2006年10月31日

鉄子の旅、アニメ化!?

さて、プロ野球のシーズンも終わり、私の頭の中は年末休み時に決行する鉄道旅行の事で大半が占められてきています。
見たことのない景色を、感じたことのない空気を、食べたことの無い地の物を、乗ったことのない車輌を……。様々な物を求めて西へ東へ鈍行旅。旅先で録音した物をPod Castingとしてお届けってな具合で。今回も券がとれれば寝台特急の旅になるとは思うんですが、どうなることやら。

鉄道旅行に目覚めたのは2004年の夏。前職を辞して絶賛休養中の最後の大花火として青春18切符日帰りの旅ってのを決行したのが最初の一歩でした。今考えるとそこで何かが目覚めてしまったんですよね。翌年、見事に再就職して現職の何でも屋さんwでがんばり、夏には3泊5日2車中泊と言うステキ旅を決行していたりしましたw
2005年初頭、私は神保町の書泉グランデ6Fで一冊の漫画と出会います。その漫画は鉄道には興味のない漫画家が鉄道にしか興味のないライターと濃度の高い鉄道旅行を決行して、その模様を描くというルポ漫画。

鉄子の旅 (5)
鉄子の旅 (5)
posted with amazlet on 06.10.31
菊池 直恵 横見 浩彦
小学館

名前は「鉄子の旅」。最初は一般の人が振り回されている感を楽しむ本当にルポ漫画として楽しんでいました。しかし、段々と巻が進むたび、ライター氏のキャラが濃くなって旅に突き進んでいくと言うある意味でのギャグ満載な漫画へと変貌を遂げますw

コレがすべてノンフィクションだってんだから、恐ろしいというか何というか。とりあえず、寝台特急出雲・東京口の113系さよなら祭で見かけたライター氏は普通の人だったんだけどね。よっぽどマイク持って番組収録していたアタシの方が怪しいってなもんでw

ただ、色々とネタは一杯な「鉄子の旅」ではあるんですけど、アタシが鉄道旅行を続けていくきっかけになったコトバがありまして。絵師の方やライター氏、本人様に会うことが出来たなら、本当に出た言葉なのかネームなのか聞いてみたい、アタシに衝撃を与えるコトバがあったんです。


「理屈じゃないんだ、来ればわかる!」


このコトバには本当に衝撃を受けました。


大きいお友達!

鉄道旅行はいいもんだぞ!

鉄道旅行は楽しいぞ!


と鉄子の旅な人々が私に語りかけてくるようです。
ただ、残念なことに絵師の菊池直江さんの「体力の限界」と言う理由があり、第48旅でスチャラカ珍道中に幕が下ろされる事になったそうで。確かに好き者でも超長距離鈍行移動は辛いですからねぇ( ´∀`)


そんなある日、私が好きなミュージシャン「Super Bell"z」の車掌DJ野月さんと保線DJ土屋さんのPod Casting「鉄音アワー」を局に行くと中に聞いていたらとんでもない情報が。


「鉄子の旅」のアニメ化ってなんだそりゃー!


しかも主題歌や劇中音をベルズが担当って、制作陣が「判りすぎてて」ニヤニヤですよ、奥さん!

喜んだのもつかの間、ギャグマンガでないの? とまで言われた「鉄子の旅」ではありますが、基本的に鉄道と鉄道を知らない漫画家とぽーっとした編集の人と特濃アイアンライター氏の珍道中を描くルポ漫画じゃないですか。コレをどうやってアニメ化するのかってのに興味津々。

ウチのボスとヨタでどういう風になるんだろうねってのを話してたんですけど、キャラをアニメで鉄を実写で描くのも有りだろうし、キャラをアニメで鉄を3Dで描くのもありだろうって話になりまして。まぁ、どっちゃでも行けるんだろうなぁとは思うんですが、鉄な人のこだわりとして鉄道車輌が変だったり「ぶっちゃけ、ありえなーい」な車輌だったらかなりのお怒りが渦巻いてしまうんじゃないかなと。その辺は原作サイドより音楽担当の班自体がクレーム入れそうだけどねw

とりあえず、どんな状況のアニメになるのか、どんな作品に仕上がるのか、キクチさんや横見さんは誰が演じるんだろうとか、どこの局でどの時間に放映するのか、ホントにもう、もの凄っっっっく気になってます。アニメの新規情報をワクワクしながら待つのって何年ぶりだろう……w







って、キクチさんが菊池さんや菊池さんとかだったら笑うに笑えないかも。どの菊池さんかは色々当てはめてくださいw




アニメ「鉄子の旅」公式
ウィキペディア「鉄子の旅」
鉄音アワー
posted by おさない at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1626208
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック