2008年05月25日

千葉鴎vs広島鯉(第1回戦)

この日のage
久保・サト・サブロー
この日のsage
高木さん・カンダダ・新里くん

サトサブローの復帰は喜ばしいとは思うのですが、下でもピリッとしなかった久保くんが上がってきて大丈夫なのかと思ったり、どうせならもう一回、546が見てみたいなぁとか、スクランブル高木さんや神田くんがいないと怖さで一杯だとか色々あったりするわけです。


そして先発は黒く日焼けた久保くんでありました。


先制したのはかもめーず。広島の先発が新人左腕・篠田くんと言うことでプロの厳しさを教えられると思っていたのですが、根元くんからオーティズまで5連続打点。逆にプロの厳しさを教え込むというそんな展開であります。

点を取って貰った後が怖いのが久保くん。突発的に燃え上がる様子に何ともはや。5点差ですし、今まで通りさっくり行けばいいのですが、そうはいかないのが現状……。4回裏にお前に言われんでも前田神に2ラン、なんか締まって見えた赤ゴジラ・嶋に3ランを浴びてしまい、あっという間に同点に。結局、5回途中で降板した久保くん。降板後、カメラに映し出された久保くんの表情があまりにアレで、もう少し放牧が必要なんじゃないかしら、なんて思ってしまう昨今です。

ただ、打撃陣は比較的好調、特に故障から復帰してきたメンツはかなりいい塩梅なようで、5回表にサブローにタイムリーが飛び出し、勝ち越しに成功。ダメを押せる数点があれば良かったのですが、それは言わないお約束よ、おとっつあん。


伊藤くん、根本くんがそれぞれギリギリのところで鯉打線を抑え、試合終了のイニングを指折り数えて迎えた8回裏。マウンドには2イニング目に突入していたアブレイユ。7回を何とか押さえ、今日は安全日のアブレイユかと思ったのですが、コントロールがgdgd。一昨年、衝撃的なデビューの後、そのまま退団。海の向こうに戻り、今やメイジャーで活躍しているミラーマン(ジャスティン・ミラー)をなぜだか思い出してしまいました。


与えてはいけない先頭バッター・シーボルにフォア。小窪選手に送られ、そしてバッターボックスには今年から野手コーチ兼任の緒方孝市(奥さんは中條かな子さん)。


白球は弾丸遠征組を含む鴎応援団が陣取るレフトスタンドへ消えていきました。



5点差以上をひっくり返されてしまうかもめーず。

セーフティーリードなんかクソ食らえ、いつもギリギリで生きていたいんだと言わんばかりの状況にドキドキとエカエカが止まりません。なんとも懐かしいキモチが蘇ってきてしまう自分に色々な意味でワクワクします。


再び最下位転落であります。


・広島市民球場
★千葉鴎 6-7 ☆広島鯉


まー、色々とあるとは思いますが、「どんなときも俺たちが付いてるぜ〜♪」と歌うんだったら、生暖かくだろうが何だろうが見守るだけですよ。とりあえず、サトは言いたいことを投手陣にガッツンガッツン言うように。

それこそ島本語録にある「俺が地球を回す」級にもそもそと苦言を呈して空気の入れ換えをして欲しかったりする昨今です。
posted by おさない at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | かもめーず 2008
この記事へのコメント
てか勝ち越し後の終盤の投手リレー
がこれほどドキドキできるチームも
あまりないだろうな。

今はそれを逆手にとって
ドキドキを楽しんでますよ。

これは暗黒時代の楽しみ方に
似てきた・・W
Posted by 5150 at 2008年05月26日 16:26
>>5150さん
最近、セーフティーリードって言葉が読めなくなってきてしまいました( ´∀`)

先人達はこうしてドキドキエカエカしていたんですねw

明日からはセントラルの一位チーム相手ですって。そういえば、7点差をひっくり返されたのももう一年前ですかw
Posted by おさない at 2008年05月27日 21:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15365719
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック