2006年10月19日

ゲームのお話(2)

昨日は昭和レトロなゲームの話をしましたが、同世代な人は懐かしいねぇ、なんて雰囲気を。下の人はファミコンってのは神だったのですよってのを感じて頂ければ幸いであります。

そういえば、昔はソフトの貸し借りなんてのもいっぱいあったやねぇ。ソフトの後ろにでかでかと名前を書いたりしてね。油性マジックで書いて、擦れたりなんだりで段々かすれてきてたり……。その辺は今でも中古ゲーム屋さんに行けば名残が見られるかもしれないですね。

さて、昨日の締めに私を変えたゲーム機が1994年12月3日に発売と書きました。

1994年12月3日、プレイステーション発売。

翌年1995年に某鉄塔屋さんに就職。いわゆる一つの初任給で清水の舞台から飛び降りる様な気持ちで、ゲーム屋に向かったのも良い思い出です。

車や原チャリが好きだった男が、ゲームに浸かりはじめていく……。そして今の私を作る重要なファクターであるラジオに足を突っ込んでいくようになる……。
その原因となったプレイステーションなお話でもしていきましょうか。

初任給でプレイステーションを買った私。本体にソフト2本、メモリーカードも一緒に買ったら偉い金額が飛んでいって、翌月は生活がハンパなく苦しかった覚えがありおりはべり。最初に私が買ったのは「リッジレーサー」と「A列車で行こう4」。リッジは色々とやったですけど、グランツーリスモが出てからはリッジ熱が冷めてしまいました。とりあえず、本体購入と共にメモリーカードを1枚だけしか買っていなかったのでA4はしばらく触りませんでしたけどね(苦笑)。

本体購入と共にソフトのカタログを貰ってきた私。即座に惹かれたのは、私のDNAに刻み込まれていたとしか言いようがない「機動戦士ガンダム」。ガンダムを動かせるってだけでそりゃもうドキワクしたモノですよ。実際、宇宙3D酔いする時もりましたがw、なんだかんだで購入後は楽しんでいたような気がします。PS2のモビルスーツ操作系ゲームに慣れてしまうとプレステ初代のガンダムはポリゴンも荒いし、全体的にカクカクしています。それでも実際に動いたときは嬉しかったなぁ。その後しばらくは少ないお給料で気になったゲームを買ったり、中古のソフトを買ってまったり遊んでたりしますた。

そして、カタログを見ていく中で気になるソフトがありました。このソフトに出会わなければ、私がこうスチャラカなお兄ちゃんになることもなかったでしょうし、毎週毎週ラジオの中の人になることもなかったでしょうし、Pod Castingをしこしこと作ることもなかったでしょうし…。とにかくまぁ、日テレプロ野球中継2006的な画面で言わせて貰えれば画面右上に「Turning Point」って表示が出てしまうようなゲームであります。

正直、最初はなんのこっちゃ判りませんでした。PCエンジンとか持ってなかったし、そこまでとっぷりゲームに浸かっていた訳じゃないし。ただ、プレステを買ったことでいわゆるゲーム誌を買うようになり、その「Turning Point」なゲームの特集記事が出始めます。なんか面白そうだなと思っていたところに限定版発売との情報が。…限定版には今も昔も弱いモノでして。数量はある程度決まっていましたが、たまたま量販店に勤めてる中学時代の知り合いに話したら予約OK。

1995年10月13日
プレイステーション用ソフト「ときめきメモリアル〜forever with you」発売

私が今までふれたことのないジャンルであり、ふれたことのないゲームでありました。その発売から11年と6日……。ゲームは色々とやってきましたが、あそこまでとっぷりとゲーム漬けになったモノは無いです。色々な意味でビックバンでしたw 

ものすっごくあっさり書くと「高校3年間で自分を磨いて同級生や下級生から告白を受けるゲーム(主人公以外はフルボイス)」ゲームをプレイして普通に喋っている、そこのこと自体に強い衝撃。ホント、寝食を忘れてプレーをするって、そんな感じでした。その後、告白を受ける対象の女の子全員を倒したから告白を受けた後、鉄塔屋さんでお世話になっていたセンパイ(既婚)に進めて仲間派生。さらにサターン版が出た辺りでは他のセンパイにも飛び火したり。今ほどネットからの情報が少なかった頃の口コミな話であります。

鉄塔屋さん当時は何人かで集まって、徹夜でゲームをしたのですよ。深夜2時台、ナムコの対戦格闘ゲーム「ソウルエッジ」をやりながら、怪しい台詞を付けて遊んでいたことを私は一生忘れませんw 海賊船の船長キャラ、セルバンテスのモーションを見ながら「船が出るぞぉぉぉぉ」って言うんだもん、疲労なんかもあるでしょうけど、そりゃ笑いますがなw

ちょっと話は逸れましたが、これだけだと「ときめきメモリアル〜forever with you」との出会いからラジオには繋がらないと思うでしょうけど、実は密接に関係があるのです。

ゲームの情報を仕入れる為に攻略本を買い、音が気に入ったからとサントラを買い…。いわゆる崩壊時期ですね(笑)。そして、そのサントラのBGMが突然ラジオから流れてきてビックリ。大手局ではないいわゆるコミュニティFMの番組から流れていました。さらにはそのコミュニティFMの番組は実は中の人がやってる番組だと言うのに驚愕。番組自体は今は無きNIFTYのキャラクター会議室で盛り上がってたり、黎明期のインターネッツで盛り上がっていたり…。そのラジオ番組が予想以上に面白かったので、初めてのハガキ投稿をしてみたら、いきなりその週に名前が呼ばれてウハウハ。調子にのって投稿し続けてたら、いわゆる常連投稿者になってしまったり。後にその番組のメッセージが週100通越えしてたとか聞いて何とも言えないドキドキに見舞われたりしていました。

その辺りからラジオを作っている中の人と知り合いになり、気が付いたら私自らが中の人になっていたと……。ホント、人との出会い、繋がりの最初ってのはよく判らないモノだし、不思議な縁なんだなぁと10年経って思いますよ。

人の繋がりと言えば、そのコミュニティFMの番組は家でも聞けるけど、何となくで局近くの海浜公園で聞いていたんですよ。そしたらNIFTYな人に声をかけられ、サターンからパソコン通信の仲間入り(後にPC購入(PC9821-V13w)しました)。

そこで繋がりが出来たメンツは今でも繋がりがある人がいれば今は一体何をやってらっしゃるのか判らないメンツもちらほら。懇意にして頂いたメンツには、今でも本当に色々とお世話になっております。お客さんとして深夜のラジオに相変わらずの下ネタを送ってくれる面々、表だってはなんだって書けませんが、オサナイをナガウチにしてくれたり、中継ドライバー早乙女時代の私や私の回りを何かのモデルに使って頂いたココロの師匠wとか、本当にお世話になっています。まぁ、何かのモデルになったときはまさかパーソナリティーだレポーターだディレクターだと役割が増えるとは思ってませんでしたけどねw

しかし、「ときめきメモリアル〜forever with you」発売から10年を超しましたか…。そりゃあアタシも三十路ーずから声がかかるわ(苦笑)。当時はハタチにもなっていないナウでぴちぴちのヤングだったわけだし。特に10年後の今もラジオに片足突っ込んでるとは…予想していなかったなぁw


さて、いわゆるディープな世界に踏み込んでしまった訳ですがw、思えば様々なジャンルのゲームをやりました。プレステからプレステ2、安かったのとどうしてもやらねばならないゲームがあったのでドリームキャストなどなどw

その中で私のキオクにのこるソフトをつらつらっと順不同で羅列していきましょうか。コレを見ると私の嗜好の傾向がみえるかもしれないw


・スナッチャー、ポリスノーツ、メタルギアソリッドシリーズ(PS他)
  小島組の作品はアメリカン映画な空気が結構好きでありました。でも未だにスナッチャーのどんでんがえしをこえ(ry 塩沢さんのランダム・ハジルが格好良かったんだよねぇ。

・エースコンバットシリーズ(PS他)
  飛べない豚はただの豚さ♪ 個人的には2かなぁ。3は明後日の方向に進んでいってしまいましたけど、4で戻ってきたようでなにより。

・グランツーリスモシリーズ(PS他)
  これも2が愁眉。何でまたこんな車種が的なラインナップが嬉しかったのですよ。唯一私の車歴を再現できるゲームであります。

・各種ガンダム系ゲーム(PS他)
  ガンダムゲームはえいえんにふめつです。でも私の中では逆シャア・F91ぐらいで終わっています。ガトー少佐の武人さにメロメロであります。

・電車でGo!シリーズ(PS他)
  アタシは鉄だからこういうのは基本ですよw 実際に乗ってる路線とは違うけど大分似せているのは正直すげぇなぁと思いますよ。

・俺の屍を越えてゆけ(PS)
  人間x神のダービースタリオンw 好きなんだけど、結局クリアしてないんだよねぇ(苦笑)。

・高機動幻想ガンパレード・マーチ(PS)
  本当に自由なゲームでありました。文字と妄想でエロは成立するんだなぁと(ry 初期の複座型士魂号に乗って、敵深くに突っ込み、狙いを付けてミサイル発射する快感w 

・ヒロインドリームシリーズ(PS)
  師匠筋のススメで魂のゲーム棚。ダイクマ・ワゴンゲームでも熱いシナリオの作品はあるんだなぁと。元見演心先生は未だに私の師匠ですw

・キャプテン・ラヴ(PS)
  エンクミ・ショックの衝撃は凄まじかったですけど、慣れたもの勝ちだったかなw ギャグの中に本気を見いだして楽しめた私でした。

・セガガガ(DC)
  究極の自虐ゲームw なんつーか、明後日の方向まで突き抜けている感じがとても好きでした。

・夢のつばさ Fate of Heart (PS・DC)
・Memorys Off 2nd(PS・DC)
  この2本は理屈じゃないんです。理屈を抜きにしてこの二本には思い入れがあるんです。なんて事を言ってたらネタを再確認したくなって久々にプレーしたくなりました。だからこそ旧宅からDCを引き上げてこないと|||orz

・久遠の絆(PS他)(2006/10/21追記)
  すっかり万葉さんとか栞さんとか先生とか天野聡子部長のことを忘れてました。車に乗りながらボーッとしてて、再臨詔が未プレイだったのを思い出しますた。ちょっと探すかw 

・雫、痕(PC)
  いわゆるエロゲですが、この辺りからエロなんだけどエロ主体でないソフトが出てきたなぁってキオク。その昔、DNMLで二次創作ネタを書いていたのも懐かしいキオクでありおりはべりw


しかしまぁ、本人の性格を反映してかネタ要素があるのとショートカットで二面性のあるw女の子が出てくるのばっかりだわヽ(´ー`)ノ
でも、最近は純粋にゲームをやる時間が無いってのが正直なところでして。こうしてオトナになっていくんだなぁとようやっと感じていますw 野球ネタのオフシーズンは多少時間が取れると思うんですけどね。ただ、今までのゲームとはちょっと毛色の違うオンラインゲームも気になるところではありまして。とりあえず、無料で出来るMMORPGでもちょろっと始めてみようかな、なんていう風にも思っております。

とりあえず、ここをご覧になっているゲーム好きのみなさん。MMORPGでなくても最近のオススメゲームってなんかありますかね?












ファミコン神拳110番のゆう帝が堀井雄二だと初めて知った29歳最後の一ヶ月、最初の日の夜|||orz
posted by おさない at 20:45| Comment(3) | TrackBack(0) | Game
この記事へのコメント
中山美穂のときめきハイスクール
Posted by 5150 at 2006年10月20日 01:57
やればやるほど〜ディスクシステム♪

電話したんすか?w
Posted by おさない at 2006年10月20日 08:57
したことあるw

「中山美穂です。お電話ありがとう」
Posted by 5150 at 2006年10月21日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1488231
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック