガス(社) 投手
2 長野久義 ホンダ(社) 外野手
3 上野大樹 東洋大(大) 投手
4 坪井俊樹 筑波大(大) 投手
5 山本徹矢 神戸国際大学附(高) 投手
6 香月良仁 熊本ゴールデンラークス(社) 投手


ボビ夫さんがかもめーずに復帰して以降、ドラフト会議も本当に面白いことになっているわけで。一昨年は鷹の恋人とされた大嶺くんを競合の末に指名権獲得(のちに入団)、昨年は地元の星である唐川くんを見事に引き当てるという状況。くじ引き時におけるボビ夫さんの怪しい動きは秋の風物詩的な何かと言ってもいいのかもしれませんw

今年は2年前に兎の恋人と呼ばれたチョーノ選手を指名。入ってくれればと言う注釈はもちろん付きますが、往年の闘魂三銃士収集まであと一人と言った形でしょうか。タスク残留の上、武藤潤一郎氏をコーチとして招聘すれb(ry

1位の木村くんは逆に鴎の恋人。2年前にベイスターズが指名も入団拒否。当時、ロッテなのにとwしみじみしたものですが、相思相愛、念願叶って指名であります。東ガス出身の投手ですから……目指せあの人ですね。将来的には是非「キムラナイト」と後生に語り継がれる何かをやってくれることに期待ですw

あとは3巡目の上野くん、6巡目の香月くんは共に兄がプロ野球選手(上野=兎・上野、香月=牛・香月)。弟の逆襲が今始まるとかそんな塩梅でしょうか。坪井くんは名前の印象だけだと熊な雰囲気ですけど、筑波大では久々のプロ野球選手で頭脳的なプレーに期待と言った塩梅でしょうかね。

そして5巡目、唯一の高卒選手……。

山本くん。


久々の( ´エカ`)枠キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ウルァッ(((((;`Д´)≡⊃)`エカ)、;'.・


と言うわけで、名字だけで山本くんの今後に期待……をしちゃうネタ大好きっ子もいるんだろうねとか思ったりしたドラフト模様でした。


続いての育成ドラフトもネタ大好きっ子ドキドキエカエカですよ!


木本幸広 日高中津分校(高) 投手
鈴江彬 信濃グランセローズ(独) 投手
角晃多 東海大相模(高) 内野手
生山裕人 香川オリーブガイナーズ(独) 内野手
西野勇士 新湊高(高) 投手
岡田幸文 全足利クラブ(社) 外野手
吉田真史 太田工業(高) 内野手
田中崇博 八日市南高(高) 投手

おいやんの後輩である木本くんに地元神奈川出身、興農ブルズ(台湾)・横浜ベイブルース(幕田さんが競技者登録)から北信越に向かったす  ず   え  くん、左サイドの名セットアッパー、角jrの晃多くん、独立リーグシリーズ連覇を飾った香川オリーブガイナーズから生山くん、北信越の雄・西野くん、俊足外野手の岡田くん、工業出身と言うことでメチャクチャ親近感がわくw吉田くん、近江鉄道沿線・八日市南出身の田中くん………とあっとびっくり、育成枠で8人を指名と大騒ぎ。昨年の面々と共に厳しい生存競争に晒される彼らの明日を見守って行きたいと思います。

っつーわけで、最後にボビ夫さん、長野指名を聞かれたときのコメントで〆としましょうか。


「これは球団が欲しい選手を指名するドラフト会議だ」
posted by おさない at 21:17| Comment(1) | TrackBack(0) | かもめーず 2008
この記事へのコメント
オレ竜ドラフトのほうはまさに「オレ流」貫いて野本選手を引き当てましたね。島田の右手、初めての敗北w

続くは稲沢出身、岐阜城北の伊藤君。「誰?」とは言われないと思う東海大の岩崎君w
松坂二世とも言われる帝京高校の高島君、明大の大黒柱岩田君、ひこにゃん高校(近江高校)から小熊君、もうひとつ地元枠で中京大中京の井藤君。

育成枠は大産大の加藤君と2005年のドラフトで日ハムに育成枠で指名ながらも不手際で入団できなかったという小林君となりました。

中日以外だとやはりロッテ6巡目の香月投手。先日の都市対抗でがんばってた姿を思い出します。どちらかといえば劇場型?ランナーは出すけど何とか抑えるその姿に「ドッキドキしただろう?はっはっは」となること請け合いでしょうか?
あとはソフトバンク5巡目の攝津投手。JR東日本東北の試合は2回見ていずれも先発してたのを思い出します。JR東北は昨年平野投手、そして今年は攝津投手とエース級がプロに行っちゃいますね。
あとソフトバンクでは育成枠3巡目の柳川投手。平塚学園出身。ロッテ成瀬投手(横浜高校出身)と同期でライバル。1日も早く支配下登録されて同じ舞台に立って欲しいです。一度はあきらめたNPBへの道を再び導いた独立リーグにはこれからもっと注目していきたいですね。
Posted by こりんご at 2008年10月30日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/22139765
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック