2006年09月27日

高校生ドラフト、その後(1)

たぶん色々が固まるときに(2)以降を書くとは思うんですが、案の定というか予想通りアレげな状態になってきたみたいですよ、奥さん。

八重山商工・伊志嶺監督がロッテを門前払い宣言
25日の高校生ドラフトで強行指名の末、ロッテが交渉権を獲得した八重山商工・大嶺祐太投手(18)について、伊志嶺吉盛監督(52)が26日、国体終了後に同校で行われる予定の初交渉に、出席しない方針を示した。

 まさかの強奪劇から一夜明けても、怒りは収まらなかった。昨夜は深夜2時近くまで寝付けなかったという指揮官は「どうも、やりきれないんだよね」と首をかしげ、ソフトバンク入団の夢が消えた大嶺は、精神的なショックから、早朝練習に姿を見せなかった。

 ロッテからはバレンタイン監督、瀬戸山球団代表が初交渉の席に着く予定だが、伊志嶺監督は「監督と球団代表には会いたくない」と語気を強めた。欠席の意思は、永野スカウトが“指名予告”をした25日の電話の中でも伝えており「もういいでしょう。アメリカ人とは、言葉も気持ちも通じないよ」と堂々の“門前払い”を宣言した。

 大嶺のみの出席の可能性についても「あり得ないでしょう」と伊志嶺監督。また、この日は同監督の次男・孝寛さん(22)が所属する社会人チーム「一光」からも入団への誘いの電話も受けた。浪人生活を含め、選択肢が増えたことで、交渉はますます難航を極めそうだ。
なんつーか、本中華…(苦笑)。監督としては有能かもしれないし選手にとってはいい監督なのかもしれないけど、私はこの手のタイプのオトナが苦手だなぁと。甲子園で注目されて、本人以上に監督がマスコミに対して喋ること、取り上げられることに快感を得てないかしら、そんな風に見えちゃうんですよ。とにもかくにも親代わりだろうがなんだろうが、監督の言葉じゃなくて本人の言葉が聞きたい、そんな塩梅ですよ。ネットでの伝聞でしかないけど、色々ときな臭い話も一杯みたいだし。まぁ、その辺は正直どうでも良いんですけど。

ただね。18ならもう立派なオトナです。じっちゃんばっちゃんが「本人の意志に任せる」なんて言ってるんだから親代わりの人も本人に任せてみる時なんじゃねーかな、なんていう風には思ったりします。周囲のしがらみ関係なく、自分が一日でも早くプロでやりたいって思えばロッテに入った方が良いだろうし、どうしても中学時代から公私ともにお世話になった(ここの辺り、ボビ夫さんが楔を打ちたかったんじゃないかなと邪推)ソフトバンクに入りたいんだったら、浪人でも社会人でもなんもやってソフトバンクに行けばいいだろうし。でも、浪人したら大社ドラフトにはなるんだけど、希望枠選手にはならないので、ロッテを蹴ったとしてもバンクに入れる保証はないみたいなんですけどね。

※社会人入りして3年後に希望枠選手入り出来る…らしい。なので、社会人後にてパターンならOKらしい。違ったらゴメン。

なんつーかもう「コドモを信用しないオトナ、オトナに縛られるコドモ」って姿がどうにもねぇ……。
土日の仕事上、現役の高校生3年生。それこそ今回のドラフト組と同い年の子と「仕事」の話をする機会があるんですけど、自分の足でしっかり立って目標に向けて突っ走ってる子もいれば、なんとなーく過ごしてる子もいます。あとはDQNな先生に振り回されて、こちらが呆れて物も言えない状況になってる子もいます。


大切なのは他人じゃない。自分がどうしたいか、自分がどうなりたいかじゃないかしら。


本人じゃなく、周りのオトナがというかオトナだけがやいのやいの言うのがなんともはやアレですなぁ。

そう言った意味じゃ駒苫の田中くんは本当に男を上げたなぁと思いますよ。一瞬、えぇーって顔してましたが、アレはどうにも地顔らしくw。でも競合した4球団で地元の熊を除いたら、鷲で良かったんじゃないかな。自分で歴史を作る的な発言は聞いていて惚れ惚れしますね。

あ、そうそう。なんか面白そうな記事を見つけたのでリンク貼っておきますね。

All About 野球
「寺原投手の入団は正解!? 1位指名を拒否した選手達」


でも、ここまで来ちゃうと鴎に入団すればもの凄い量の声援が、鴎以外に入団すればもの凄い量のヤジが予想されてしまうんですけど、どうしましょう。


さて、第一回選択希望選手の人は入るかは入らないか周りのオトナに振り回されてしまっているようですけど、二位三位の子達は笑顔で入団しきそうな塩梅。なんかもう本当の一位はサトケンさん(何故かさん付けw)で二位が黒滝くんなんじゃないかって錯覚さえ覚えてしまう昨今。佐藤くんの所には指名直後に成瀬くんがフォローの電話を入れて和やかに。黒滝くんは会見で満面の笑み、支えてくれた両親を今度は自分が支えたいと私の大好きな浪花節全開。サトケンさんには高齢化進む外野に新風をビュービュー入れて欲しいですし、黒滝くんはお父さんお母さんを楽させる為にって訳じゃないけど、その右腕でガッツリ稼いで欲しいですな。





結局の所、この大嶺問題のオチってどうなるのかねぇ( ´∀`)
posted by おさない at 23:34| Comment(0) | TrackBack(3) | かもめーず 2006
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1336974
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ガラスの十代・・・・
Excerpt: 大嶺投手練習を無断欠席  18歳の心は閉ざされたままだった。  ロッテからまさかの1巡目指名。 ドラフト直後の会見でも大嶺は終始うつむき、目には涙を浮かべていた。 前..
Weblog: HAPPY GO LUCKY!
Tracked: 2006-09-28 01:27

遅ればせながら??高校生ドラフトの話題!!
Excerpt:    ロッテ1巡目 伊志嶺監督「会いたくない」 大嶺(八重山商工)強行指名で 社会人1社から打診  高校生ドラフトでロッテが1巡目指名した八重山商工・大嶺祐太投手(18)との直接交渉を希望してい..
Weblog: 貼貼のつぶやき??マリーンズ日記!!
Tracked: 2006-09-29 00:59

ドラフト。
Excerpt: マリーンズの今年の1位指名は、大方の予想を裏切り八重山商工の大嶺投手でした。 しかし、一連の報道見てると、何だか腹も立って来ます。そんなに千葉がお嫌いですか? プロ志望届けをしたということは、その時点..
Weblog: From Makuhari??幕張の風
Tracked: 2006-09-29 09:17