2008年06月15日

兵庫虎vs千葉鴎(第4回戦)

中継先に集まりし野球好き達。レポーターの中の人が中の人のためw、中継の合間には野球談義に花が咲いています。

自分の贔屓チームの話や球団マスコットの話などが多く、私が他球団のネタを仕入れる重要なポイントだったり。パシフィックリーグのファンが多いため、ストップザ猫が合い言葉になっていたりw、その猫ファンが広島鯉に勝てないことを嘆いていたりと大騒ぎだったり。あとは最近話題の「大矢ベイスターズは大丈夫か?」などのネタも出たりでなかったり。

中継レポーターの目印として千葉ロッテマリーンズのユニフォームを着用するのがここ数年の目印。なもんで、強引wに途中経過をねじ込む必要があるためw、ネットで状況を見ながらのレポート。初回に6点先制した、鶴投手にプロの厳しさを教えたとか、連日の予想外なネタにドキドキする私。


でも、知っていたんです。

対阪神タイガース戦、7点以上ないとセイフティーリードではないことに。

そして、ロッテ1じゃないと、阪神には勝つことが難しいと言うことに。


ロッテは初回の6点の他、2回に1点、6回に2点を取って9点。普通に考えればセイフティーリードなのですが、どうしても今年の投手陣は不安定さが目立っているわけで。コバヒロが6回までなげ、以降はシンゴさん、高木さん、久保くん、シコたん、荻野くんと繋いでいくのですが……。

6回に3点を返され、7回には4点で2点差。新井、金本、桧山のクリーンナップは本当に恐ろしいとしかいいようがありません。高木さんが一人一殺を決め、シコたんが一気呵成の阪神打線の流れをバシッと断ち切ったその姿に惚れていました。

ただ、その流れは完全に断ち切られていたわけではなく、九回表に再び活動開始。鉄人兄貴と連絡無しな桧山さん、コミさんがライバル宣言でネタにする早稲田出身の鳥谷選手に三連打を喰らって一点差、イクロー三振で矢野選手が犠牲フライで………ついに同点。なんとかバルディリスを三振に討ち取ったのですが、延長戦を戦うには残された投手があまりに少ないわけです。今年何度も見られた投手陣の不調。やはりダメなのか……。


暗雲立ちこめる状況を突き破ったのは、調子の良かった四月に聞こえていた赤ユニ様の伝説でした。


おサブ、サトの二人がさっくり倒れ、オーティズがよんたまで歩きます。打席は代打・ズレータ。さっくりと追い込まれてしまい、あきらめかけていたかもめーずファン。


絶対にアリカメナイ事が重要。


ズレータの打球はライトへ。オーティズの激走の末に掴んだのは……!


・千葉マリンスタジアム
★兵庫虎 9-10x ☆千葉鴎


相性がいいとはいえ、セントラルリーグの首位チームに連勝を飾ったのはいい兆し。この勢いを持って、火曜日からの暗黒湾岸戦争を完全制圧して欲しいところ。っつーわけで、未だ神奈川県でかもめーずの敗戦を見ていない男が両日共にハマスタに行ってきますよ!
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16081066
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック