2008年07月28日

気が付けば中継のレポーター(133)

27日の中継先は上溝夏祭りの会場、てるて通りでした。

上溝夏祭り

後の予定があるのにもかかわらず、甚平にサンダルスタイルでの出撃。まぁ、お祭りだから仕方ないと言えば仕方ないのですけどね。

その前に先週20日、古淵駅での様子をチョロッと書いていきましょうか。

神宮球場に向かう前にいたのはJR横浜線古淵駅。ロータリーがあるし、灼熱な状態でも何とかなると思っていました。実際、エアポケットにはまりこんでしまった2回目以外は放送を聞いて遊びに来てくれた人達多数。男子や親子連れが多いのはウチの中継班のデフォなのかしらと実感する昨今です。

三回目に出てくれたのはノリのいいお父さんが引率してくてくれたお兄ちゃんと妹。ふれあいに関してはどこかで見たような勢いで、普段遊んでいるように見えて、実は色々と自分の糧にしていると言う事がしっかりと実証できたかしらと言う思いで一杯です。

そんなこんなで脱水症状一歩手前に陥りながら、神宮球場に向かってつば先生達と野球を堪能したのでした。


と言うわけで、今週の中継の話を。今回は連荘状態ではありますが、中継終了後に横須賀スタジアムに行く用事wがあったので、完全電車移動だったんですね。

祭り会場までは公共交通機関をご利用下さいという流れではあるのですが、今回のチョイスは神奈中バス。ダイヤを見て真っ青。局近くのバス停から上溝駅に向かうバスは13:03。番組開始は13:00でどう考えてもアウト。自分の出ることのないオープニングを聞きながらの移動でした。中継場所に到着したのは丁度人捜し開始の時間でしたけど。

初回は楽しそうに歩いていた小学六年生。この時点ですでに学校の宿題が終わっているとか何という完璧超人。夏休みは遊び放題? なんて話をふったら、塾があるからあんまり遊べないんだとか、そんな話。お子様も大変なんだねぇとしみじみしてしまいました。


そんな初回中継の最中もなんやかんやで注目を浴びてしまうプロのアマチュアなインチキ☆レポーターw そんな中から浴衣のオンナノコ2人とジャージなオンナノコが「たかおちゃんですか?」と声をかけてきてくれまして。滅多にないことにドキドキしてたら、番組を聞いている子なんだとか。んじゃまと言う形で二回目に出て貰いました。

浴衣な二人は姉妹でお姉ちゃんとジャージなオンナノコがSMAP好き仲間という塩梅。お祭りを楽しんでいるかどうかを聞いたり、なんか食べた? とか聞いたり大騒ぎでありましたよ。話している途中でびっくりしたのは、お姉ちゃんが数年前の上溝夏祭りで私に話を聞かれていたとか。その19歳のお姉ちゃんが当時は中学生だった……と言うことは、5年前の2003年でしょうか。中継レポをまだhtmlでしっかり書いていた頃の話ですな。時の流れは無情というか、自分自身の加齢に切なくなってしまう昨今です。

※なお、中継終了後、レポーターの兄ちゃんが女の子達と一緒に記念撮影。挙動が完全にいつもお世話になっている面々な動きだったのはナイショ。


二回目と最終三回目の合間に麦汁を飲んでしまう私。堪えきれなかったんですよ……まぁ、たまにはいいよね?w

そして迎えた最終三回目は相模原市の観光親善大使のおねーさん2人に加え、弥栄高校バトミントン部の6人と言う私の中継ではまれに見る華やぎ具合。観光親善大使のお姉さんとのやりとりは本来予定項に無かったのですが、なにもしないでほったらかしにしちゃうのもアレだなぁと思ってチョロッと話を聞かせて貰って、この後も告知頑張って下さいねとさっくり触れ、バト部の面々に話を聞きます。

お祭りでのレポートはほぼ定型だったりはするのですよ。なんか食べた? とか何時までいる? とか。あとは祭りの空気感が伝わればそれでいいかなと思うわけで。あとはそのキャラクターによって色々と話を聞いていくという塩梅なんですな。今回は元気のいいバトミントン部の6人だったので、部活の話なんかを聞いて遊んでたのですが、ホント、しみじみとバラエティ班だなぁと実感した昨今です。

※なお、麦汁効果で最後の最後にカミカミだったのとバト部の中にも私に中継で声をかけられたことがあるとかそんな話があったのはナイショ( ´∀`)


さて、来週の中継は早朝の山形からとんぼ返りしてきての中継と相成ります。その後に再びアイアンな人になる都合上、横浜線沿線のどこかの駅での中継になると思います。たまには相模原を出て、相原とかその辺にしようかしら、なんて思ったりなんかしちゃったりしてますよ。
posted by おさない at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 中継
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/17398991
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック