2008年10月01日

埼玉猫vs千葉鴎(第24回戦)

かもめーずが3着に滑り込み、クライマックスシリーズに出場するためには……。

残り3試合で3勝。
くまさんずが1日の試合に負けた場合、2勝1敗。

これが絶対条件。くまさんずがわしさんずに勝った時点で、負けることは許されないこのギリギリ感。ドキドキとワクワクが一杯であります。







試合は2回表に優勝決定前後から爪を隠していた猫が獅子となり、シュンスケに襲いかかります。麦わらでランス的なおかわり中村選手が2ラン、片岡選手のタイムリー、とどめが栗山選手のグランドスラム。満塁から点を入れるだなんて、なんという不良なのでしょうか。そんな不良にはあこがれますがw


絶望的な空気が支配する中、一縷の望みを宮城野原に託します。

Kスタ宮城 三回裏
F 7-0 E

……。

千葉では鴎が獅子に食われ、宮城では鷲が熊に食われると言う状況。もはやこれまでというほか無いのかもしれません。

ただ、もしかしたら空気を読まずに何かが起きるかもしれないと言う淡い期待を抱かせてくれるという、私がかもめーずに感じている魅力の一つが発動してくれればいいやと思っていました。


二回裏に大松くんのタイムリーで一点。
四回裏にタスクとサブローの二者連続ホームランで二点
五回裏に西岡くん・部長のヒットで作ったチャンスをふくーらさん・サトが返して二点。


その差は四点。もしかしたらもしかするかも……という淡い期待を抱かせてくれるには十分だったのですが、反撃はここまで。ナベQ監督が取説をしっかり握っているとしか思えない沼者、春先の三者連続HRの立役者であるTNNKが出てきたのですが、序盤の失点がやはり大きく、ひっくり返すには至りませんでした。


・千葉マリンスタジアム
☆埼玉猫 9-5 ★千葉鴎


Kスタではファイターズが17-0で大勝、マリーンズが負けたため、CS出場枠が完全確定。猫・檻・熊のほ乳類で日シリ出場権を争っていくことになります。今シーズンはどこの子にもお世話になっている関係上w、完全にお客さん気分で見せて貰おうかしらと思っていますよ。

あとはもう、本当によくここまで持ってきたなぁってのが正直なところですよ。借金12で最下位独走、ベイとの交流戦では暗黒湾岸戦争なんてヨタで遊んでいたのが、CS出場枠を賭けて残り二試合まで楽しめたんですもん。上出来ですよ上出来。

悔しくないのかっつったら嘘になりますけどね(苦笑)。

まぁ、色んな問題点も見えてきたでしょうし、若い連中が育ってきているというのもあるし、Bクラスの首位をとった翌年は上位に食い込めると言うそんな何かを思いながら、2009シーズンを楽しみにしましょうかね。


っと、残り二試合、消化試合の鬼モードに突入してくれることを期待していますw
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20386773
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック