2008年03月23日

千葉鴎vs北海道熊(第3回戦)

今日はシュンスケとグリンの投げ合い。熊さんずvsかもめーずの場合、どうしてもギリギリの投手戦……という名の貧打戦になりがちなので、昨期の両投手の活躍を思い浮かべると、ロースコアのゲームになるんじゃないかという雰囲気で一杯でありました。

この日のアタシはレポーターの中の人。中継先にはかもめーずファンや熊さんずファンが遊びに来てくださるので、中継の合間合間に野球談義に花が咲くわけで。こっちも試合展開が気になると言うこともあり、TBSラジオのエキサイトベースボールのテキスト実況にアクセス。状況を見守ります。

かもめーずはこの日も打線を組み替え、サブローがスタメン落ち。4番にはオーティズが収まり、初戦で多少ケガをしてしまったフクーラさんがスタメン復帰。大竹そろい踏みで前日途中出場だった早川部長がセンターに入ります。

レフト、竹原
センター、早川
ライト、大松

2006年、マティ兄貴・P様が両翼を守るというファイナルフォーメーションを体感してニヤニヤした人としては、本当に少しだけ、あの頃のときめきを感じてしまいました( ´∀`)


スタメンデータベースで調べたら、レフト・マティ、センター・いのじゅん、ライト・P様という萌える布陣が何回かあった模様w


さて、試合ですが、グリンの立ち上がりがあまりうまくないようで、2アウトを取ったところでサト、オーティズ、大松くんと3連打を浴びて1失点。さらにズレータをフォアボールで歩かして、満塁。満塁はかもめーずにとっての鬼門だというのが今年もありありとあったはずなのですが、フクーラさんが押し出しのフォアボールを選んで2点目であります。棚ぼた大好きなかもめーずの面目躍如ですねw

続いての得点は4回。竹原くんがお笑いで出塁した後、今江くんがしっかり送ってチャンスメイク。西岡フォアボール、ブチョサン内野安打で3点目。サトが三振した後、オー様がレフト前に運んで4点目であります。

投げてはシュンスケが対鴎は怖さが三割増の高橋選手にホームランを打たれた程度で、すいすいと八回を投げきって言います。札幌ドームや各地のドーム球場との相性があまり良くないシュンスケですが、今年はいい塩梅のようですね。


そしてかもめーずの劇場はやはり9回裏でした。海の向こうから偉大なる劇場王が見守っているとしか思えませんw

シュンスケからバトンを継いだのはかもめーずに帰ってきたブライアン・シコースキー! 久々にかもめーずユニで見る右腕ぶるんぶるんに何とも言えないドキドキとエカエカを感じてしまう私。復帰初戦のシコたんはどんな塩梅かなぁと、録画したVを見守る私。

5 高橋 四球
6 工藤 三振
7 高口 左安

ワンアウトながらランナー二人。やっぱり、かもめーずなチームはさっくりと九回を終わらせてくれないんでしょうね。ここでボビ夫さんはシコたんを諦め、ピッチャーを交代します。



ブライアン・シコースキーに変わりまして、ピッチャー、高木!



シコたん49からTKG48の華麗なるスイッチ。次に控えていたバッターが左の稲田選手だったため、なのかもしれませんが高木さんの登板ですよ。梨田さんはすかさず代打に右の鶴岡選手を送ってきます。ドキがムネムネしますが、これもやはりあの男の深慮遠謀だったのかもしれません。


8 鶴岡 遊併


ゲッツーで試合終了ですよ、奥さん! 今年のかもめーずは日替わりクローザーなんて話を聞いていましたが、どうやら新しい劇場の形を模索していたみたいですね( ´∀`)


これで2001年以来の開幕カード勝ち越し、シュンスケは2004年6月30日以来の札幌ドーム勝利、高木さんはあっとびっくり、90年7月11日以来、18年ぶりのセーブでありました。


2004年は合併騒動で揺れた年。
2001年はジョニーが戦線を離脱し、劇場王が劇場王として君臨し始めた年。
1990年はルーキーwのコミさんが活躍したり、金やんが君臨してた年。
たぶん、私が平塚球場で横浜大洋ホエールズ対ロッテオリオンズのオープン戦を見たのはこの90年……。


日本プロ野球というのは、競馬とかと同じく連続性の物語なんだなぁとしみじみした今日この頃です。しかしまぁ、熊さんずの糸井選手は本当にいい守備魅せてくれますね。レフトライナーゲッツーはドキドキしてしまいましたよ。


・札幌ドーム
☆千葉鴎 4-1 ★北海道熊


っと、今日はマンデーパリーグかもめーずなんですね。さー、マンデーも年度末進行がんがって行きましょうか|||orz
posted by おさない at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かもめーず 2008
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13073966
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック