2008年05月20日

水道橋兎vs千葉鴎(第1回戦)

−巨人ギガントの逆襲・前編(2008/5/20)−

かもめーず唯一の希望と化した若者(唐川侑己)に襲いかかる巨人ギガント。

若者を救おうと立ち上がる美浜区自衛団の面々。

船橋競馬場が似合う男(大塚明)とメキシコ帰りの男(オーティズ)が攻撃の口火を切り、パナマからやってきた船乗り(ズレータ)、バナナ好き(今江敏晃)、武蔵浦和から捕手の危機を救いにやってきた若者(金沢岳)、大物感漂う若者(西岡剛)、千葉に帰ってきたセクシー部長(早川大輔)、鬼軍曹(福浦和也)、ピンクパンツがトレードマークな男(大松尚逸)など、異能の人々が巨人ギガントに対して一点突破の大打撃を加え、確実に追い込んでいた。


しかし、巨人ギガントの逆襲はこれだけではなかった。

逆襲という名の燃えさかる紅蓮の炎は若者を確実に打ちのめしていた。


若者を救出に向かったのは、美浜区の生き字引の一角を占める勇者(高木晃次)。テレビの向こうで老獪で有りながら若者にも負けないその闘い振りに涙する一人の男(エカ)。この男は巨人ギガントにも関連があるはずなのだが、育てし者、呼び込みし者が闘っている姿に熱くならざるを得なかった。

勇者の奮闘があったのだが、後を継いだ出雲崎をさまよう男(ジェアブレイユ)が崩壊。心が折れかけたかに見えた美浜区自衛団。しかし、勇者の投球はメキシコ帰りの男の魔術と捕手の危機を聞きつけて武蔵浦和からはせ参じた若武者の攻撃を生み出し、巨人ギガントに二太刀を浴びせていた。


あと6つ。

あと6つ、巨人ギガントの攻撃を凌ぎきれば……!


美浜区自衛団にはその6つの時が永遠にも感じられる。そう思っていた矢先の出来事。

美浜区自衛団を追われ、巨人ギガントの元に走ったベテラン(藤田宗一)が付けていたナンバーを背負う男(川崎雄介)が金縛りに遭っているような状況。追い込まれて矢面に立たざるを得なかったルーキー(根本朋久)も止められず、飄々としていることがトレードマークなはずの町田の人(荻野忠寛)が巨人ギガントの必殺技、ラミちゃんペを浴びてしまい、再び巨人ギガントが息を吹き返す。


追い込んだと思ったら追い込まれていた美浜区自衛団。最後の力を振り絞り、一太刀を浴びせる事が出来たたものの、ギガントの逆襲に屈してしまう。

傷つき、倒れ行く美浜区自衛団。

ギガントの足下でその様子を寂しそうな目で見ている妖精(小坂誠)。

闘いの様子を伝えるために現地にいたカリスマ的存在の元自衛団(黒木知宏)は悔しさに唇を噛み、翌日、現地で様子を伝える予定の漢(初芝清)に思いを馳せていた。


傷ついた鴎に希望の光は見えるのか……。
このまま、巨人ギガントの逆襲に蹂躙されてしまうのか……!?


幕張の浜で繰り広げられる闘いの明日はどっちだ!


※黒鴎兄者のテキストにインスパイヤされましたw
※次々公開される作品も粒ぞろいですね( ´∀`)


・千葉マリンスタジアム
☆水道橋兎 12-11 ★千葉鴎


オリックス・バファローズが阪神タイガースに勝ったため、パシフィックリーグの最下位は千葉ロッテマリーンズとなりました。

逆にこの辺でがたがた言う様な輩やJ-SPORTSのマイクに思いっきり乗ってる(笑えもしない)ヤジ将軍は早々に宗旨替えしていただくとして、勝ち試合だけじゃなく負け試合もエンジョイ出来るような、火中の中でネタを捜せるような、そんなお楽しみタイムになってきたような、そんな気分で一杯です。

さー、お楽しみはこれからだっ!
posted by おさない at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | かもめーず 2008
この記事へのコメント
どうもどうも、いつもROMっております。
お世話様です。

町田の人に爆笑させていただいたので、
そのお礼でございます。なんて普通なんだ。

だんだんと楽しくなって参りましたね。
生きてる実感が湧いてきてますよ。
この風、この匂い! 
これが戦場なんですなあ。
Posted by KQ at 2008年05月21日 14:55
どうも乙です。
ESPNは同じ映画を取るなら今この瞬間を撮るべきですね。
あとは東宝特撮シリーズをハリウッドリメイク(ry。

・・・とここまで読んでいたらふと「戦場は地獄だぜ!」のくだりを思い出しました。
ちょっとそこら辺込みで某ガ板辺りに行ってそろそろネタを仕入れてこないとネタが尽きそうですなorz
Posted by ( ´黒`)<BlackMarines at 2008年05月22日 01:37
>>KQさん
もともとSSだとかネタを色々書いていた人なのですがw、球団自らネタを振ってきたので乗っからせて貰いましたよw

荻坊、「町田の人」って書いたあと、今更なら「桑田ジュニアの先輩」ってネタが出来たのになぁと悔しい状況だったり。

応援してるから何言ってもいいスタンスってよりも、全部ひっくるめてエンジョイするってのが私の心情。この荒野に広がる寂寥感の先に見える何かを探して楽しんでいきましょ!
Posted by おさない at 2008年05月23日 17:41

>>黒鴎兄者
兄者のエントリーに見事インスパイヤされてしまいましたよw

と言うか、次々と公開される続編達が見たくて仕方ありません。何というか、球団マスコット達が次々出てくるw配役の豪華さに涙ですよ。流星Xの横浜ロケでは我らのアイドルw、レックさんも来るとか来ないとか言う噂ですし、このシリーズなら間違いなく邦画復興の礎に(ry

とりあえず、栄光から挫折、次々と襲ってくる苦難を乗り越えてリベンジを果たす(予定)……。ホント、ネタにするにはもってこいの題材ですもんね。秋の大帳尻祭りが今から本当に楽しみですよ。頭の中ではロッキー的な何かが作られているんですが、そう易々と行かないのがかもめーずってな塩梅でw

今日からの燕戦は果たしてどんなネタが溢れてくるのか今からホントに楽しみですw
Posted by おさない at 2008年05月23日 17:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15118136
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック