2008年09月04日

埼玉猫vs千葉鴎(第19回戦)

首位を走る猫さん相手にカード勝ち越しであれば、十分おkなのではないでしょうか。

と言うわけで、この日の試合の鍵を握っていたのは今江くんでありました。初回にタスクの犠牲フライ、二回に早川部長のタイムリー、そして3回には今江くんがスクイズを決めてサックリ三点ゲットであります。

ただ、猫さんの恐怖は相変わらずで、6回に2点、7回に1点、共に片岡選手のタイムリーで同点に追いついてきます。

野球好きモード突入なのかしら、なんて思ってみていた7回裏、西岡くん、根元くん倒れて二死。どうにもならないのかしら……と達観し始めたらあっとびっくり今江くんが右方向へホムラン! 結果、コレが決勝点。

直さん以降、シコたんが打たれての同点だったものの、川アくん、荻坊がきっちり締めて勝ち星ゲットであります。荻坊は特にあの人の日常だった「キッチリ四人」での締めにニヤニヤが止まりませんでしたわよ。


・千葉マリンスタジアム
★埼玉猫 3-4 ☆千葉鴎


秋の帳尻感謝祭の幕を開ける首位いじめ。その上を行く(2323でちっさい)大ちゃん率いるオリックスがいますが、色々な意味でパリーグをかき回していって欲しいと思う昨今です。
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/18914275
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック