2006年11月11日

韓国猫 vs 台湾熊(AC予選)

いつもの構図
相模原の仕事終りで行ってきました、からくり屋敷。とりあえず、休みの日の大きい駅ってのは人で一杯なんですねっておかしなところに感心してました(笑)。

到着したのは大体18時半。チケットの金額みたら、バックネット裏の特別自由席が¥2000。滅多にからくり屋敷のバックネット裏なんて入れないやとちょっと奮発。

てか、特別自由席を買えば基本的にどこでもずんずん行けそうな雰囲気が…。今日は試合よりもヤツらを見に来たわけですし、どこでも行けるのは願ったり叶ったりなわけであります。


・東京ドーム
★韓国猫2 − ☆台湾熊3

アジアシリーズ決勝戦はくまさんず対決に!

とりあえず、まったくと言っていいほど試合を見てません。開始直後に夕飯がわりのハンバーガーを食べてるときぐらいかしら。先発の出来は両チームともそこそこ。気持ち台湾熊の方がいい塩梅だったかなと。決勝点となったHRは丁度見ることが出来たんですけど、気持ちよく飛んでいってますた。

さて、肝心要のマスコットですが、ドーム内に入り、席に着こうと思ったらもうグラウンドにいるじゃないですか。しかも慌ててカメラをセットしているうちにサムスンのアレが早くも首もぎな体制に。結局、首ちょんぱの瞬間を押さえることに失敗…。物凄く悔しいです。まぁ、首ちょんぱが押さえられなかった代わりに一塁側と三塁側を走り回って、色々と暗躍してきました。球団マスコット好きの皆さん、暫しお待ちを。

あとは両チームとも応援が熱かったですよ。両サイドともそれぞれお国柄が出てたしね。ただ、万国共通なのかもしれませんが、女性がシャウトするとインパクト絶大ですな。韓国にも台湾にも「こ〜〜〜いち〜〜〜〜〜〜」な人がいるのかと思ってしまいましたw
posted by おさない at 23:59| Comment(2) | TrackBack(1) | ぷろやきう、など
この記事へのコメント
明日はひょっとすると・・
な試合が見れるかもしれんね。
Posted by 5150 at 2006年11月12日 04:14
>>5150氏
本当にひょっとするとな試合でしたね。こうなると、来年はもっと厳しい闘いになるやもしれないですし。中はまだまだだとしても、台湾も韓国も小技がちゃんとするようになったら、本当に怖いんじゃないかなと思うですよ。

よくよく考えたら、ラ・ニュー(呂打撃コーチ)もサムスン(宣監督)もNPB経験者がいるですしね。来年はどうなりますやら…。
Posted by おさない at 2006年11月13日 09:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1703936
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

アジアシリーズ 公VS中&熊VS三
Excerpt: 公6−1中 結論から申し上げますと、やはり… 怯まんキャントクは、大人気なかった… ということでしょうか{/hiyos/} {/kirakira/}バリバリ1軍{/kirakira/}で、しかも..
Weblog: かもめ見聞録
Tracked: 2006-11-12 01:17