2008年09月28日

千葉鴎vs北海道熊(第23回戦)

猫半袖ユニを着込んで凍えそうになっている中継レポーターの人(非半袖魔神)の周りにはパシフィックなファンが一杯。

猫ファンに優勝の日とか翌日はなんで勝ってくれないんだとか言うネタを話したり、熊ファンに正直な所、今日勝てないとかもめーずは厳しいっすよーなんて言うネタを話しながら合間合間で遊んでいたりします。


そんな合間に途中経過チェック。


ハム先制か……。


土壇場まで来てるし、無援護な藤井投手を攻略するのは厳しいのかしら、なんて思いながらもお仕事をこなしてしました。途中経過を見ていて、7回裏終了時に1-0のままで推移してたので、熊ファンのリスナーさんにはそれこそもう「後は頑張って下さい」と言わんばかりの勢いでネタにしてたりね。内心では切ない気持ちに陥っていても、ネタに生きる人なもんで、その辺りはシャーナイのかなぁとw

フラフラになりながら、局に戻ってパソコンの電源を投入。Yahoo!動画に接続すると、そこには1-4でかもめーずが勝っているという内容のモノが表示されています。一体何が起こったのでしょうか?


8回表、北海道熊はかもめーずが打ちあぐねていた藤井投手を降ろして、相性抜群の建山投手(出ばやしが金卵)をマウンドにあげます。建山投手が押さえて、9回はマイケルという形を目指していたのかもしれません。

しかし、建山投手がピリッとせず、帳尻力を手に入れたっぽいw早川部長、おばあちゃんの帳尻戦士・サトが内野安打でチャンスメイクすると、2003年に帳尻戦士として名を馳せた面々の怒濤の攻撃(ふくーらさん2ベース、タスク敬遠、サブロータイムリー、明兄さん2点タイムリー)で一気にひっくり返しています。

諦めたらそこで試合終了、ですよね。

・札幌ドーム
☆千葉鴎 4-1 ★北海道熊

結局、試合はラッキーエイトを発動させたかもめーずの勝利。M1クラッシャー伝説を体現した今、帳尻軍団が日本の大エースを粉砕する……のかもしれないとか淡い期待を抱いてしまう私。バチコーン言わしたったタスクのアレ再び!



最後に、マーくん。ヒロインだだ映りお疲れ様ですw
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20232464
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック